2010年01月19日

Chris Garneau live in Tokyo

garneau_flyer.jpg


「8時には間に合わないと」

机の上に残った仕事はとりあえずなかったことにして、一路渋谷に向かった。今日行けるとは思ってなかったけど、やっぱり行っとかなくちゃ。下手するともう一生観る機会ないかもしれないし。

2年半前にタマス・ウェルズを観たのと同じ会場、渋谷O-nest。6階の受付にたどり着いたのは、開演時間8時の15分ほど前。なんとか間に合った。

Garneau at O-nest.jpg


5階の会場に降りていくと、なんだかがらんとしている。一番前でもテーブルのところでも、好きな場所に陣取れるよ。うわ、あまりチケット出てないとは聞いてたけど、大丈夫かな。とりあえず前回タマスを観たのと同じあたりで観よう。

8時を10分ぐらい回ったところで、前座のおおはた雄一が登場。夢の中で組み立てたみたいな不思議な形をしたギターを抱えて、優しい声で優しい歌を歌う人。曲ごとにカポをあっちにつけたりこっちにつけたり。スライドバーをはめてかなりヘヴィな演奏も披露したり。糸井重里と共作したという「キリン」という曲とか。そのときについでに作ってもらった歌詞を適当な曲にあてはめた「ロバ」という曲とか。ギター上手いなあ。なんだかんだで、結構気に入ったよ。前座をこんなにちゃんと身を入れて聴いたのも久し振りかも。

彼が退場し、後方に置いてあったキーボードを前に動かしたりしている人たちに混じって、今日の主役のクリス・ガノとチェリストのアナ・コールナー(Anna Callner)が出てきたのは9時ちょうどぐらいだったかな。おもむろに椅子に腰掛け、ホタルの光みたいなかぼそい声でひそひそと挨拶を始めたもんだから、後ろの方でそれが聴こえない観客はまだガヤガヤと喋ってる。

ライヴがもう始まってるんだと皆が気づいて一瞬しんとなって、弾き始めた1曲目は確か新作からの「Hands On The Radio」だったと思う。残念ながら、セットリストをきちんと覚えるほど彼の曲を把握しているわけじゃないので、今日は曲目も順番も全然当てにならないよ。

ファーストアルバム『Music For Tourists』と昨年出た新作『El Radio』からの曲をほぼ交互ぐらいに演奏してたように思う。3曲目が新曲だという「October, October, October…」と何度も繰り返した題名の曲だったな。

両脚をぴったりと揃えてキーボードの前に座り、ちょっとこの世のものでないような光を目に湛えて歌うクリス。おそらく僕よりも背が低いこの人は、今までずいぶん生き難い人生を送ってきたんだろうなと想像してしまう。

いや、背が低いからとかいうんじゃなくてね。なんて言うんだろう。美しい音色のピアノを弾きながら、震えるような悲しい声で歌う、それだけを目的として生まれてきた生き物、みたいな。この人、普段人並みの生活を送るなんてことができるんだろうか、なんて思える。肉食系とか草食系とか言うけど、あえて言うなら草食系にすら食べられてしまいそうな植物系というか。

タマス・ウェルズが、あの天使の歌声に反して地声がごく普通の低めの声なのに比べて、クリスの声は、ボソボソと曲間にしゃべるときですら、まるでタマスの歌声のようなか弱さ。と思えば、歌うときには決して声を高めることのないタマスとは逆に、クリスの歌声は時折りまるで悪魔かなにかが乗り移ったかのように激昂する。きっとこの人は、普段は何か薄い膜のようなものに包まれていて、歌を歌っているときにだけ本当の人生を送っているんじゃないか。

なんてことを考えながら。最近始めて耳にしたセカンドよりも個人的にはもう2年ぐらい聴いて耳に馴染んでいるファーストからの曲が多かったのが嬉しかった。大好きな「Baby's Romance」も、キュートな「Blue Suede Shoes」も演ってくれたし。

「あと2曲」と前置きして歌い始めたのが、エリオット・スミスのカバー「Between The Bars」。Liricoのブログに、つい最近の台湾でのこの曲のライヴ映像が載ってたね。目の前であの声で歌われるとやっぱり全然違うけど。

アンコールは2回。2回目に出てきたときに「もうこれが最後だからね。これ以上呼ばれるとビートルズの曲でも演るしかなくなるよ」なんて冗談言ってたね。ちょうど2年半前にこの場所でそれをやった人がいることを知ってて言ったのかな(笑)


2度目のアンコールが終わったのが、10時をちょっと回った頃だったかな。ちょうど1時間ぐらいか。でも、濃密だったよ。ほんとうに、無理して来てよかった。危うくこれを見逃すところだったかと思うと。東京在住じゃなくて観られなかった人、残念でした。今日来ようと思えば来られたのに、月曜だからとか最近来日ラッシュだからとかいう理由でスルーした人、とんでもなくもったいないことをしたよ。


終演後は6階に戻って、今日は来るつもりじゃなかったからサイン用のCDも何も持ってきてなかったからセカンドアルバムを買おうと思ったら、なんと中国プレスのファーストも売ってるよ。ボートラ3曲入りで、なんだか不思議な作りのケース。スリップケースに入ったボール紙の内側に蛇腹状の歌詞カード。当然これも買いでしょう。2枚まとめて大人買い。つい2日前のコメント欄で「しばらくCDは買わないことにした」なんて書いてたのはどこの誰なのか。

Chinese Music For Tourists.JPG


あ、このボートラの曲(「Blackout」)、さっきアンコールで演った曲だね、きっと。何年か前にニューヨークが2日間停電になったときの曲とか言ってたから。

サイン会が始まったので、列に並んでクリスとアナのサインをもらう。しゃべってみたら、あれ?全然普通の気のいいお兄ちゃんだね。さっきの何かが乗り移ったみたいな雰囲気はどこへやら。でも、サインの字はやっぱりひそひそとかぼそいね。アナの方がよっぽど豪快なサインだよ。ハートマークの中にスマイル描いてくれるし、チェロの絵も描いてくれるし、サービス精神旺盛。

「もう明日NYに帰るの?」と訊いたら、アナのいとこが長野に住んでいるとかで、あと一週間日本に滞在するとのこと。さっきライヴの途中に寒い季節が好きだと言ってたクリス、寒い日本を満喫して帰ってね。

Signed Tourists and Radio.JPG



posted by . at 01:52| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。