2011年08月13日

Nick Lowe live in Tokyo Pt. 2

IMG_0001.jpg

東京公演最終日。セカンドセット。ちょうど僕が会場に着いたのは、ファーストセットを終えて満足顔のお客さんがぞろぞろと出てくるところだった。みんな本当にニコニコしてるね。テレビ中継は無事行われたようで、友達に頼んである録画ビデオを観るのが楽しみだ。

前日より一つ大きな数字の整理番号で入場したのに、前日より一つ内側に寄ったテーブルに陣取る。僕とステージとの間には何人か座っているから、その人たちに遮られてステージ全体を見渡すという感じではないけれど、ポジション的にはニックの真正面。首を思いっきりひねらないとゲライントのことを観られなかった前日とは逆に、ステージ左側を向いた席。ビルボードにはもう何回も来ているから、下手に最前列まで行くよりもこのあたりの方が音のバランスがいいというのは承知済み。負け惜しみでなく。

前日同様、定時を少し過ぎたあたりでニックが登場。前日はこざっぱりしたモスグリーンの半袖シャツだったのが、この日は一面に薔薇の模様の入った濃紺の長袖シャツ。足元は前日の革靴でなく、スニーカーだった。いくつになってもスタイルいいから、何着ても似合うね、この人は。

どうせ前日と同じセットリストだろうな、最終日だから余裕持ってゆったり観よう、もうしばらく観られないかも知れないからしっかり目に焼き付けておこう、なんて思っていたら、前日と同じようにギターを抱えて弾き始めたイントロがどうも昨日の「Stoplight Roses」とは違う。なんか聴き覚えあるぞ。あ、これ!「People Change」だ。ライヴDVDでもオープニングだった、アルバム『At My Age』中、僕が一番好きな曲。そっか、セットリスト変えてくるんだ、これは楽しみだぞ。

と思っていたら、2曲目は「Heart」。メンバーがまだ楽屋からステージに向かって歩いてきている時に勝手に弾き始めて歌い始めた3曲目の「What Lack Of Love Has Done」も前日と同じ(前日はせめてメンバーがステージに上ってから弾き始めていたけどね)。その後しばらくは同じセットが続いた。

「I Live On A Battlefield」に入る前、「この曲は、ダイアナ・ロスにカバーされたんだ」と紹介。へえ、そうなんだ。まあ、あえて買ってまで聴いてみたいとは思わないけど。そして、その曲が終わったときに、前日同様にメンバー紹介。「みんな、“コンニチハ”を彼に言って」と、右端のマシューから順に。ロバートのときは、「ロバート・トレハーン。グレート・ボビー・アーウィン!」って言ってたね。

「Indian Queens」の間奏で、ドラムがコツ、コツ、と静かにリズムを刻むところでニックが「う〜ん」とか言いながら気持ちよさそうな顔してた。前日は確か「この部分が好きなんだ」とかつぶやいてたな。

曲順もわかってるから前日より冷静に聴けたとはいえ、やっぱりこの「Cruel To Be Kind」のイントロは超かっこいいよ。感動的ですらあるな。そして、この日一番の驚きは、ジョニーのギターがやたら上手かったこと。この曲に限らないけど、前日はヒヤヒヤしながら観ていたプレイの、この日はなんと安定していたことか。この曲のソロは比較的レコードに忠実なラインだったけど、それだけでなく、各曲での的確なピッキング、効果的なトレモロ使い、(もたついてるんじゃなく)タメを持ったカッティング、どれもこれも前日とはまるで別人。そう思いながら観ると、前日はちょっともっさりして見えたグレッチの黄色い大柄なギターもやけに格好よく見えるよ。いやー、さすがテレビ中継が一度入ると違うね(笑)

そんな風にジョニーもよかったけど、ステージ左側を向いて座った僕のこの日のお目当てはやっぱりゲライント。ステージ中央に向けて置かれた黒いローランドと、客席に向けて置かれた真っ赤なノード。曲によって使い分けたり、同じ曲の中で両方を弾き分けたり。この人が演奏するのを、ビデオも含めて何度か観ているけど、どうも猫背で小さくなって弾いているっていう印象があったんだよね。ところが実際にこうして見てみると、背筋はしゃきっと伸びている。大柄な体を小さくして弾いているのかと思うと、背も決して高いわけじゃない。どうしてあんな風に見えるんだろうとずっと観察していてわかったのは、あれ椅子がかなり高いんだね、きっと。それで、自然と下の方にある鍵板を手のひらでふわっふわっという感じで弾くもんだから、なんとなく大きな大人がオモチャのピアノを弾いているように見えるんだな。そしてこの人、本当にいつも目を細めてニコニコしながらキーボードを弾くんだよね。観ているこっちまでつられてニコニコしてしまうよ。

