2010年07月10日

虫と土俵とその他諸々

近ごろは昔と違っていろんな方がこのブログを読んでくださってるから、きちんと紹介しないとわからないかな。僕にはひそそかさんという友達がいて、その人は何かにつけて人にものをあげる習性があるんだけど、ちょっと前に彼女がブログでまた何かくれるっていうんでとりあえずもらっておいたら、なんだかあれよあれよという間にそれがおかしな企画になってしまったので、もう一週間も経ってしまったけど今日はそのことを書くよ。

両国の江戸東京博物館というところでやってる「大昆虫博」。両国って初めて行ったよ。最近は野球賭博とかで有名なところらしいけど、博物館は駅のすぐ近くなので、他の場所は観光してる時間がなかったのが残念。

同じくひそそかさんちのコメント欄でタダ券もらったイッチー(仮名。日本人)と新田氏(仮名っぽい)と合流。入場したら皆バラバラに散り、黙々と虫を見てはたまにすれ違って感想を言い合うという淡々とした会合。すれ違うたびに「あっちに置いてある○○は見ましたか?いいですよ」とお勧めコメントをくれるイッチー。

ひよりさんに頼まれたので気持ちを聞いてこようと思っていたカイガラムシも、久しぶりに実物を見ようと思っていたウェタも残念ながらいなかったけど、なかなか普段お目にかかれないのが沢山いてよかった。同じ種類のが沢山並べて展示してあって、綺麗な蝶々のコーナーとかはほんとに綺麗。モルフォ蝶って青色のキラキラしたやつ、死んだらお腹が潰れてそこから出た液が羽を黒くしてしまうから、展示されてるのは全部胴体がないんだって。写真はこれ。見たくない人は目つぶってスクロール。

Morpho.jpg

パプアニューギニアのナナフシのコーナーとかはさすがに引くね。20センチとかあるし。なんか無駄にギザギザしてるし。でっかい羽でブンブン飛び回ってそうだし。まああれも結構肉太だから、手足外して皮むいてオイスターソースとかで炒めたら意外と美味しいかも。パプアニューギニアの人たちはきっとオイスターソースなしで食べてるね。写真はなし。

この手の企画展にくると大抵本編より長く時間をつぶしてしまうお土産コーナー。チケットをタダでくださった優しいひそそかさんへの土産にいなごの佃煮を買ったのは新田氏個人の判断で、僕は一切加担していません。写真はひそそかさんとこ

夕食の集合時刻までちょっと時間があったので、常設展を観に行く。企画展の昆虫博会場よりも圧倒的に広い会場で、お互いの携帯の番号も知らないのにまたもバラバラに行動する我々。僕は特別企画の土偶のところへ。

Dogu.jpg

すぐ隣で多分ボランティアの学生説明員の人が観光客に説明していたのを盗み聞き。全体的に平面的な造りのこの土偶、ふくらはぎのところがふくらんでるんで男なんだって。土偶っていうのは大体女性をモチーフにしてることが多いので、これは珍しいとのこと。なんでまたよりによって出っ張らせるのがふくらはぎなんだろうね。縄文時代はふくらはぎの大きな男がもてたりしたのかな。

キトラ古墳の壁画のレプリカとかもあって、すっかりその小さな一部屋で時間を過ごしてしまう。気配りのイッチーが僕のことを見つけて「新田さんはあのへんにいましたよ。合流しましょう」と言って連れてってくれるのに、既に新田氏はそこにはおらず。二人で探しているうちにまた僕が別のものに興味を引かれて勝手にバラバラに。可哀想なイッチーはゆっくり展示を観ていられたのか今になって気になる。

夕方にはひそそかさんと、ひそそかさんの母親の娘であるカブ子さんと合流し、近くのお相撲居酒屋へ。駅近なのにすごく広い店。さらに広々とした中央のスペースをふんだんに使って設置してあるのは土俵。両国の人はご飯食べながら相撲取るのか。僕らが食べていた間にもお父さんと小さな娘さんがたわむれに相撲を取っていたし。

飲み会の内容はひそそかさんとこに大体書いてあるので省略。いつもながらこの人たちと会って飲むのは楽しいね。料理も意外なほど美味しかったし、特別粘らなくてもいつまでも居させてくれたし、いい店だった。相撲取ってくればよかった。



これだけで終わって久々の「非音楽的」カテゴリーに入れてもよかったんだけど、せっかくなので、前々から暖めててそのうちネタが尽きたらやろうと思ってた虫ジャケ特集を記念に。

例によって勝手に自分で決めたルール。自分の持ってるLPやCDから選ぶこと。昆虫の写真に限定するので、イラストはNG(シド・バレットのセカンドとか、アンドリュー・バードの『Noble Beast』とか)。裏ジャケや内ジャケに載ってるのもなし(ジェフ・ハンソンの『Madam Owl』とかポール&リンダの『Ram』とか)。

では早速。まずは昆虫博にも沢山の種類が置いてあったカブトムシ。

Southern All Stars.jpg
サザンオールスターズ 『Southern All Stars』

きっと日本ではこのジャケが一番有名だろうね。もう20年も前のアルバムなのかとびっくり。さっき久しぶりに聴いてすごく懐かしい気持ちになったよ。「YOU」とか「逢いたくなった時に君はここにいない」とか、いいよね。しみじみ。


カブトムシといえば、昆虫博の虫シアターで戦っていたこれ。

Mezzanine.jpg
マッシヴ・アタック 『Mezzanine』

世界的に一番有名なのはこれかも。このクワガタのアップが裏ジャケまで続いているところの、メカニカルな感じがいいね。中身の音をシンプルにうまく表現した秀逸なジャケ。


次はトンボ。

Wave Another Day Goodbye.jpg
ロンダーリン 『Wave Another Day Goodbye』

死んでるけど。これは08年2月の北欧特集の記事とか、同じく北欧特集のyascdのときに載せたことがあるね。この人たちどうしてるのかなとマイスペ見てみたら、07年からずっとアップデートがないね。今でもログインはしてるみたいだから生存はしてるんだろうけど。


アリ。

The Compleat Eater.jpg
イーター 『The Compleat Eater』

これも随分久しぶりに聴いたなあ。女の子にもてたくて、楽器もできないのにバンドやってるとウソついて、そのうち隠し通せなくてようやく曲を作り始めたとか書いてある自伝的なライナーがいい。典型的70年代パンク。


最後はカマキリ。

Love Is The New Hate.bmp
シハド 『Love Is The New Hate』

ニュージーランドのバンド。メタリカ+パールジャム÷3、みたいな感じ。付属のライヴDVDをさっき(多分これ買ってから初めて)観て、会場のアオテアスクエア(オークランド)の風景がメチャクチャ懐かしかった。

とりあえず持ってるのを思い出せた5枚。また何かあったらちょろちょろ追記するね。



<7月19日追記>

ハチ。

Living Things.jpg
マシュー・スウィート 『Living Things』

LA MOSCAさんのところを読んでいて思い出した。そうだ、これがあったね。表ジャケには何故か少しピンボケ気味のハチが一匹。裏ジャケには蜂の巣に群がる10匹。どうせなら裏を載せたかったけど。


posted by . at 17:19| Comment(12) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。