2010年05月15日

ひねくれ - The Scotland Yard Gospel Choir

And The Horse You Rode In On.jpg 
The Scotland Yard Gospel Choir 『...And The Horse You Rode In On』

小さな女の子がクスクス笑いながら「あなたなんて大きらい」と歌いだす1曲目。アルバムのオープニングとしては、スミスの「The Queen Is Dead」の冒頭「Take Me Back To Dear Old Blighty」みたいな感じを狙ったのかとも思うが、それよりもクラッシュの『Sandinista!』にシークレットトラックとして収められた方の「The Guns Of Brixton」を思い出す。

最初にこのアルバムを知ったのはどうしてだっけ。アマゾンからのお勧めメールだったかな。この、一見何が写っているのかよくわからないけどなんだか妙に味のある白黒ジャケと、“ロンドン警察ゴスペル聖歌隊”という、これもいまいち意味のわからないグループ名に興味を持って、試聴してみたんだっけな。それで去年の年末に他の何枚かと一緒にアップルさんから買ったんだった。

その短い1曲目をさえぎるように始まる、正式なアルバムオープニングの2曲目「Stop!」の歌いだしはこうだ。

  お前なんか、梅毒にかかって寂しく死んでしもたらええのに

この曲だけじゃない。振られたり、裏切られたり、思いが届かなかったり、という男の屈折した気持ちがこれでもかというほど綴られた曲が、次から次へと出てくる。決して“彼女いない暦何十年”というほど全然もてないわけじゃなく、でもどうしても彼女と長続きしない男の寂しい歌。

僕が今日ようやく新作を読了したニック・ホーンビィの出世作『High Fidelity』を思い起こさせるね。ロンドンの下町でくすぶる、冴えない男の物語。そういうシチュエーションだけでなく、何を言うにもいちいちひねくれた表現をするところもね。

そういう歌を歌っているのが、ジャーヴィス・コッカーかケヴィン・ローランドかと思うような、時折声がひっくり返るほどへロヘロした歌い方の男。バンドの音も曲調も、その二人がいたグループ(知らない人のために:パルプとディキシーズ・ミッドナイト・ランナーズです)をはじめ、ハウスマーティンズとかテレヴィジョン・パーソナリティーズとか、もちろんスミスとかも彷彿とさせる。曲によってはフェルトみたいなのもあるね。懐かしい。

そんな、どこをどう切り取ってもゴスペルでも聖歌隊でもない、懐かしのブリティッシュ・ポップ(ブリット・ポップというとどうもブラーとかオエイシスとかの、もっと売れ線の立派なのを連想してしまうので)そのままの音を奏でるのがこのバンド。これはサードアルバムになるのか。全然知らなかったよ。拾い物だね、これは。なんか、こういう「僕たち80〜90年代の目立たないイギリスのバンドが大好きです」という音がすごく愛しい。

The Scotland Yard Gospel Choir.jpg
『The Scotland Yard Gospel Choir』

気に入ったものは立て続けに買う習性があるので(前記事参照)、07年のセカンドアルバムを見つけてきた。HMV通販のカートに入れておいたら、頼みもしないのに70%引きのセールの対象品にされていたのでラッキー。

調べてみたら、これの前に出ているデビューアルバムはもう廃盤なんだね。それはインディーズからの発売で、バンド名を冠したこのアルバムが実質のデビューアルバムみたいなもんなのかな(まあ、ブラッドショット・レコーズがインディーズではないという意見に賛成する人はあまりいないとは思うけど)。

ジャムみたいな威勢のいいギターで始まるこのアルバムも、基本的には新作と同じような作り。「この世には僕の居場所はない」というタイトルの2曲目の歌詞が、「朝起きたらいつも夢想する/車の前に飛び出して死んでしまうことを/でも自分の運を考えたら/どうせそのまま死ねずに半身不随で一生過ごすことになるはず」という、もうどうしようもなく暗く屈折したもの。でも、歌詞を無視すれば、これもまた小気味のいいギター・ポップ。

何曲かで女性がリード・ヴォーカルを取っているのは、新作と同じ。クレジットに誰が何担当か書いていないのであてずっぽうだけど、エレン・オヘイヤーというのがその人かな。だとすると、新作ではその人はもう脱退して、“The Usual Suspects”(札付きの)メンバーとして名前が載っているね。脱退したメンバーが新作のレコーディングで何曲もリード・ヴォーカルを取るという不思議な形態。

最終曲「Everything You Paid For」はエレンが歌う美しいスロー・バラッド。なのに、わざわざその曲のエンディングに奇妙なサウンド・コラージュとハアハアいうあえぎ声(?)を重ねるというひねくれ度合いも素敵(笑)


さて、ここまで引っ張ってきて最後にばらすと、実はこのグループ、シカゴ出身のれっきとしたアメリカン・バンド。ゴスペルも歌わず聖歌隊でもないだけじゃなく、ロンドン警察(スコットランド・ヤード)とも関係ないのかよ。じゃあこの、セカンドアルバムのジャケットのロンドンバスも含めて全部引っ掛け問題か。

でも考えてみると、映画版『High Fidelity』の舞台が原作のロンドンからアメリカに変更されるにあたって選ばれた街がシカゴだったというのと、妙にシンクロするね。なんか不思議な感じ。


posted by . at 17:54| Comment(9) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。