2009年10月24日

羊水の中 - The Steadfast Shepherd

The Steadfast Shepherd LP.jpg 『The Steadfast Shepherd』

羊水の中の記憶なんてものが残っているわけはないけど、きっとこんな感触だったんじゃないかと思う。地に足が着いてないどころか、体のどの部分もどこにも接していなくて、やわらかく浮かんでいるような。自分の周囲が暖かいのか冷たいのかよくわからない、その境界にいる感じ。聴いていて、意味もなく楽しくもなれるし、悲しい気持ちもなれる音。

一年前に出たデビューEPは、6曲入りにしてはちょっと複雑な構成でありながらも、音それ自体はとてもシンプルなものだった。基本的にはアコースティック・ギターと声だけ。それにほんのりと色を添えるように重ねられた、ハーモニカやタンバリンの音。

あれからちょうど丸一年後となる今年7月にひっそりとリリースされた、ステッドファスト・シェパードのこのファースト・アルバムは、音的にはほんの少し華やかになった。

ネイサンとフェアリーのコリンズ夫妻が基本となる楽器(ギター、ピアノ、オルガン、フルート、パーカッション)を演奏しているのに加え、ブロークン・フライト(Broken Flight)のピーター・ボイドとランス・ヴァン・マーネンがそれぞれギターとチェロで参加(クリスはどうしたのかな)。

数曲に入っているドラムスのジェイコブ・ピアーズとベースのドメニク・スタントンは、去年のタマス・ウェルズのライヴの後に紹介してもらったビコーズ・オヴ・ゴースツ(Because Of Ghosts)のメンバーだ。ヴァイオリンのマーク・ダヴだけが、僕にとっては初めて名前を聞くメンバーだけど、ここに名前を列挙した人たち同様、メルボルン・コネクションの一員なんだろうね。

昨年のEPのジャケットも綺麗だったけど、今回のはそれに更に磨きがかかったもの。前作のようにメンバーが自分達で張り合わせたかのような厚紙のゲイトフォールド風でなく、手触りのよい紙質のゲイトフォールドジャケットに、上に写真を載せた細かなエッチングが両面に印刷され、更にその表面には透明な素材でグループ名が印刷されている(これは手にとって光に当ててみないとわからない)。

タマス・ウェルズの前座で観た去年のライヴでもそうだったように、そっと目の前に現れては、ぶっきらぼうにギターを弾き始めるところが目に見えるような1曲目「The Other Side Of The River」。2分にも満たない簡素な曲だけど、ゆっくりと奏でられるピアノの音がポロンポロンと重ねられるのを聴くと、まるで道端に隠れるようにして咲いている名もない白い小さな花にふと気づいたときのような気持ちになる。

その去年のライヴで、東京公演でも鎌倉公演でも必ずラストに演奏されていた「Golden Point」が2曲目。その他にも去年のライヴで演奏されていた曲がいくつか収録されているが、どれもあの時よりも格段に練られ、洗練された感がある。

なかでも、さっきリンクした去年の記事に「確か両日ともに三曲目で演奏された、ハーモニカを吹き、タンバリンを足で踏みながら歌った曲を僕は結構気に入った」と書いた5曲目「The Eyes Don't Lie」がやはりとてもいい。ハーモニカの代わりに使われて曲を象徴することになった楽器はスライドギター。タンバリンの音はあのときよりもずっと控えめになり、そこにかぶさってくるチェロとヴァイオリン、そして1曲目同様に、眼前に白い花が一つずつポツポツと咲いていくのが見えるようなピアノの音。

前作もこのアルバムも、ほとんどの曲でリード・ヴォーカルをとっているのはネイサン。フェアリーはほんの数曲でしかメインでは歌っていないが、全曲でネイサンの声に寄り添うようにハーモニーを聞かせている。その二人の声の交わり具合が、今回更に絶妙なように思える。次にまたステッドファスト・シェパードのライヴを観る機会があれば、そのときはネイサンのソロでなく、この二人のユニットとして観てみたいな。

前作同様、ランド&シー(Land&Sea)というインディペンデントからのリリース。前作は上のジャケ写の横にリンクを貼った彼らのサイトから直接買うしか方法はなかったが、今回は結構あちこちにディストリビューションされているようだ。iTunesにもあるし、僕がNZで行きつけにしていたJBハイファイにも置いてあるようだし、きっとこのブログに来られる何人かの方にはお馴染みのはずのCDBabyでも買えるようになったみたい(ちなみに、関係ない話だけど、僕がNZにいた頃に偶然旅行で一緒になって仲良くなったアメリカ人が、後でCDBabyの社長だったと知ったときはびっくりした)。

僕は発売日に彼らのサイトに直接オーダーしたから(その当時はまだCDBabyにはなかったはず)、CDと一緒に綺麗なデザインのバッヂが送られてきた。今はもうそのことは書いてないから、もしかしたらもうそのキャンペーンは終了したのかもしれないけど、勇気のある欲張りな人は「バッヂもらえるってyasに聞いたんだけど」って書いてみると何かもらえるかもしれない(僕は保証しませんけどね)。

それにしても、最初にざっと流して聴いたときには「なんだか地味なアルバム」と思ってしまったこれが、3ヶ月も経ってここまで自分の中で伸びてくるとは思わなかった。タマス・ウェルズを筆頭に、ブロークン・フライトといい、このステッドファスト・シェパードといい、この独特の雰囲気を携えたアーティストたちを何人も生み出しているメルボルンって、どんなところなんだろう。一度行ってみたいな。タマスもネイサンももうそこにはいないけど。
posted by . at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

yascd013 レゲエとスカと

このブログでレゲエのアーティストを取り上げたのって、今からちょうど一年前になるUB40のときぐらいか。でも、実は僕は結構昔からレゲエを聴いていて、調べてみたら一番最初にレゲエのレコードを買ったのは1981年の6月だったから、過去30年近くの間少しずつ集めてきたそれなりの数のLPやCDが、まあうちにあることはある。

そんな中から、いくつかレゲエやスカやダブのお気に入り曲を集めてみた、半年振りのyascd。普通にレゲエをメインに聴いている人からみたら、えらく片寄った選曲に思えるだろうというのはわかるけど、例によって僕仕様のミックスということで。


1.イナー・サークル(Inner Circle)
Book Of Rules
『Da Bomb』

Da Bomb.jpg

のっけから、さっきのUB40の記事で半ば否定的な書き方をした“お洒落でリゾートな”レゲエチューンを。名前は知ってたけど実はあまりよく知らないグループ。ベストアルバムが沢山出てるね。どういう経緯で僕がこのCDを買ったのかはあまりよく憶えていないけど、きっとこういう気持ちいい南国の音が聴きたかったんだろう。


2.ジョン・ホルト(John Holt)
For The Love Of You
『Darker Than Blue: Soul From Jamdown 1973-1980』

Darker Than Blue.jpg

この秀逸なジャケに惹かれて手にしたこのコンピレーションCD、ソウルやR&Bの曲をジャマイカのアーティストがカバーしたというものだ。凄い有名アーティストや超名曲というのが入っているわけではないけれど、コンセプトのしっかりしたいいアルバム。このジョン・ホルトという人は僕は元々名前しか知らなかったけど、アイズリー・ブラザーズがオリジナルとなるこの曲を名演。


3.マイクル・ローズ(Michael Rose)
The Lonesome Death Of Hattie Carroll
『Is It Rolling Bob? A Reggae Tribute To Bob Dylan』

Is It Rolling Bob.jpg

一方こちらは、ボブ・ディランの曲ばかりをレゲエのアーティストがカバーしたというコンピレーション。一番最後にはボブ自身の演奏も入っている。彼の曲って、本人がメロディ無視で変な声で歌うもんだからよくわからないことが多いけど、こうして上手な人にカバーされると(例えそれがレゲエのアレンジであれ)本当にいい曲だというのがよくわかる。後で出てくるボーカル・グループ、ブラック・ウフルの元リード・ボーカリストのソロ録音。


