2009年11月29日

NZだって - Bruno Merz

Through The Darkness Into Day.jpg Bruno Merz 『Through Darkness Into Day』

早いもので、僕がニュージーランドから戻ってきて今週で丸二年が経った。いくつか渡り歩いた国の最後だったせいか、今でもあの国にはなんだかすごく郷愁を感じてしまう。

しばらく前に渋谷のHMVで、試聴機のところに飾ってあったこの印象的なジャケットのCDに惹かれ、音を聴いて気に入ったので買ってみたら、NZのSSWだった。僕が向こうにいた頃には名前も聞いたことなかったけど、ヨーロッパを転々とした後で今はイギリス在住中ということなので、もしかしたら僕が居た頃にはもうNZにはいなかったのかもしれない。

出張先なので手元にCDがなくて細かいクレジットがわからないんだけど、基本的にはアコースティック・ギターの弾き語り。ピアノやドラムや各種の弦楽器の音も聞こえるし、男女のコーラスも入っているから、それなりに音は厚いはず。

なんだけど、聴いた印象はとても爽やか。綺麗なメロディーと優しい声。沢山の楽器がむやみに主張しあわずオーガニックに絡み合う気持ちいい音。NZの自然やら何やらと結び付けたくなる人はいるだろうけど、少なくとも僕の知ってる限り、こんな音を出すNZのミュージシャンはいなかった(ミャンマー在住の某オーストラリアのSSWを引き合いに出したい気持ちはちょっと封印して)。

もともとこのアルバムは、ネット配信のみでリリースされていたもので、それに今年自主制作でリリースされた5曲入りEP『Departing From Crowds』から全曲を加え、そのEPのジャケを使って日本のみで発売されたもの。そのEPはもうあちこちのサイトでは品切れになっているから、日本以外で今この人の音を聴きたければ、やっぱりネット配信に頼らざるを得なくなっている模様。

最後に収録されたEPの5曲のうち3曲はアルバムの曲の再録音なんだけど、アレンジがよりこなれていて、メジャーから出てもおかしくないような貫禄を漂わせている(でもやっぱり爽やか)。バンジョーとペダル・スティールがちょっとカントリーっぽい「Nine Sixteen (New Version)」が今のところの僕の一番のお気に入りかな。

こんなに素敵なCDをお買い得感たっぷりの仕様で出してくれる日本のCD会社(Flake Recordsさん)も、それをちゃんとプッシュして試聴機に入れて皆に聴かせてくれるHMVのようなCD屋も、僕のような音楽ファンにとっては本当に有難い存在。

ジャケットの女の子がいる場所。ブックレットに使われたいくつかの写真。やっぱりNZの風景なのかな。ああいう場所に戻りたくなる音。きっと夏真っ盛りだろう今の時期じゃなくて、短い夏があっという間に過ぎ去って、半袖だと少し肌寒いかなと感じ始めるぐらいの頃に。

マイスペ


posted by . at 23:08| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。