2010年12月28日

エキストラ出演 - →Pia-no-jaC←

Live @ 九段会館 DVD.jpg Live @ 九段会館 CD.jpg
Pia-no-jaC← 『LIVE @ 九段会館 〜Jumpin' →JAC← Flash Tour〜』DVD(左)
Pia-no-jaC← 『LIVE @ 九段会館 〜Jumpin' →JAC← Flash Tour〜』CD(右)

自分が実際にいたライヴがCDやDVDになったことって今までにあったっけ。自分が行ったのと同じツアーの違う日がライヴ盤になったり、自分がいた日の音源がいろんな場所での録音に混じって収録されたりしたことはあったと思うけど、こういうパターンは僕にとっては初めてかもしれない。

10月10日の記事に書いたとおり、その前日に行った九段会館での→Pia-no-jaC←のライヴが丸ごと、限定生産のDVDとCDになって先日発売された。

ライヴ自体の内容については前述の記事に書いたとおり。あの3時間にも及んだライヴから、トークと余興(?)を取り除くと、1枚のCDに収まってしまうのかというのがちょっとびっくり。とはいえ、このCDには、あの日演奏した全曲から3曲ほど割愛されているみたい。DVDの方には、アンコールの最後に演った「Happy」がエンディングSEとして収録されているから、どちらにも入っていないのは2曲。時間の関係か、それとも権利関係なのかも。

僕は二階席だったから、ステージ全体はよく見渡せたけど、やっぱりこうしてDVDでアップで観ると、彼ら二人とも凄い演奏をしているというのがよくわかるね。手持ちのカメラが多くて画面の切り替えが頻繁だから、ちょっと見ていて疲れる類のビデオではあるけど(それでも以前記事にしたスピッツのDVDとかよりはマシかな)、画質もよく、88分という時間も長すぎず短すぎずでいいと思う。

ところで僕は前述の記事に「僕の実物を知っている人なら、一部の方々にはお馴染みの僕のトレードマークの例のシャツを着て行ったので、そのDVDが出たら二階席を探してみて」と書いたんだけど、その“例のシャツ”を知っている人なら、もしかしたら上に載せた2枚のジャケ写で僕のことを探せるかも。このDVDとCDのジャケ、微妙に違うカットなんだけど、どちらにも僕は写り込んでしまっているよ。思わぬところでエキストラ出演してしまった。きっとひよりさんには腸羨ましがられることだろう。

いや、これはいい記念になったな。限定生産だというから慌てて近所のヴィレッジ・ヴァンガードで予約して買ったら、上にリンクしたアマゾンでは1000円以上も安く出てるのがちょっと気に食わないけど(笑)。選曲もいろんなアルバムから(とかアルバム未収録のコラボ作品とかも)収録されてて、ベスト盤として聴いて(観て)もいいかも。


さて、毎年年末恒例の駆け込み大量生産ブログ記事、今年はあとどれだけ書けるかな。自分の年間ベスト10を決めるために、前から気になってたものや先日友達の家で暫定年間ベスト10発表会をしたときに(何人かのベスト10を聴いて)チェックリストに入れたものとかをほぼ毎日大量に仕入れてきて聴き込んでいるから、あと3日でもう一記事ぐらいは書きたいけどな。まだ年賀状も一枚も書いてないし、部屋の片づけも一切してないんだけど…
posted by . at 01:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする