2011年03月22日

報道

書こうとしている音楽関係の記事もいくつかあるんだけど、どうもそんな雰囲気でもないしそんな気分でもないので、このごろ考えていることをちょっとまとめてつらつらと。今朝ツイッターで140字ぴったりつぶやいたやつの拡大版ってとこ。

今朝起きてテレビをつけたら、確かフジテレビだったと思うけど、ホウレンソウとか原乳から検出された放射能が人体にどう影響するのかという番組をやっていた。普段目につく報道って、国が定めた基準値の何倍の放射能が検出されたとか、それが何ベクレルだとかいうことばかりで、じゃあ一体それを食べたり飲んだりしたらどうなるの?ってことがさっぱりわからないので、こういうのはありがたいと思って観ていた。

その番組では、ベクレルという一般人にはいまいちよくわからない単位を、最近それより多少はポピュラーなシーベルトに換算したうえで、昨今ホウレンソウとか原乳から検出された放射能の濃度は、普通に食べてもほぼ人体には悪影響のないレベルであること、そもそもホウレンソウなんて必ず水洗いしてから食べるものだし(水洗いすることで付着した放射能は10分の1程度に減るんだとか)、原乳そのまま飲む人なんていないし、過剰に心配する必要はないんですよ、という説明がされていた。

今、日本に必要とされている報道って、こういうものじゃないのかな。さすがに最近は津波の映像を繰り返して流したり、被災者にマイクを向けて「今のお気持ちは?」なんて質問するような番組は減ってきたけれど、切迫した福島原発の現状以外に今やってる報道番組に観るべきものはほとんどないように思う(計画停電や電車の運行予定だったらネットの方がよほどアップデートされてるし)。

今朝の番組の情報や計算方法が鵜呑みにできるほど信用のおけるものなのかどうかは知らないけど、少なくとも僕はあれを観て、福島・茨城・栃木・群馬産の野菜や牛乳を買い控えるようなことはしないでおこうと思った(それを見分ける手立てが僕にあるならということだけど)。ただでさえ地震や津波や原発事故でひどい目に合っている地方の人達がこれまで一所懸命育てて出荷する野菜や牛乳を、これ以上そんな風評被害みたいな目に合わせたくないからね。

政府は出荷自粛をさせた業者に対して「補償することを考えている」でなく、本当に危険だったら「補償するから安心して自粛してください」と言うべきだし、“自粛”程度で済む程度の危険度なら、それが体内に入ったときにどういう影響があるのか(ないのか)を具体的に説明してくれるのが報道機関の役割だと思う。

ということで、僕はアエラみたいなクズ雑誌を発行している新聞社の刊行物については今後も不買運動を続けるけど、誰かが被災地産の野菜・牛乳が人体にどう危険なのか具体的に教えてくれるまでは、それらをあえて選んででも、積極的に食べることにするよ。

AERA.jpg

BGM:Noah And The Whale 『The First Days Of Spring』 
早く春になって、おいしい野菜をたくさん食べられるようになればいいな。
posted by . at 00:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする