2009年11月22日

安定感 - Spitz

Sazanami OTR Custom.jpg
Spitz 『Jamboree Tour 2009 "Sazanami OTR Custom"』


01年と03年のライヴDVDがすごくよかったので、日本に帰ったらコンサートに行こうとずっと思っていたのに、いまだに機会のないスピッツ。去年から今年にかけてのツアーの映像がDVDになったので、早速買った。初回限定盤でDVDが2枚、CDが2枚と写真集がちょっと豪華めのケースに入っている。限定盤じゃないのは本編のDVD一枚だけなんだね。

本編DVDが、ツアー終盤になる今年1月のさいたまスーパーアリーナ公演を(おそらく)フル収録。ボーナスDVDに郡山と神奈川でのライヴを10曲。2枚組のCDは、本編DVDがまるごと入った23曲入りライヴアルバム。全部通して観て聴くと、4時間以上もかかる大作。

本編DVD。ツアータイトルどおり、07年のアルバム『さざなみCD』からの「ルキンフォー」でスタート。過去のアルバムから満遍なく1〜2曲ずつ織り交ぜながら、全13曲入りのそのアルバムからは10曲を演奏。

過去曲は、古くは91年の『名前をつけてやる』収録の「恋のうた」から、02年の『三日月ロック』収録の「けもの道」、「夜を駆ける」までバラエティに富んだ選曲。

最近のライヴDVDらしく、画質も音質もいいんだけど、どうもカット割がせわしいのと、手持ちのカメラで撮ってると思しき安定しない画像が多くて、落ち着かない。意図的でないピントの外れた瞬間が頻繁に出てくる編集にも疑問。1時間40分続けて観ているとちょっと疲れてしまう。

もちろん、ライヴの内容自体は文句なし。草野の書く曲って結構どれもこれも似通ってるとも言えるんだけど、それが何故かワンパターンに陥らず、20年近くのスパンで作られた曲達がこれだけ一貫したクオリティを保っていることに驚く。

演奏も上手いよね、この人たち。ベースの田村なんてあれだけ走り回りながら、ジョン・エントウィッスルばりの高音高速フレーズ弾くし。三輪はもちろん、草野が時折り入れるちょっとしたギターソロも実にセンスいい。それから、崎山のドラムの安定感。さっき書いた、新旧の曲達の(少なくとも演奏面での)一貫したクオリティは彼のこのドラムに負っているところが大きいと思う。

サポートのキーボーディストは、前回のライヴDVDからずっと(ということは00年のツアーからずっと)同じくクジヒロコ。サポートなのであまり映らないけど、いいところでコーラス入れたり、最後の「漣」ではフルート吹いたりと、結構要所要所を締めている。

本編DVDの方は、最後の曲の前にちょっとだけ挨拶する以外は全くMCなしで曲をつないでいた(さっき編集に文句つけたけど、これだけは高く評価する)のに対し、ボーナスDVDの方はどちらかというとMCを聞かせるために編集されたような作り。10曲の合間合間にけっこう長めのMCが7回も入っている。

この人たち(というか、主に草野と三輪)ステージで結構喋るんだね、しかもなんだか妙にとぼけた味のある話ばかり。草野の書くヘンテコな歌詞を思えば、こういう思考回路を持った人だということには納得いくけど。

10曲は、『さざなみCD』から本編に落ちた残り3曲と、古くは93年の『Crispy!』からの「君が思い出になる前に」から、05年の『スーベニア』から「みそか」、「春の歌」まで(ちなみに本編の方には『スーベニア』からは一曲も選ばれていない。僕結構好きなアルバムなのにな)。それから、最近(といってももう去年)のシングル「若葉」も。

ボーナスDVDの方も1時間10分ある。こういうライヴもののDVDって、大抵それぐらいの長時間ものが多いから、なかなか観る時間取れないんだよね。買ったままでまだ観ていないDVDが他にもうちに沢山ある話はこのブログに何度も書いているとおり。

その点、CDならこうしてパソコンしながら聴いたり、ウォークマンに落として電車の中で聴いたりできるから、やっぱり僕はどうしてもそっちに興味を持ってしまうよ。今回のこのセットも、僕はどちらかというとライヴCD目当てで買ったと言っても過言ではないほど。

これまでライヴDVDはさっき冒頭に書いた2種(01年の『ジャンボリー・デラックス Live Chronicle 1991-2000』と03年の『放浪隼純情双六 LIVE 2000-2003』)が出ているけど、ライヴCDは何故か一度もリリースしてこなかったスピッツの、いわばこれが最初のライヴアルバムということになる。

内容はさっき書いたとおり、新旧織り交ぜた磐石の選曲。過去の2種のライヴDVDには必ず入っていた「ヒバリのこころ」がないのが残念だけど、「夜を駆ける」とか「8823」とか比較的新しめの隠れた名曲が収録されているのが嬉しい。

本編DVDをそのまま収録と言いながら、そちらではカットされていた曲間MCが、実はCDでは何度か出てくる。レストランで注文を忘れられる話とか、アボカドの話とか、そこはかとなくおかしい話。

半年前のこの記事で取り上げたニック・ロウのCDは、おまけとして付いていたDVDが僕にとってはメインになったと書いたけど、この豪華なパッケージのセットは僕にとってはその逆のパターン。やっと出たスピッツのライヴアルバムに、同内容のDVDが付いたものと思っている(だからこの記事のカテゴリもビデオでなくアルバムにした)。

全部で3時間近くもテレビの前に座ってなくちゃいけないこのDVDを次に観るのはいつのことになるかわからないけど、この素敵なライヴアルバムはもう通しで10回以上聴いたし、これからもこっちを聴き続けることになるだろう。

この手のメジャーなアーティストの“初回限定盤”がどれぐらい長く流通しているのか知らないけど(実際、限定生産だった『放浪隼純情双六』はもう入手困難だと聞くし)、僕と同じく“スピッツ初のライヴアルバム”を待っていた人は、多少値が張るけど、なくならないうちに早いとここれを買っておいた方がいいと思うよ(ちなみに、アマゾンさんの価格設定、結構良心的)。


p.s. この記事を書いていたら、シーサーの新着スキンにこのDVD発売記念のデザインがあるのに気づいた。せっかくだから、これまで一度も変えたことのないこのブログのスキン、期間限定で変えてみようかな。


ビデオもあったので貼ろう。




posted by . at 22:32| Comment(9) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。