4.ボリス・ガーディナー(Boris Gardiner)
I Want To Wake Up With You
『Love's Lane』

Lover's Lane.jpg

確か高校のときだったか、それまで弟と共有していた二段ベッドでなく、自分の部屋にタオルケットをひいて寝ていた夏に、ラジオでエアチェックしたこの曲で毎朝起きていたのを思い出す。生まれて初めてのイギリス旅行で、探していたその曲のシングル盤を見つけたのも、その後シンガポールで今はもう廃盤になっているこのジャケ写のアルバム(カセット)を買ったことも全部懐かしい、僕にとって思い出の曲。


5.ガーランド・ジェフリーズ(Garland Jeffreys)
Loneliness
『Guts For Love』

Guts For Love.jpg

このブログには何度か登場している、僕の大好きなアーティストの一人。これは一般的には評価が低いかもしれないけど(「ガーランド・ジェフリーズの一般的な評価」なんてものが存在するとして)、僕にとってはとても思い出深いアルバム。もっとゴツゴツしたビターなレゲエ曲も演る人だけど、ここにはこのとびっきりスイートなやつを入れよう。ほれぼれする歌声。


6.マトゥンビ(Matumbi)
Bluebeat & Ska
『Empire Road』

Empire Road.jpg

さっき81年頃にレゲエを聴き始めたと書いたけど、当時の僕が好んで聴いていたパンク/ニューウェーヴとレゲエとの間には、今では想像もできないほどの親密性があった。そして、その二種類の音楽の挟間を行き来しているうちに何度も名前を見かける人物の一人が、このバンドの中心人物である、デニス・ボーヴェルだった。マトゥンビ〜ソロを通じて、本当はもっとダブ寄りの音を作る人だけど、ここにはこのタイトルどおりのブルービート&スカを。


7.グレゴリー・アイザックス(Gregory Isaacs)
Puff The Magic Dragon
『Reggae For Kids』

Reggae For Kids.jpg

グレゴリーのアルバムは何枚か持っていて、オリジナル曲を入れたい誘惑もあったんだけど、ここにはこの子供向けレゲエコンピから。このCDを買ったのは、ニック・ホーンビィの優れた音楽評論短編集「31 Songs(邦題:ソングブック)」の中でも殊更心を動かされる、彼の息子ダニーについての章を読んだからだ。買ってよかったと思ったCDだったけれど、この本ほどではなかった。「About A Boy」以上「High Fidelity」未満という、僕の中では最上級に属する褒め言葉を贈りたい(なんでいつの間にか本の話になってるんだか)。


8.ブラック・ウフル(Black Uhuru)
Plastic Smile
『Black Uhuru』

Black Uhuru.jpg

3のマイクル・ローズが在籍したグループの79年盤から。彼らの82年のライヴ盤『Tear It Up』はあの当時聴いたレゲエアルバムの中でも最も強烈な印象を残すものの一つだった。曲後半のダブ展開は、当時のレゲエ界最強のリズム・コンビ:スライ・ダンバーとロビー・シェークスピアによるもの。ぶっきらぼうなエンディングもクール。


9.ランキン・タクシー(Rankin' Taxi)
放射能エライ[危ういでVersion]
『Watating』

Watating.jpg

ここでちょっと異色なのを。僕の96年のアルバムベスト5に入るこのランキン・タクシーの名盤から。さすがに13年前の時事ネタは今聞くとちょっと辛いところもあるけど、この言葉の魔術は絶品。この曲自体は彼の過去の作品の焼き直しだから、きっと今でも同じ曲に新しいネタを乗せて歌い続けていることだろう。アフィリエイトしようと思ったら、これ廃盤なんだね。代わりにオリジナル「誰にも見えない、臭いもない」収録のベスト盤を貼っておこう。


10.UB40
I Think It's Going To Rain Today
『Signing Off』

Signing Off.jpg

さっき書いた一年前の記事でこのブログに初登場したバンド。僕がこのグループについてどう思ってるかはその記事を参照してもらえばいい。このファーストをリアルタイムで聴いたときには僕はそうとは知らなかったけど、これはランディ・ニューマンの曲。そういえば、003に本人が登場して以来、008のサニー・ランドレスによるカバー、009のアーロン・ネヴィルによるカバーと、yascdにはこの人の曲がやたらと出てくるね。


