2011年02月20日

黒板アニメと冬のセール

昨日はひさしぶりの休日出勤、明日からはまた出張と、ちょっと忙しくしているので、今日は短めのをひとつ。まずは、最近は滅多にYouTubeからビデオを貼り付けることもなくなったこのブログにしては珍しく、これをどうぞ。



ハンドクラップが印象的な悲しげな曲調もとてもいいけど、このビデオが素晴らしいね。少しずつ違った画像をひとコマずつ撮影していく手法はクレイ・アニメーションと同じだけど、粘土の代わりにチョークと黒板を使ったアイデアが秀逸。ひとつ前に描いて消した部分が白く残って、不思議な残像みたにいに見えるのが逆に効果的だね。粉受けのところに白いチョークの粉が積もっていくのもいい。2000もの画像をつなぎ合わせて、開始から完成まで半年もかかったんだって。アイデアと根気のたまもの。

ファイアカイツ(Firekites)というオーストラリアのこのバンドを僕が知ったのはほんの先週。去年の暮れから誰に頼まれたわけでもないのに僕が一方的に宣伝しているインパートメント/p*disのオンラインショップで試聴したのがきっかけ。

そのショップで、先週末からウィンターセールが開催されていて、対象商品が全部50%オフになっている。このバンドのアルバムも含まれていたんだけど、さっき見たら残念ながらもう売り切れてしまったみたい(僕は入手済み)。

タマス・ウェルズを見つけてくるようなセンスのこの会社が同じように世界中のあちこちから見繕ってきた様々なアーティストのCDが全部半額。きっと、つい目測を誤って多く仕入れすぎたものばかりなんだろうけど、だからといって内容がよくないわけじゃない。ちょっと手間をかけて試聴してみる価値のあるものばかりだ(それぞれのCDの解説ページで試聴できるものも一部あるけど、大抵はマイスペースに飛ぶようになっているか、もしくは自分でマイスぺで探さないといけないのもある。それにしても今のマイスぺ、やたらと作りが複雑になっている上に、異常に重いね。どんどん使いにくくなるよ)。

かつて僕がブログで紹介したステッドファスト・シェパード(The Steadfast Shepherd)のこのアルバム、セールに出さないといけないほど売れなかったのかと思うと、残念なのと同時にちょっと責任も感じてしまうよ。タマスのファンなら、1000円ちょっとであれば「買い」だと思うので、是非どうぞ。
The Steadfast Shepherd LP.jpg

3年ほど前にデビューアルバムを記事にしたエギル・オルセン(Egil Olsen)のセカンドアルバムもあった。あのアルバムもよかったけど、このセカンドも、リリカルな基調は変わらず、でもちょっと豪華でドリーミーな感じが追加されたいい出来。これも1040円というのは破格。
Nothing Like The Love I Have For You.jpg

セールは今月いっぱい。だけどどれが何枚在庫に残っているかわからないので、気になる人はお早めにどうぞ。


posted by . at 15:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。