2012年01月20日

Beirut live in Tokyo

DSC02771.JPG

何故あんなに人気があるのかわからない。

いや、自分が好きで行ったコンサートの感想がいきなりそれじゃ身も蓋もないけど、この「何故」はもちろん「人気がある」ではなく「あんなに」にかけたつもりだ。

最初のCD『Gulag Orkestar』が確か06年発売だから、もうキャリアは足かけ6年にもなるし、オリジナル・アルバム3枚以外にも結構内容の濃そうな(僕は持ってないので)EPも何枚か出ているようだから、今回の初来日は昔からのファンにとってはそりゃ“待望の”という感じなのかもしれない。

でも、07年の『The Flying Club Cup』を、NZから日本に引っ越してくる前日に買って、そのいにしえの東欧風味みたいなエキゾチックな音を気に入って以来、さかのぼってファースト、去年のサードと、アルバムはきちんと買ってはいるものの、どうも一曲一曲をよく覚えられないという程度のにわかファンである僕にとっては、今回のこの来日フィーバー(死語)には違和感を覚えてならなかった。

Gulag Orkestar.jpg Beirut 『Gulag Orkestar』
The Flying Club Cup.jpg Beirut 『The Flying Club Cup』
The Rip Tide.jpg Beirut 『The Rip Tide』


あの音のどこにそれだけのファンを惹きつけるだけの要素があるんだろう。アルバムごとに少しずつ違う、どこか訪れたこともない異国の楽団が奏でているような不思議な音楽はすごく魅力的ではあるし、フロントマンのザック・コンドン(Zach Condon)の粋なクルーナー・ヴォイスとちょっとぽっちゃり可愛いその見かけは女性ファンが多いのもうなずけはする。

だけど、一般的な意味では全然ポップではないよね、あの音は。あれなら、同傾向(だと僕は思う)ファンファーロとかレジャー・ソサエティとかの方がよほど一般受けするような気がするんだけど。僕の耳がもう「一般的」というようなところから遠く離れてしまっているんだろうか。

東京公演のチケットは発売後すぐに完売。確か追加公演もとっくに売り切れてたはず。最初はオープニング・アクトのトクマルシューゴ人気なのかと思ったけど、トクマルが出番を終えたときにどっと前に押し掛けたファンの数をみるとどうやらそれだけでもなさそうだ。

チケットに載っていた番号自体は若かったんだけど、招聘元から直接チケットを買ったファンが数百人いたおかげで、手を抜いてイープラスで入手した僕が場内に入れたときにはもうろくなスペースは残っていなかった。しかたがないので一段高くなった壁際に友達と一緒に陣取る。テーブルがあるからカバンや飲み物も置けるので便利。ステージの半分は死角になって見えないけど。


開演時間を少し回ったところでトクマルシューゴがバンドと共に登場。僕は今のところの最新アルバム『Port Entropy』しか持ってないけど、半分ジャケにつられて買ったそのアルバムは結構気に入ってたから、実は今回かなり楽しみにしていた。いったいどんなライヴになるんだろう。

もっと箱庭ポップみたいな感じの音かと思っていたら、予想以上にしっかりしたバンドの音。曲によってはなんだか“ロック”って感じ。なんだかよくわからない例えかもしれないけど。たくさんいたバンドメンバーのうち、僕の位置からは半数ぐらいしか見えなかったけど、女性メンバーがおもちゃの笛みたいなのやらグルグル回して音を鳴らす楽器やらをとっかえひっかえしながら演奏していたのが観てて微笑ましかった。最後のメンバー紹介のときも、ドラマー以外全員を「いろんな楽器、誰々(メンバー名)」って紹介してたね。

知らない曲が多かったのでセットリストは書けないけど、途中で一曲ベイルートのアコーディオン奏者を呼び出して共演したり(トクマルのアメリカツアーのときに一緒に回ってたらしい)、バグルスの「Video Killed The Radio Star」のカバーをウクレレで演ったり、今制作中だというニューアルバムからの曲を披露したりと、全10曲40分程度の充実した内容だった。一番最後に僕の好きな「Rum Hee」を演ったのが嬉しかったな。

Port Entropy.jpg Shugo Tokumaru 『Port Entropy』


大所帯のトクマルシューゴバンドの機材を全部入れ替え(僕から見えなかったドラムキットだけはそのままだったのかな)、マイクやら楽器やらを並べるのに相当な時間をかけて、ベイルートがステージに登場したのはそれから40分後ぐらいだったろうか。大歓声。すごいや。

さっき書いたとおり、トクマルシューゴが終わった時点で後ろの方から客がどんどん前に押し寄せ、一段高い壁際にいた僕の前方にも次々に人が入ってくる。そんなに背の高い人はいなかったけど、もうすでに僕の位置からはステージなどほとんど見えない。しょうがないので観るのは半分諦め、音を聴くことに集中しよう。

最初の一音が鳴った瞬間にまたウォーッと大歓声(女性ファンが多かったはずなのに、何故か野太い声がよく響いた)。ザックが歌い始めてまたウォーッ。すごいねえ。ステージが見えなくてふてくされ気味の僕は逆にちょっと醒めてしまう。アイドルかよ。

でも、そんな状態の僕でも、あっという間に引き込まれてしまう。音すごいよ、これ。ザックと隣の背の低いメンバー(さっきからメンバー名調べるのが面倒で横着してます)のトランペットのアンサンブルがど迫力。反対側(僕からよく見えるステージ左側)のアコーディオン、さらにオルガンがかぶさり、そこにザックのゴージャスなクルーナー・ヴォイスが入ると、化学反応を起こしたようにオーガニックな音になる。

ベースはアップライト(曲によってはエレキベースのときも)。僕の位置からは見えないドラムと一緒に、ずいぶんしっかりした、ときにはかなり複雑なリズムを刻む。このリズム隊のおかげで、ファーストやセカンドのエキゾチックな曲の数々が、それらのイメージはそのままに、洗練された最新アルバムをさらに力強くしたようなアレンジで演奏されていたのがずいぶんと印象的だった。

それにしても演奏うまかったよなあ。特に凄技を見せるわけじゃないけど、安心して聴いていられる手慣れた音。まるで、ほんとうにジプシーの楽団が演奏するのを聴いているみたいな錯覚に陥ることも数度。ステージがよく見えないことが逆に音を聴いていろんなイメージを膨らませるのに一役買ったのかも。

ときどき人の頭と頭の間から見えたザックは、くしゃくしゃの髪の毛にぽっちゃり色白の愛嬌のある感じのお兄ちゃん。ちょっと雰囲気グレン・ティルブルックに似てる? 高揚して鼻の頭あたりが赤くなってるのがかわいいね。腕まくりしたシャツがずり落ちてくるのか、しきりに右手を高くあげて、まるでニール・ダイアモンドのジャズ・シンガーみたいなポーズを何度も取る(そんなこと言っても今の人はわからないか)。

途中でトランペットの兄ちゃんに「ザックは日本語でジョークが言えるんだよ」とか無茶振りされて、カンペを取り出して「日本に来て、みなさんの前で演奏できて、夢のようです」と普通に挨拶するザック。そういえばトクマルパートに出てきたアコーディオンの兄ちゃんもカンペ出して「シューゴのバンドと一緒に演奏できてうれしいです」って言ってたね。ほほえましいぞ。

聴いたことはあるけれど曲名がわからないのが次から次へと。ときどき知らない曲が出てきたから、きっと僕の持ってないEPからの曲かなと思ってたら、ネットで見つけたセットリストによると確かにそうだった。3枚のアルバムからも、オープニングとか印象的な曲ばかりでなく、アルバム中盤とか後ろの方の地味な曲ばかり演るから、余計にわからない。まあ、曲順覚えるのなんてはなから諦めてるから別にいいんだけどね。どの曲も聴いててすごく気持ちいいし。

最新アルバムから、これだけはリアルタイムで曲名がわかった「Santa Fe」で幕。早っ。まだ1時間も経ってないよ。さっきのトクマルシューゴと同じぐらいの尺かも。

壮絶な勢いのアンコールの拍手に迎えられてまずザックが一人で出てきて、ウクレレで一曲弾き語り。続いてバンドメンバーが登場し、アンコールを続ける。「もう一曲?」とザックが言って最後のインスト曲で終了。そこまで入れても1時間ちょっとだったかな。まあ確かに、あれだけの勢いでトランペット吹きまくって、ウクレレも弾いて歌ってたら、これ以上続けたらぶっ倒れてたかも。というぐらい全力投球のステージだった。うん、満足。

これだけべた褒めした後でも、やっぱりどうしてあの音があれだけのポピュラリティを得られるのかはちょっと不思議。僕の聴き込みが足りないのかな。よし、ちゃんと曲名と歌詞覚えるまで何度も聴き込もう。それからEPも入手して、何年後かにもう少し人気が衰えた頃にまた来日してもらって、もっと小さいハコで少ない人数で、かぶりつきで観たいものだ。


Setlist 18 January 2012 @ Shibuya Quattro

1. Scenic World
2. The Shrew
3. Elephant Gun
4. Vagabond
5. Postcards From Italy
6. East Harlem
7. A Sunday Smile
8. Mount Wroclai (Idle Days)
9. Nantes
10. The Akara
11. Cherbourg
12. After The Curtain
13. Santa Fe

[Encore]
1. The Penalty
2. My Night With The Prostitute From Marseille
3. The Gulag Orkestar
4. Cozak


posted by . at 01:09| Comment(5) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。