2010年05月09日

ちかごろのマイブーム

ほかにもじっくり書いてみたい内容の新譜CDやLPもあるんだけど、今日のところはちょっと気軽に、最近とつぜん気になって買い集めてはぐるぐるとリピートして聴いてしまっているものについて書こう。マイブームなんて言葉自体、もうすでにブームじゃないのかもしれないけど。

まずは、4月25日の記事の最後で予言(?)したとおり、あれからしばらくPSBばかり聴いている。

Christmas.jpg Pet Shop Boys 『Christmas』

去年のクリスマス前に買って、そのころ何度も繰り返して聴いていた5曲入りCD。ブログに書くつもりで脳内で記事を練っていたんだけど、たしかあの当時は立て続けにライヴに行ってたんで、そのレポートばかり書いてたから、実現しなかったんだよな。

さっきリンクしたPSBの記事にもちょこっとタイトルを出した表題曲「It Doesn't Often Snow At Christmas」は、いかにもいつものPSB節なのに、クリスマスっぽいメロディーとキンコン鳴る鐘の音がいい雰囲気の曲。やっぱりいいなあ、これ。もうすっかり初夏の気候になってきたというのに、我が家ではこのクリスマスソングがリピート中。

クリスマスアルバムを集めるのが趣味なPSBファンのLさん、これ買いですよ。5曲しか入ってないけど、その分お値段もお手軽だし。リンクしたアマゾンだと、1曲あたり180円也です(笑)


Did You See Me Coming.jpg Pet Shop Boys 『Did You See Me Coming?』

連休中にでかけた新宿某店で、ポイントに到達するための金額合わせにあと一枚何を買おうかとうろうろしていた僕の前にわざわざ目立つように置いてあったこのショッキングピンクのジャケ。

PSBのシングルB面曲は、どうせいつも後でまとめてCD化されるから、こまめにシングル盤を買わないようにしているんだけど、こういう偶然に弱い僕はその「あと一枚」をこれにしてしまった。

リンク先のアマゾンによると、これはパート1、2に分かれた2枚のシングルのはずなんだけど、どういうわけか僕の買ったこれはその2枚のカップリング曲が3曲とも収録されている。まあ、値段もその2枚を足したよりちょっと安い程度だったんで、損なのか得なのかよくわからないけど。


最近とつぜん気になりだしたといえば、4月3日の記事を読まれた方なら簡単に察しのつくこの人。

When You're A Boy.jpg Susanna Hoffs 『When You're A Boy』

スザンナ・ホフス、91年の最初のソロアルバム。このジャケにはうっすら見覚えがあったけど、91年の僕の守備範囲からは完全に外れていたので(というか、先月までまったく興味なかったんだけど)、「ああ、そういえばこのジャケがこの人のだった」という感じ。

近所のブックオフで購入。もともと2300円の日本盤に1350円のタグが貼られていたようだが、お得意の「売れないものはどんどん値下げ」の法則に則って、その上から950円、500円、250円のタグが次々に貼られてあった。おまけに僕が買ったのは、「500円以下のCD半額セール」の日。スザンナ、ごめん。

先月までの僕ならほぼ興味がなかったはずの内容。当時のCDらしく、やけに薄っぺらくシャリシャリした音作りが逆になつかしい。でもあの日以来の僕にとっては全て許容範囲内。やっぱりいいよね、この声(笑)。あ、最後の曲でベース弾いてるのはジョン・エントウィッスルだ、とか無理やり(?)聴きどころを探したりして。

ジャケ写見て気づいたけど、ちょっと斜視気味なんだね、この人。なんかそういうのもかわいい(もう完全肯定モードですので)。ブックレットのいちばん後ろに載ってる、おそらく小学生ぐらいの頃のスザンナがギターを弾いてる写真もかわいい。


Super Hits.jpg Bangles 『Super Hits』

一緒に500円のを半額で買ったのがこれ。バングルスのベスト盤なら、もっと沢山曲の入った、ジャケットのデザインのいいのが何種類も出ているのは知ってたんだけど、まあ250円ならいいかと。とりあえず1曲目がこないだのライヴでも演った「September Gurls」だし。

こないだの記事に「バングルスなんて僕は「Manic Monday」ぐらいしか知らなかったけど」なんて書いてしまったけど、こうして聴いてみると他にも知ってる曲たくさんあったよ。おお、「If She Knew What She Wants」、ジュールズ・シアーだ。

「Manic Monday」のプリンスといい、このバンドにはいろんな人が曲提供してたんだね。さっきのソロアルバムの最後の曲はデイヴィッド・ボウイ/ブライアン・イーノの「Boys Keep Swinging」だし。というかそれは単なるカバーか。


Doll Revolution.jpg The Bangles 『Doll Revolution』

再結成バングルスの03年盤の、限定DVD付きなんてのも見つけたのでゲット。それにしてもほんとにこの人たちの中古盤、叩き売られてるよね。かわいそうに。内容悪くないと思うんだけどな。いや、贔屓目抜きで。

これの1曲目はコステロ作か。いかにも彼らしい節回しの格好いい曲。アルバム・クレジットを見ると、こちらにも知ってる名前がちらほら。ラップスティールのグレッグ・リーズは後にマシュー・スウィートと知り合う伏線かな。コーラスにはデイヴ・グロール(フー・ファイターズ)なんて人も。

15曲も入ってるけど、スザンナがリードボーカルをとってるのは半分ぐらいしかないんだね。そういう曲はコーラスを聴くようにして、と。コーラスにまわってもやっぱりいい声(笑)。いや、冗談は別にして、このバンドって、ドラマーも含めて全員がそれぞれ曲を書いて歌うんだね。すごいや。

DVDの内容についてはどこにも何も書いてなかったんだけど、観てみると、「A Day In The Life With The Bangles」という、再結成に至るストーリーみたいなのを綴ったミニ・ドキュメンタリーと、PV1曲と、デビュー当時のシングルB面曲2曲のオーディオトラックと、フォト・ギャラリーという、そこそこ盛りだくさんな内容。

動いてるスザンナを観られるのがやっぱりいいね。しかしこの人、マシューの隣にいたから小さく見えたのかと思ってたけど、こうして女子4人で並んでもひときわ小さいね。4人でソファに座ってインタビューを受けているシーンがあるんだけど、一番遠くに座ると、なんか自分の遠近感がおかしくなったのかと思うほど遠くに小さく見える。

演奏シーンで弾いてるギター、こないだのライヴで使ってたのと同じだ。やけに木目が目立つ濃い色のテイラー。そういうのを知ってたら、あのときあの椅子にスザンナが座るというのがわかったし、バングルス時代のギター!とか思って感慨深かったんだろうけどな。とか言って、あの瞬間はまだファンでも何でもなかったんだけど。

フォト・ギャラリー、再結成前というか、デビュー当時のうら若きメンバーの写真が沢山出てくるんだけど、うーん、いかにも80年代というメイクがもの凄い違和感。ちょうどさっきの『Super Hits』のジャケもそういう感じだけど、今見ると全然かわいいと思えないよ。50過ぎてからの方がよっぽどいい。

バングルスとスザンナのソロ各種、どれもこれもあちこちの中古屋で簡単に見つかるし、かわいそうになるほど安値だから(かわいそうなら新譜を買ってやれよ)このままいくとすぐ全種類制覇してしまいそうな気がする。あとDVDも。


posted by . at 01:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。