「Cruel To Be Kind」の次はスローな曲、というお決まりどおり、次はライヴDVDと同じ「You Inspire Me」。次はまた「Long Limbed Girl」かなと思っていたら、新曲だ。サビの歌詞とニューアルバムの曲目表を見比べてみると、「Sensitive Man」というやつだね。

「今のはニューアルバムからの新曲。もう一曲新曲を演るよ、“House For Sale”」と紹介して演奏しようとするニック。他のメンバーから一斉に「違うよ」とツッコミ。「ああ、そうか、“Somebody Cares For Me”だ、そっちの方がいいね」と苦笑いのニック。「なんだ、昨日演奏していない“House For Sale”を演ってくれればいいのにな」と思っていたら、「Somebody Cares For Me」のあと、「次が“House For Sale”だったよ」とニック。やった、この中盤に来て前日とかなりセット変えてきたよ。嬉しいな。これもいい曲だね。歌詞の後半に“Peace, Love and Understanding”なんて入ってたのはアドリブなのかな。

曲によって、ベースのマシュー以外の3人が頻繁にコーラスを入れる。みんなさすがに付き合い長いだけあって手慣れたものだね。あと、前日も気づいていたけど書くのを忘れていたのは、曲が終わるたびにニックが敬礼すること。なんか、すごく見馴れた光景だなと思っていたら、あ、そうか、あれ「Cruel To Be Kind」のシングル盤のジャケだ。昔からずっとああしてたんだね。

Cruel To Be Kind.jpg

「Somebody Cares For Me」の後は、本編終了まで前日と同じ流れ。「Without Love」の、あのシンプルなギターソロの格好いいこと。何度も書くけど、ほんとに昨日のあの頼りなさげなギタリストと同一人物とは思えないよ、まったく。

「I Knew The Bride」の歌詞、“At a flash hotel for a 150 guests”というところで、前日もなんかごちゃごちゃとアドリブ入れてたなと思ってよく聴いてみたら、“広尾ガーデンホテル”って歌い替えてたね。そうか、今回そのあたりに泊まってるのか(笑)

それで本編終了。前日と違ってこの日はちゃんと(?)全員楽屋に引っ込んだね。でも何分も経たないうちにニックとゲライントが二人で登場。「アンコールの拍手が止んでしまう前に出てきたよ。僕らもまだ演奏したいからね」とニック。

アンコールの曲順は前日と同じ。「When I Write The Book」を終えたとき、ニックが客席に向かって人差し指を立て、「もう一曲?」と自ら聞いてくる。そして、あの最高にクールな「Go Away Hound Dog」。一旦全員がステージを降り、それでも鳴りやまない拍手に応えてニックが一人で閉じて行くカーテンの前で唄う「The Beast In Me」。

以上。ああもう、終わっちゃったよ。前日とちょっとだけ違うセットリスト(なにげに前日より1曲多い)とか、期待してなかったところで嬉しい驚きもあったし、終始ニコニコ顔のゲライントのことをずっと見ていられたし、見違えるほど成長した(笑)ジョニーのギタープレイも観られたし、それにやっぱりなんと言っても、あの円熟味溢れる演奏と歌をもう一回聴けたというのが、この日最大の醍醐味。チケット高かったけど、二日間来てよかった。早くこの日のファーストセットの録画観たいな。


Setlist 11 August 2011 @ Billboard Live Tokyo (2nd set)

1. People Change
2. Heart
3. What Lack Of Love Has Done
4. Ragin' Eyes
5. Lately I've Let Things Slide
6. Has She Got A Friend?
7. I Trained Her To Love Me
8. I Live On A Battlefield
9. Indian Queens
10. Cruel To Be Kind
11. You Inspire Me
12. Sensitive Man
13. Somebody Cares For Me
14. House For Sale
15. Without Love
16. (What's So Funny 'bout) Peace, Love & Understanding
17. I Knew The Bride (When She Used To Rock 'n' Roll)

Encore
1. Only A Rose
2. When I Write The Book
3. Go Away Hound Dog

4. The Beast In Me
posted by . at 01:39| Comment(11) | TrackBack(1) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする