2010年06月27日

インスタント60's - The School

Loveless Unbeliever..jpg The School 『Loveless Unbeliever』

ペット・サウンズなバンド・ロゴといい、ツルツルにコーティングされたインナースリーヴや裏ジャケのレトロなデザインといい、いかにも60年代を意識したのがよくわかるこのアルバムが、ウェールズのカーディフ出身の新バンド、スクールのデビュー作。

グループ名が単純すぎて、検索すると関係ないのがいっぱい上がってくるのがちょっと難点。まあ、最近ではここまで単純なグループ名というのも逆に珍しいから、そういうところも昔風を狙っているのかも。インナーにはメンバーのファーストネームだけ7名載っているが、そのすぐ隣に演奏者の名前が9名分。その両方に名前があるのは4名だけ。このアルバムを作っている途中でメンバーチェンジがあったということか?

このアルバムの前にシングルとEPを発表済みで、この手の音が好きな人たちの間では以前からそれなりに話題になっていて、これが待望のデビューアルバム!というわけだ。僕は525枚という不思議な限定数量のアナログ盤をアップルさん経由で入手。きれいな色の盤が嬉しい。

DSC00187.JPG


シンプルでキャッチーなメロディーの他愛ないラブソングを、これまたシンプルこの上ない演奏に乗せて歌う女性ボーカルと、それにかぶさる綺麗なコーラス。それだけ。アップルさんとかあちこちのサイトに、同傾向のアーティストとして、キャメラ・オブスキューラやラッキー・ソウルなんかの名前が挙げられているね。

僕は懐かしのトレイシー・ウルマンを思い出したよ。いつの時代にも、こういう60年代ポップをストレートに継承した女性ボーカルが現れるもんだよね。僕はトレイシー・ウルマンはちょうど世代的に「こんなの恥ずかしくて買ってられないよ」とあえてスルーしたからLPもCDも持ってないけど(それでもタイトルを見ただけでサビは歌えるけど)、おっさんになった今ではこのスクールは何のためらいもなく買える。

先に出たシングルにもEPにも収録されてないアルバムトラックの「Is He Really Coming Home?」のPVが出回っているね。これもシックスティーズ風のポップな色づけがされた、いいビデオ。



アルバムのジャケから受ける印象よりもずっとふっくらした感じのボーカルのリズがなんか微笑ましいね。アルバム・クレジットを見ると、なんと全曲この人が書いてるよ(2曲はギター担当のサイモンとの共作。でもその人はグループメンバーの方には名前がない。でも最終曲「I Don't Believe In Love」でボーカルを披露しているのはこの人のはず。どういう関係なんだ?)。

確かに全部シックスティーズ・マナーの定型的な曲ばかりで、あちこちにどこかで聴いたようなメロディーやアレンジが出てくるとはいえ、これだけの曲を作れるというのはすごいね。ちなみに「Shoulder」の間奏は「おんまはみんなぱっぱか走る♪」に聴こえてしまうのは僕だけか(笑)

どの曲もクオリティ高いけど、中でも僕の一番のお気に入りはこの「I Want You Back」。PVは作られていないようだけど、これもYouTubeにアップされているので一緒に貼っておこう。



ここに写っているのは、この曲が最初に収められたEPのジャケット。LPでいっぱいの部屋に寝転んで、でっかいヘッドフォンで音楽を聴くリズの写真。床に散らばっているのはビッグ・スター、ビーチ・ボーイズ、テレヴィジョン、ジョーン・ジェット、ウイングスなどのLP。いいね、これだけですっかり感情移入してしまうよ。このEPの全曲アルバムに再収録済みだけど、このジャケだけで持っておきたくなるね。

そんな感じでついついシングルにまで手を伸ばしてしまいそうな上に、今一番どうしようかと思っているのが、今日書いたこのアルバム。綺麗な限定アナログ盤は既に発売元のエレファント・レコードでも売り切れになっているから買って後悔はしてないんだけど、これMP3音源がついてないから、週末に家で聴くしかないんだよね。なのでこうして週末になるとへヴィーローテーションで回してるんだけど、やっぱり普段ウォークマンで聴くためにCDも買おうかな。


posted by . at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。