2011年02月13日

N君、サンキュ

このブログの右側のカテゴリ欄にある「コンサート」という項目をクリックして過去記事を紐解くと、何度も出てくる名前が二つある。いつもこのブログを読んでくださっている方ならそんなことをしなくてもわかるだろうけど、グレン・ティルブルックとタマス・ウェルズのことだ。僕が彼らのコンサートに何度も足を運んでしまうのは、ライヴ自体が素晴らしいことは勿論だけど、僕と同じようなリピーターの皆さんがやたらとフレンドリーなことも理由のひとつだ。

そうやって知り合った友達の一人が、N君。09年のグレンのライヴのときに話すようになったら、実はタマスの初来日公演でも僕のことを見かけていたという。僕以外でその両者のライヴに常に通っているという人は意外と少ないんだけどね。それからというもの、グレンとタマス以外でもあちこちの会場で彼と遭遇している。普段身の回りに音楽の趣味が合う友達がいない僕にとっては、自分の好きな音楽の話をどれだけ掘り下げて話しても理解してくれる頼もしい友達の一人だ。

去年の年末に、東京からちょっと離れたところに住んでいるN君が忘年会に呼んでくれた。いつもグレンのライヴで一緒になる数名が集まり、それぞれの2010年ベストアルバム候補の披露(試聴)会をするなんていう楽しい企画だ。僕も、1月2日の記事に載ることになる10枚(うち1枚はこの後に土壇場で入れ替わった)を持って、ちょっとした年末の旅行気分で出かけて行った。

実は忘年会自体はN君宅でなく近所の友達の家で開催されたんだけど、そこにN君が持ち込んだCDはとてもベスト10なんて枚数じゃなかった。「CD収集が特に趣味ではない一般人が一生に買うCDの総数」みたいな枚数を3つぐらいのケースに入れて車で運んできたN君によると、それは彼がダブって買ってしまったCDだとのこと。素朴な疑問:何故そんなにダブってしまうのか? この地方ではグリコのおまけみたいに中に何が入っているかわからない状態でCDが売られているのか。

さらなる驚き。なんとN君はそれらの余ったCDを僕らにくれるという。実在するサンタクロースを目撃した気分だ。集まった3名にほぼ同数をくれたと思うんだけど、翌朝酔いが醒めた僕の手元にあったCDは8枚。一部を除いてどれもこれもほとんど聞いたこともないような人たちばかりだ。さすがN君。

年明けの長期出張やらグレン祭りやらが重なってなかなか聴く機会がなかったんだけど、先日ようやくもらったCDを全部聴き終えたので、N君への報告がてら簡単な感想を書いてみることにした。



South Of Boredom.jpg
Beezewax 『South Of Boredom』

さすがプロデューサーがケン・ストリングフェロウだけあって、ポウジーズそのまんまの音。むちゃくちゃかっこいい。掘り出し物。全然知らなかったよ、こんなバンド。ビーズワックス。ノルウェー産なの? 調べてみたら、この99年のアルバムの後にも沢山出てるね。そういえば06年盤の赤っぽいジャケはどこかで見たことあるかも。さっそく買い集めなければ。それにしても、最後に入ってるボートラ風の罵りパートは何?


Rain Hail Shine.jpg Why'd You Have To Leave Me This Way.jpg
Icecream Hands 「Rain Hail Shine」
Icecream Hands 「Why'd You Have To Leave Me This Way?」

以前の記事にちょこっとワーキング・タイトルを書いた、未来のyascdに入れようと思って探していたメルボルンのバンド、アイスクリーム・ハンズ。あちこちの通販サイトで見かけたアルバムを発注しても、もう廃盤なのかちっとも送られてこないのに、なんでこの人はこんなシングル盤まで押さえているんだ?しかもダブるほど買い込んで。ストレートなパワー・ポップからしっとりしたアクースティック曲まで、いい曲書くね、このバンド。両方合わせて全9曲、同じ曲のヴァージョン違いとかも入ってて、ちょっとしたコンセプト・アルバムを聴いている気分になるよ。


The City Gates.jpg
Charles Jenkins 『The City Gates』

「アイスクリーム・ハンズ聴くならこれもどうぞ」と次にN君に手渡されたのは、そのバンドの中心人物、チャールズ・ジェンキンスのソロアルバム。なんとニッチな。なんでこの人はこんなものまで押さえて(以下略)。基本的にはアイスクリーム・ハンズと同傾向の音だけど、ちょっとサイケな色付けがなんだか大人っぽい。


Ends Of The Earth.jpg
Peter Bruntnell 『Ends Of The Earth』

これは隠れたオルタナ・カントリーの名盤か、と思いきや、この音で英国人なの? 激渋。アメリカの中西部のどこかからひょっと出てきたと言われても素直に信じてしまいそうなメロディーと歌いまわし、そしてこのとろけるようなペダル・スティールの音色。ピーター・ブランネルと読むのかな。この人も調べてみたらこの後何枚もアルバム出してるなあ。あ、英国人だけど生まれはニュージーランドのオークランドだって。なんか急に親近感湧くね。ついさっき、最新アルバムっぽいやつ、ポチッとしてしまったよ。


Sweet On The Vine.jpg
Mark DeCerbo & Four Eyes 『Sweet On The Vine』

この人たちはちょっと調べてみたけど全然出自がわからなかった。マーク・ディサーボと読むのかな。どこの国の人だろう。バンド名、四つ目だって。このいかにもB級っぽいジャケに少し気後れしながら聴き始めてみたけど、うん、悪くはないね。B級といえばB級かもしれないけど。でも、こういうジャンル分けしにくい音って売れないんだよね、可哀想だけど。


Cantos.jpg
A. J. Croce 『Cantos』

ジム・クロウチの息子。それは知ってた。このジャケも見たことあると思う。クレジットを見ると、ベン・ハーパーがワイゼンボーンを弾いてたりする。ということから想像のつく、ちょっとソウルフルなシンガー・ソングライター兼ピアノ弾きのアルバム。ポール・マカートニーの「Maybe I'm Amazed」のカバーがいいね。さっきのワイゼンボーンを始め、メンバーの使用楽器のほとんどに生産年が書いてある。その半数ぐらいは第二次大戦よりも前だ。というヴィンテージな趣のアルバム。


The Orchid Highway.jpg
The Orchid Highway 『The Orchid Highway』

オーキッド・ハイウェイ。これもいかにもアメリカンな音。ラウドな。ハイウェイというだけあって、ドライブ中に聴くといい感じ。でも調べてみたらカナダのバンドだった。まあ、カナダも広いからきっとドライブ楽しいよね。行ったことないけど。メンバー5人のうち3人の苗字がマクドナルドで、言われてみたらジャケットに写った人達(一番左を除いて)よく似てるね。でもこの4人のうち1人はマクドナルドではないんだね。どいつだ。



いやー、クオリティ高かったね。こんなのを惜しげもなく分け与えてくれるなんて。ありがとうね、N君、いいのを教えてくれて。おかげで、買わないといけないCDがまた増えてしまったけど(笑)。何かお礼しなくちゃね。次は誰のライヴで会うんだっけな。


posted by . at 12:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。