2011年05月15日

モスクワの味

と言ってもパルナスの話ではなく。と書いたところで関西圏以外の方々にはパルナスなんて意味も通じるわけもなく。とにかく今日は、出張でモスクワに行ってきましたよ、という比較的どうでもいい系の写真ばかりの短いお話。

DSC02574.JPG

モスクワといえばお決まりのこれ。赤の広場に建つなんとかって教会(いいかげん)。仕事の途中で通りがかったのでとりあえず記念に写真を一枚。

DSC02573.JPG

帝政時代の1893年だかに建ったという由緒正しいショッピングモール。石でできた階段の、人々が歩く箇所だけがどこの中世の寺院かというぐらい擦り減ってたりしてて、歴史を感じる。

DSC02584.JPG

街並みなんかおかしいと思いながら見てて気づいた。アパートだろうが高層ビルだろうが、常に電線が屋上同士をつないでいる。見えるかな。あれどうやって渡したんだ? 切れたりしたらどうやってつなぐんだろう。

DSC02575.JPG

街中のあちこちに建つなんかゲンパツみたいな煙突。煙出てるから違うよね、きっと。それにしてもこんな市街地の真ん中に発電所がいくつもあるのにびっくり。そういえば、モスクワの空港に到着したら、飛行機降りるところでガイガーカウンター持った人たちにさんざん測られたよ。いや、別に日本から来た人がみんな被曝してるわけじゃないからさ。

DSC02577.JPG

車で走っててよく目につくのが、コンサートの看板。この一番左のフェスみたいなのには、プロディジー、コーン、アダム・ランバート、トラヴィス(どういう組み合わせだ)。システム・オヴ・ア・ダウンとミューズがそれぞれ。一番右はリンゴ・スター・オールスターズだね。

DSC02578.JPG

ブライアン・フェリーにケミカル・ブラザーズ。この他にもよく目立ったのが、ロバート・プラントとかサンタナとかスティング。シャキーラとホワイトスネイクのポスターも多かったな。新宿ユニオンでいうと6階よりも5階・7階が多い感じ。

DSC02576.JPG

70年代組ばかりかと思いきや、懐かしのデュラン・デュランも。真ん中の地元アーティストのポスターを挟んで、右にジャミロクワイもあるね。あとここにもゲンパツ風煙突。

DSC02581.JPG DSC02580.JPG

お決まりの「ロシアのマクド」。(゚Д゚)この顔とにかくロシアではやたらあちこちで見かける。マクドナルド内にもほら。去年の「世界のマクド」シリーズの記事にも別バージョンの写真を貼っておこう。

DSC02565.JPG

結構驚いたのが、普通にレコードが流通していること。この写真はとある電気屋兼ソフト屋さんなんだけど、最新の3Dブルーレイのソフトを売っているすぐ横で、プーチン似のおっさんが見ているのがLP。いにしえの名盤から最新盤まで、結構品揃え充実してたよ。仕事中だったから全部チェックする時間がなかったのは残念だけど。

DSC02587.JPG

モスクワに着いた日の夜にウクライナ料理を食べに連れて行ってもらって、そこで出されたウクライナ流トウガラシ&ハチミツ入りウオッカがめちゃくちゃ気に入ってしまったので、帰りに空港で買ってきた。トウガラシデザインのショットグラス3つ付き700mlで11ユーロ(1250円)って安くない?

DSC02588.JPG DSC02589.JPG

仕事中でLP棚はチェックするヒマなかったけど、CD棚はざっと閲覧。なにか自分にお土産を、と思って、まだ買ってなかったペット・ショップ・ボーイズの新譜のロシア盤を。なんて書いてあるのか全然わからないけど、ジャケット(というか、全面帯)のロシア語がなんか貴重っぽくて嬉しい。あと、2枚組で299ルーブル(860円)という破格値も嬉しい。


<5月22日追記>
DSC02595.JPG
底にトウガラシが沈んでる。人の指みたいで不気味。

DSC02593.JPG
箱の切り込みが見事。


posted by . at 16:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。