11.スクリッティ・ポリッティ・フィーチャリング・シャバ・ランクス(Scritti Politti featuring Shabba Ranks)
She's A Woman

She's A Woman.jpg

こちらも僕のブログにはもう何度も登場している、スクリッティ・ポリッティ。これは91年(アルバムでいうと『Provision』後)にレゲエ歌手のシャバ・ランクスと共演したシングル。アフィリエイトしようとしたけど、このシングルが廃盤なのはもちろん、どのアルバムにも入ってないね。相変わらずのグリーン声とシャバのギトギトな声のコンビネーションが、アイスクリームのテンプラみたいに妙に合う。おまけになんといっても素材がビートルズだからね。


12.ボブ・マーリー(Bob Marley)
One Cup Of Coffee
『Songs Of Freedom』

Songs Of Freedom.jpg

ボブ・マーリーを入れないわけにはいかないだろう。でもどれを?ということで、この1962年のボブ17歳のときの録音を。これは、92年に出た4枚組限定ボックスから。だったのに、リンク先にあるように最近は普通のCDケースサイズになって限定解除で再発。ビートルズの音源はあんなに厳重に管理されて、リマスター再発が一大事件になるほどなのに、音楽界にとって同じぐらい大切なボブ・マーリーの音源がデタラメに扱われていることにいつも憤りを感じる。劣悪な音のライヴ音源なんて出さないでほしい。でもこういうきちんとした編集盤は大歓迎。同ボックス収録の、死の間際の「Redemption Song」の弾き語りライヴは必聴。


13.ニック・ロウ(Nick Lowe)
Cool Reaction
『The Abominable Showman』

The Abominable Showman.jpg

さてここからしばらくは、イギリスの所謂レゲエアーティストじゃないのが続くよ。まずは、来日を間近に控えた彼から。83年のこれは彼の数多いアルバムの中でも必ずしも一般的評価が高いものではないが(「ニック・ロウの一般的な評価」なんてものが存在するとして)、僕はとても好きな一枚。この端正なレゲエ・マナーのベースを弾いているのがニック自身なのかジェームズ・エラーなのかはわからないけど、コンパクトながら一度は生で聴いてみたい逸品(絶対に無理だろうけど)。


14.マッドネス(Madness)
Grey Day
『The Heavy Heavy Hits』

The Heavy Heavy Hits.jpg

80年代初期のスカ・リバイバル/2トーンブームに乗って出てきた彼らだけど、その後スカとかに関係なく、本当にいいバンドになったと思う。なんて偉そうなこと言っておきながら、僕もずっと追っかけてきたわけではないんだけどね。最近でも地道に活動している彼らの、これは81年作。今月ファースト『One Step Beyond』の30周年記念2枚組が出るみたいだね。ちゃんと買いなおそうかな。


15.プラネッツ(The Planets)
Let Me Fall
『Spot』

Spot.jpg

ちゃんと説明するとこの記事一話分ぐらいになるから省略するけど、デフ・スクールが解散して、中心人物の一人は80年代中期に売れっ子プロデューサーとして活躍、もう一人が結成したのがこのプラネッツ。2枚のいいアルバムを作ったものの、レゲエを取り入れたニュー・ウェーヴ・サウンドのせいで小型ポリースみたいな不当な扱いを受け、あえなく消滅。スティーヴ・リンゼイって今どうしてるんだろう。このジャケはその2枚を2in1化したCD。もう廃盤みたいだけどね。残念。


16.ビート(The Beat)
Twist & Crawl
『B.P.M.』

B.P.M..jpg

こちらは2トーン組。実力はありながら、なんかいつも脇役扱いされてたような気がするけど(僕の中だけだろうか)、この人たちも今聴いてもいいバンドだったなと思う。僕はオリジナル・アルバムは一枚も持ってないけど、ベスト盤を二種類も持っている(うち一種は二枚組)。これは、後半にダブ・パートが付いたロング・ヴァージョン。


17.スペシャルズ(The Specials)
Little Bitch
『Specials』

Specials.jpg

2トーンを代表する彼らの曲で、このスカ・リバイバルコーナーを締めよう(いつの間にかコーナーになった)。エルヴィス・コステロがプロデュースした、ジャケも最高に格好いいこの名作デビュー・アルバムから。さっきパンク/ニューウェーヴとレゲエがどうのこうのと書いたけど、その融合が一番わかりやすく、最適な形で完成したのがこのアルバム。


18.リントン・クゥエシ・ジョンソン(Linton Kwesi Johnson)
Want Fi Go Rave
『Forces Of Victory』

Forces Of Victory.jpg

冒頭に書いた、81年の6月に買ったレゲエのレコードとは、リントン・クゥエシ・ジョンソンの曲をデニス・ボーヴェルが処理した『LKJ In Dub』というアルバムだった。我ながら、どこからレゲエに入ってるんだかという感じだが。今でも、うちのCDラックのレゲエ関連コーナーに、ボブ・マーリーに次いで沢山あるのがこの人のアルバム。ロンドン在住のダブ・ポエット。何言ってるのかほとんどわからないのが難点だけど(恥)、デニス・ボーヴェル作の音も含めてすごくかっこいいよ。


19.リトル・テンポ(Little Tempo)
Ron Riddim
『Ron Riddim』

Ron Riddim.jpg

一方こちらは、日本を代表するダブ・バンドのファースト・アルバムから。こんな歌も入っていない長尺の曲なのに、最初の一音から最後まで緊張感が全く途切れない、この上なくクールな音。かなり頻繁なCDのリリース・ペースについていけなくなって、僕は最初の数枚しか持っていないけど、どれを聴いても気持ちいい。


20.マイティ・ダイアモンズ(Mighty Diamonds)
Be Aware
『Deeper Roots』

Deepr Roots.jpg

最後にジャマイカに戻ろう。さっきまでの冷ややかなトーンから一転、まるで冬のトンネルを抜けたかのようなこの暖かい音とボーカルが心地良い。3分にも満たない小品だけど、こういう秀逸なボーカル・グループの曲はいつ聴いても心が和むね。


いつも書いてる種類の音楽に比べて僕の中での情報量が圧倒的に少ないジャンルなので、もっと短く簡単に書けるかと思ってたんだけど、やっぱり20曲それぞれについて何か書こうとすると、それなりの分量になってしまうね。これから徐々に寒くなっていく季節に、これ聴いてちょっとでも暖かい気持ちになれればいいな。
posted by . at 22:26| Comment(18) | TrackBack(1) | yascd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

また出た - Mark Kozelek

Lost Verses Live.jpg Mark Kozelek 『Lost Verses Live』

去年の4月に『April』、年末に『Finally LP』と、かなりのハイペースでアルバムをリリースしているマーク・コズレック。彼は実はその上にさらに何枚ものライヴアルバムも出している。

『April』とほぼ同時期に出た彼の詩集に付属していた『Nights LP』(*1)。『April』のすぐ後に出た1500枚限定の『7 Songs Belfast』(*2)。今年の4月に出たサイト限定のフリーCD『Find Me, Ruben Olivares - Live In Spain』。そして、5月には今日取り上げる最新ライヴ盤『Lost Verses Live』。

 *1:これは純粋なライヴ盤でなく、ライヴ録音やデモバージョンを集めたもの。
 *2:もたもたしていて買う機会を逸してしまった僕に、親切な上に同じCDを何枚も買うことで有名なマサさんが譲ってくださった。マサさん、ありがとうございました。

それら以前にも、06年の暮れに出た『White Christmas Live』と『Little Drummer Boy Live』という、クリスマスというテーマで対になった2種類のライヴアルバム(実際その二つは限定盤LPでは4枚組の一つのアルバムとして出た)があったから、今現在彼のサイトに載っているだけで6種類のライヴ盤が出ていることになる。

いくらレッド・ハウス・ペインターズ時代から20年近くに亘るキャリアを誇る彼とはいえ、これだけの短い期間にそれだけの数のライヴ盤を出せば、当然内容は似通ってくる。そんなに演奏スタイルに幅のある人でもないしね。

今回のアルバムも、数曲を除いてほぼ全部、以前のどれかのライヴ盤に収録されていた曲ばかり。だから、3月に彼のサイトを観ていて、フリーCDの『Find Me〜』に続いてこのアルバムが出ることを知ったときの僕の正直な感想は、この記事のタイトルと同じようなものだった。

そのうち、6月にはカラービニールの限定LPが出ることも同じサイトで案内されたが、そのニュース自体は6月を過ぎても更新されることはなかった(ちなみに、今でも同じ文句が書いてある)。

9月になり、サイトのトップページを見て「まだ出ないな」と思いながら何の気なしにショップのページに移ってみたら、そこには既に売り出し中のアイコンが。黒ビニールと白ビニールの2種。限定100枚ずつ。おまけに、LPにはCD未収録の「I Am A Rock」と「Last Tide / Floating」を収録とのこと。

White Vinyl.JPG

というわけで、今僕の目の前には、この白盤があるというわけ。「また出るのか」とか思ってた気持ちも、限定の二文字には簡単に折れる。ちなみに、僕が買った数日後に同じサイトを見てみたら、白盤は売り切れていたけど、今日見たらまた再入荷したようだ。いずれにせよ、過去の例からみても、今回のがなくなったらもう入手困難になるのは明らか。

2枚組アナログ盤の各面に4曲ずつ、全16曲のうち8曲が『April』から。そのアルバムは11曲入りだったから、ほとんど全部を演奏していることになるね。逆に言うと、今回のライヴ盤は“April + Best Selection Live”という趣。さっきも書いたとおり、収録曲のほとんどが過去のライヴ盤でも取り上げられているような代表曲ばかりだし。

07年の10月から08年の暮れにかけて主にアメリカとヨーロッパで録音されたようで、どの曲がどことは書いていないものの、日付と会場が内ジャケに明記してある。その最後に載っているのが、Kings Arms Tavern - Auckland, New Zealand, August 1, 2008。懐かしいな、僕がスリッツを観た場所だ。

内容は、これまたいつものマーク・コズレックとしか言いようがない。マークとフィル・カーニーのアコースティックギター2本に、マークの声、それだけ。今みたいな晴れた日曜の昼下がりにあまり似合うタイプの音楽ではないけれど、夜一人で聴いていると確実にどこかに連れて行ってくれる音。ボートラ収録のサイモン&ガーファンクルの曲ですら、しっかりとこのジャケットのように鈍い光を放つ黒色に染められているようだ。

残念ながら最近よくあるアナログ盤を買えばMP3音源が付いてくるといったものではないから、これを聴くときは必ずレコードプレーヤーを使わないといけないんだけど、オフィシャルサイトから買った僕にはさっき書いたフリーCDが付いてきたから、ウォークマンに入れて聴くのはもっぱらこちら。

Find Me, Ruben Olivares.jpg
Mark Kozelek 『Find Me, Ruben Olivares - Live In Spain』

フリーCDだからといって、内容が悪いというわけじゃない。13曲入り64分のフルアルバム。『April』以降のライヴ盤が必ずそうであるように、ラスト前のクライマックスに「Tonight In Bilbao」が来るのも定番。この曲を聴くと今でもあの素晴らしかったインストア・ライヴを思い出すよ。


同じようなライヴ盤ばかり買ってもしょうがないと思う気持ちを限定商法で押し切られ、でもオマケとしてもう一枚立派なライヴ盤をつけてくれるという、憤っていいんだか喜んでいいんだかわからない状態だけど、あのインストアのときの眉間にシワを寄せたぶっきらぼうな喋り方や、サイトのトップページの4月のニュースが未だに更新されていないいい加減さに付き合っていくのが、この人のファンでいるということなのかと、妙に自分を納得させていたら、

同じサイトに、去年の12月に出た『Finally LP』が“09年6月に”2曲の未発表曲を追加してアナログで再発されることが書いてあるのを見つけた。

・・・やっぱり憤ることの方がちょっとだけ多いかな。
posted by . at 16:10| Comment(5) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする