2009年12月08日

愛情の国の安CD

かれこれ10年以上も前、20世紀の話になるけど、以前インドネシアに住んでいたことがあってね。前回の記事でNZに郷愁を感じるなんて書いた舌の根も乾かぬうちにだけど、やっぱり自分が初めて住んだ外国ということで、インドネシアという国には何か特別なものを感じてしまうよ。

今回の出張、実はあれからまだずっと日本を離れっぱなしで、週末からこの月曜にかけて、実に10年振りにインドネシアに来ている。

出張だからもちろん仕事がメインなんだけど、懐かしい友達と会ったり、会社の裏手の屋台でローカルめしを食べたり、以前とは全然変わってしまった街並みを車窓からぼーっと眺めてみたり、ずいぶん楽しい時間を過ごしてるよ。

楽しい時間といえばもちろん、CD屋巡り。巡りというほど沢山の店を廻る時間があったわけじゃないけど、日曜の夜に友達と食事に行く前にかつての行きつけのCD屋で待ち合わせ。ジャカルタでは一番充実した品揃えの2階建てのその店の1階がいまだにカセットテープのコーナーなことにちょっと驚きつつ。

今回の収穫。

Duta Suara.jpg

全部で何枚?12枚か。このうち2枚はその友達が買って僕にくれたものなんだけど、それ以外の10枚で、なんと総額68万ルピア。日本円にして6500円弱。一枚あたり650円。

真ん中にあるノラ・ジョーンズだけは輸入盤なんで17万ルピア(1600円)と、日本で買う普通の輸入盤並みの値段だったので、その他の現地プレス盤がどれだけ安いかはわかるだろう。

出たばかりの新譜3枚、前から買おうと思って買いそびれてたやつ2枚、インドネシアものの定番(?)2枚、インドネシア人の友達のお勧め2枚、音も名前も知らない完璧ジャケ買い3枚。出発前に最後に残ったルピア札を使いきろうと思って、1000円で3枚も買えるところが嬉しい。

先週シンガポールで安いと思って買い込んだものが、その七掛けぐらいになって出ててショックを受けたりも。ここの方が安いって知ってるのに、なんでシンガポールであんなに買ってしまったんだろう(答え:CD屋に行ったら後先考えずに買ってしまうからです)。

この値段でオリジナル盤が買えるのは、世界でも珍しいんじゃないだろうか。もちろん、ジャカルタ市内でも行くところに行けば、コピー盤がこの何分の一かの値段で売ってるんだけど、僕はコピー盤は買わないことにしているんで。

このブログを読んでるような人でインドネシアに行く機会があるなら、是非地元のCD屋を覗いてみればいいよ。いわゆる洋楽ものも安いし(すごく安いのは現地プレスができるぐらいのメジャーなアルバムばかりだけど)、現地のバンドのはもっと安い。ガムランとかクロンチョンとかの伝統音楽のもあるし、音楽文化の層の厚い国だと実感すると思うよ。


この10年間ほとんど使っていなかったインドネシア語が、こっちの人と話し始めた途端にスラスラと出てきて、仕事の話すらほとんどインドネシア語でできたことに自分でもびっくり。

そんな感じで友達とも楽しい時間を沢山過ごし、今はもうジャカルタには住んでいない友達とも電話でたっぷり話したりして、ちょっとセンチメンタルな気分になってるところ。ここの人って、ほんとに情が厚いというか、いい意味ですごくウェットなんだよね。

インドネシア語で「ありがとう」という意味の「Terima Kasih」を言葉通りに直訳すると、「私はあなたの愛情を受け取りました」という意味になるというのは、この国の人たちの人柄をよく表していると思う。愛情を受け渡しながら暮らしているといえばいいか。


そんな楽しい3日間を終えて、今晩(もう昨日と言った方がいいのかな)ドバイに向けて出発する。

…はずだったのに、なんとドバイ行きのフライトが5時間遅れ。このまま空港で夜明かしかよ。明日の会議の時間がフレキシブルで助かったよ。こんなところもインドネシアならではだね。やれやれ。

それにしても、ベンチもろくにないこの空港で、朝まで何も食わずにいるのかと途方に暮れ、空港ラウンジでエコノミークラスのくせに駄目もとで適当なカードを見せてなんとか頼み込んだら、「朝まで大変でしょうから、中で寝ててください」と入れてくれた。こんなところもインドネシアならではだよ。大好き、この国。
posted by . at 03:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする