2010年02月13日

先にいってしまう人たちへ - The Durutti Column

2001-2009.JPG The Durutti Column 『2001-2009』

イアン・カーティス、マーティン・ハネット、トニー・ウィルソン。ファクトリー・レコードのいちばん最初の頃に一緒に大きなこころざしを持ってがんばっていた仲間たちがひとりずつ亡くなってしまい、ヴィニ・ライリーはきっとすごく寂しい思いをしているんだろう。特にここ数年は出すアルバムのすべてにトニー・ウィルソンへの鎮魂曲を入れているのを見ると、きっと彼とは一番仲がよかったんだろうね。

ドゥルッティ・コラムが01年から去年までにかけて出したアルバム5枚にボーナストラックを少しずつ付けて、つるつるした紙質のジャケットと一緒に、これもつるつるした箱に収納したセット。

解説もアルバム毎のクレジットも何もついてないそっけない作りだし、最近のアルバムをマメに買っていた人たちにとってはきっと痛し痒しな再発なんだろうけど、最近はこの人の新しいアルバムを買うのをさぼってしまっていた僕にとっては、すこし嬉しい箱。上にリンクしたアマゾンでも(5枚組としては)それほど高くないけど、行くところに行けばもっと安く手に入るし。

今日は朝からこれを順番に聴いているところ。順番はバラバラにだけどね。今かかってるのは『Idiot Savants』。これにも「Interleukin (For Anthony)」という曲が入っているね。この次に聴く予定の『Someone Else's Party』には「Requiem For My Mother」が入っているし。あれは確かヴィニ自身のお母さんが亡くなったときだったよな。


友達の大事な家族が先週亡くなってしまった。ずっと病気で臥せっておられたその人のことは、僕は友達を通じてしか知らなかったんだけど、今日は一日喪に服すつもりで、その友達も好きだと言っていたドゥルッティ・コラムを一日聴いて過ごそうと思った(ちょっと遅くなってしまったけど。それに、別にこんなことが服喪にあたるわけじゃないのはわかっているけれど)。


そういえば、その友達もいちばん好きだと言っていたドゥルッティ・コラムの最初のアルバムの2曲目が、こんなタイトルだったよね。アーティストとしてこの世に出てきたときからずっと、先にいってしまう人たちにむけた曲をたくさん作ってきた人だったね。

Requiem for a father.JPG

元気だしてくださいね。
posted by . at 16:10| Comment(3) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする