2010年03月28日

雨の休日に

今日は友達に教えてもらったCD屋さんの話。

雨と休日という不思議な名前をもったそのお店、「穏やかな音楽ばかりを集めたセレクトCDショップ」というコンセプトのもと、“爽やかな朝に”とか“読書に音楽は要りますか”とか“大人も聴けるこども音楽”とか、そういうテーマでいろんな種類のCDを売っている。

キャロル・キングとかブライアン・イーノとかキース・ジャレットとかの誰でも名前を知っているようなのから、うちのブログに来てくださっている人なら大抵わかるだろうというイノセンス・ミッションとかキングス・オヴ・コンヴィニエンスとかもあれば、僕でもほとんど名前も聞いたことのないような人たちのまで。クラシックも沢山あるね。“みんなクラシックを聴きたがっている”というそのまんまのテーマもある。

いろんなアルバムから少しずつ、45秒ずつ試聴できるようになっているのがありがたい。きれいなジャケと解説をたよりにいろいろ試し聴きしてみるのが楽しいよ。中には僕にはちょっと甘すぎて受け付けないものもあるけど、気に入ったのは何度も聴いてしまう。

実店舗が西荻窪にあるそうで、なんでも雨の日に来店して何か買っていくと、次回5%割引してくれるんだそうだ。偶然だけど、実店舗のCDラックの写真、僕がちょっと前に書いたフリカ(flica)のCDが2枚写っているね。なんだか、友達の家に初めて遊びに行って自分と同じコレクションを見つけたみたいで、ちょっとうれしい。西荻窪か。うちからだとそんなに遠いわけじゃないから、今度行ってみようかな。わざわざ雨の日に足を運ぶのは億劫だけど。


3月が眠る.jpg 『3月が眠る』 Paniyolo

そこで買った一枚。パニヨロって読むのかな。高坂宗輝というギタリストのアクースティック・ソロ・アルバム。ギター以外の音もちょっとだけ入ってるけど。曲によっては、ちょっとペンギン・カフェ・オーケストラっぽくもある。

昨日暖かかったのに今日はまたうんと寒いなんていうのが交互に来たり、もう半分ぐらい桜が咲いているのに風が冷たくてコートの前を閉じないと歩けないとか、そういう春なんだか冬なんだかよくわからない今日この頃の気候をうまく表した音。あくまでもBGM以上のものではないんだけど、朝の通勤電車でウォークマンに入れたこれをつい聴いてしまったら、もののみごとに会社に行く気分が失せてしまったぐらいの威力はある(笑)

このアルバム、このお店での先行限定販売ということで、きれいなポストカードが2枚付いてきたよ(今はもうポストカードは終了したらしい)。4月からはSchole Recordsのショップでも販売されるらしいけど、どちらにしてもあまり簡単に入手できるというわけではない。さっきの雨と休日のサイトで6曲とも全部試聴できるから、気になる人はどうぞ。


春待ち.jpg 『rain and holidays vol.1 春待ち』

こちらももう在庫は切れてしまったようだけど、僕が買ったときにはまだこの一周年記念サンプラーCD-Rがおまけで付いてきた。『春待ち』というタイトルがしっくりくる、さっきの『3月が眠る』と同じ色合いを持ったアルバム。聴いてるとなんだかまどろんでくる。決して悪い意味じゃなくてね。こういうのもらってしまうと、気に入ったのをどんどん買いたくなってしまうんだよね。まあ、それが目的でこういうサンプラーを配っているんだろうけど。

こういう音楽の性質上、何枚ものCDをどんどん買い込んでいくというような感じじゃないけれど、なんだかついサイトを見てしまい、わりと頻繁にアップされる新譜をこまめにチェックしてしまうよ。こういう良質なお店は応援してあげたくなるね。やっぱり次の休日に雨が降ったら、出かけてみようかな。


posted by . at 16:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。