2010年04月18日

日記4

7日間で7便のフライト。総飛行時間37時間50分。
機内泊一回。二夜連続でホテルでの睡眠時間2時間。

いつも僕が出張に沢山出ていることをあちこちに書いていることで、いろんな国に行けていいなって思う人がもしかしたらいるかもしれない。まるで島耕作みたいな優雅な海外出張を想像されるかもしれないけど、実態はこんなもの。

今回の出張はオーストラリアとインドに行くというもので、普通に考えたら、東京・オーストラリア・インドの三点を結ぶ三角形のフライトを選ぶところが、経費を押さえるためになるべく同一キャリア(航空会社)のラウンドチケットを選んだ結果、どこからどこに移動するにも必ずシンガポールを経由するというルートになった。

三角形の長距離フライトならそこそこまとまった時間が取れて、機内食の後に寝てもわりと十分な睡眠が取れるんだけど、いちいち中間地点のシンガポールで乗り継ぎをするとなると、2時間程度の細切れ睡眠を何度も繰り返すことになる。

それぞれのフライトで機内食が出るのは、それだけの時間をかけて移動しているから当然なんだけど、なにしろほとんど半日身動きもせずに椅子に座っているだけだから全然お腹も空かない。それでも時間になったら自動的に食事が運ばれてきて、無機的にそれを消化。もぐもぐ。サービスのつもりなのか、食後にハーゲンダッツなんかも出てくる。それも無機的に消化。もぐもぐ。食用の家畜を太らせるのと同じ方法だね。

オーストラリアはパースという西海岸のリゾート地に行ったんだけど、日夜ホテルの部屋と会議室に缶詰。最終日にちょっと時間が取れそうだから、目星をつけておいた地元のレコード屋にでも行こうと思っていたら、東京に残ったメンバーに頼んでおいた仕事が全然片付いていないことが判明。そのまま徹夜寸前。これが上に書いた2時間睡眠の一夜目。全行程の3日目。

4日目、パースのホテルからタクシーで空港へ。「パースは楽しんだかい?」という運転手の優しい言葉にちょっとむかつく。シンガポールで乗り換えてデリーに着いたのが翌朝の2時。ホテルからのお迎えは来ていたのに車は用意されていないという、いかにもインド風のゴタゴタを経て、チェックインしたのが3時過ぎ。移動中に溜まったメールが99通。目を通してから二夜目の2時間睡眠。

5日目。デリーを朝6時に出発。国内線でムンバイへ。半分砂漠みたいな40度近くのからっとした暑さのデリーとはうって変って、35度程度と温度はちょっと低いが思いっきり多湿なムンバイの街を丸一日歩きまわり、汗だくのまま夜行便でシンガポールへ。チェックインカウンターで小一時間並んだ末に手にした搭乗券に書いてある座席番号は、4人掛けの真ん中。両脇は小太りのインド人。機内食は要らないと言っているのにわざわざ起こされて水を渡される。

6日目の朝。シンガポールに着いて成田行きに乗り換え。またしても3人掛けの真ん中。一応端の席をよこせと食い下がってみるが、満席でそこしか空いてないとのこと。シンガポール航空は事前のネットチェックインをお勧めしています。そんな時間が事前にあればとっくにしてるよ。両隣が小柄なシンガポール人なのが不幸中の幸い。さぞかし汗臭い奴が隣に座ったと思っていることだろう。

機内で出張報告を書き終え、今週ちっとも更新する時間のなかったブログ用の駄文をしたためているうちに、PCのバッテリーが切れそうになってきた。やれやれ。続きは家に着いたら書こう。ひとまず、おやすみ。



先ほど無事帰宅。結局、途中の空港で買ったニック・ホーンビィの新作『Juliet, Naked』が面白くて、飛行機の中で寝るどころじゃなかった。まだ全部読み終えてないけど、次の週末に続きを読むのが待ち遠しいよ。

通販で注文しておいたCDも届いてたし、残り数時間の週末、のんびり過ごそう。明日からまた忙しくなるしね。では、今度こそ、おやすみ。


BGM: Landon Pigg 『Coffee Shop』


posted by . at 23:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。