2010年05月30日

Daytrotter

20030048-110381.jpg 20030147-110801.jpg 20030116-110695.jpg


2006年の3月開始だから、知ってる人はもうとっくに知ってるんだろうけど、僕はつい最近知ったこのサイト。デイトロッター

いろんなアーティストのスタジオライヴ録音をストリーミングしてて、気に入ったのはダウンロードもできる。メアド登録しないといけないけど、せいぜい週一でメルマガが送られてくる程度で、ヘンなサイトからわけのわからないメールが来るようになったわけでもないから、特に害はないし。

アーカイヴを見ると、最初は週一だったようだけど、最近は毎日新しい音源がアップされている。それが06年からずっと続いてるから、既に1000近くの音源が揃っている。同じアーティスト/グループが複数回登場していることもあるから、必ずしも音源数=アーティスト数ではないけど、それにしてもすごい量。

長いセッションで30分弱、短いのは10分ちょっと。平均すると一セッションあたり多分20分ぐらい、4−5曲というアーティストが多い。しばらく前にこのサイトを見つけて以来、気になるのをどんどんダウンロードして、もう50セッションぐらいは僕のウォークマンに入っている。

多分無名のアーティストが自分たちの演奏を広く聴いてもらうために参加するのがメインなんだろうけど、中にはカーリー・サイモンとかクリス・クリストファソンなんかの有名どころの名前もちらほらと見かける。

かつてこのブログで取り上げた名前も沢山。シアウォーターは06年の12月だから、結構このサイトが始まった最初の頃のセッション。ちょうど上にリンクした僕のブログの記事で取り上げた『Palo Santo』の最初のヴァージョンが出た後だ。

オカヴィル・リヴァーは07年11月のセッション。このブログには書いていないその年のアルバム『The Stage Names』と、その年の末に彼らのサイトで無料ダウンロードしていた『Golden Opportunities Mixtape』からの曲を演っている。

08年4月当時、ファーストアルバムが既に話題になっていたフリート・フォクシズのセッションは、もちろんそのアルバムとEP『Sun Giant』からの曲。

翌月のグランド・アーカイヴズは、僕がブログに記事を書くちょうど一ヶ月前。このセッションはアルバムよりもちょっとルースな感じかな。これだけ沢山あれば、もちろんいいのも悪いのもあるからね。

08年9月にライヴDVDのことを書いたボブ・モウルドのセッションはその翌年の3月。当時出たばかりの新譜『Life And Times』からの4曲。

ホールド・ステディは僕がブログに取り上げたアルバムの次の『Stay Positive』からの曲が中心。このセッションはサウス・バイ・サウスウエストのものらしい。これはかなりいいね。

09年7月のギャリー・ルーリスは、マーク・オルソンとの元ジェイホークス組でのセッション。このブログに書きたかったけどチャンスを逃した二人のアルバム『Ready For The Flood』から4曲。

つい最近ニューアルバムが出たばかりのジョシュ・リターのセッションは、つい先月アップされたばかり。これは早く買わなければ。

他にも、ブログには書いてないけど気に入っているものも沢山あるし、なにより、巷で話題になっていて買おうかどうか気になっているアーティストをこういう形で聴けるというのが嬉しいね。ここで聴いてみて買おうと決めたものもあれば、やっぱりやめとこうと思うものもあったよ。

まだブログには書いてないけど、友達に聞いて最近買って気に入っているハーパー・サイモンのセッションもよかった。お父さんのポールも参加したデビュー・アルバムは父親そっくりの声でちょっとカントリー風の曲も聴かせていたけど、そこからの3曲を含むこのセッションでは、他にもスペシャルズの「Rudy」とテレヴィジョンの「Evil」のカバーなんて演っていて、実はそういう趣味の人なんだとちょっと嬉しくなるよ。

Harper Simon.jpg 『Harper Simon』


posted by . at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。