2010年02月06日

女友達 - Curly Giraffe

タマスの追っかけで会社をさぼったツケが来たわけではないけど、仕事が相当忙しくなってきた。ちょっと先の見通しがつかないほどテンパって来てるし、明日からはまたシンガポール出張が入ってしまったんだけど、このまま流されてしまうともう当分ここに書きに来られなくなってしまいそうなので、テンポを落とさないために、ちょっと軽めのを書いておこう。

Thank You For Being A Friend.jpg
Curly Giraffe 『Thank You For Being A Friend』

正月に親戚の家に行く途中で立ち寄った、とある地方のヴィレッジ・ヴァンガードで偶然見つけたこのアルバム。名前も知らないアーティスト(人?グループ?)だったけど、VV特有の派手な手書きのPOPに書いてあったCoccoの名前に惹かれて試聴、即買い。ちょっと高かったけど、自分へのお年玉のつもりで。キリン柄のステッカーももらえたし。

調べてみたら、カーリージラフって、日本人のベーシストだった。本名、高桑圭(たかくわきよし)。ロッテンハッツとかGREAT3にいた人。なるほど、うすぼんやりと記憶にあるな。で、このアルバムは、彼がこれまでアルバムに参加したりプロデュースしたりした女性アーティスト達が、カーリージラフ・バンドをバックに彼の過去曲を歌うという企画もの。

日本の女性ヴォーカルって自分の守備範囲から微妙に外れてる僕にとっては、お目当てのCocco以外は、全然知らない人と名前ぐらいは知ってる人がそれぞれ1:1ぐらい。自分でCDまで持っている唯一の例外は、Kumiの単独参加でなく、カーリージラフ・バンドに混じってNaokiがギターを弾いているLove Psychedelicoぐらい。

コロコロしたウィスパー・ヴォイスが心地よい新居昭乃。いつもびっくりしたような顔してる派手なお姉さん程度のイメージしか持ってなかったけど意外によくて見直した木村カエラ。北欧音楽好きなら名前ぐらい知らないはずはないけどCDは持ってないBonnie Pink。「自分達で作った歌です」と言われてもそうかと思ってしまうぐらい大ハマリのLove Psychedelico。そのあたりが今のところのお気に入り。それにしてもみんな、英語うまいなあ(全部英語詞)。

それにしてもCocco。全13曲のうち、ひとりだけ3曲受け持ち。僕のひいき目もあるんだろうけど、声にマジックのある人は違うね。リラックスした歌い方が、彼女の初期〜中期のアルバムに少しずつ入っていた軽めの英語詞の曲を思い起こさせる。いいな、やっぱり。

あと、このアルバムすごく音が気持ちいい。ベーシストらしく、きっちりとベースの音が自己主張してるんだけど、それが全体の音のバランスを壊すどころか、しゃきっと引き締めているのがセンスの良さを表している。ヘッドフォンで聴いていると、どの場所にどんな楽器が配置されてるのかが全部わかるみたい。アクースティック・ギターのキュッキュッっていうストリング・ノイズがいいね。

何枚か出ているアルバムのジャケットも全部かっこいいな。カーリージラフ、ちょっとずつ集めてみようかな。もうすぐ新作も出るんだね。あと、気になった新居昭乃。調べてみたら、アニソンとか歌ってる人なんだね。え?この人僕より年上だよ。それでこの声。すごいな。この人のもCD探してみようかな。なんかこういういいアルバム聴くと、すぐこうやって欲しいものが増えてしまうんだよね。困った。


posted by . at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。