2009年09月20日

魔法を信じ続けていくための音楽 − 100s

世界のフラワーロード.jpg 100s 『世界のフラワーロード』

中村一義のアルバムはいつも

  たくさんの「いい曲」と

  いくつかの名曲と

  夢で見た景色をハサミで切り抜いてきたような断片と

が集まってできている。


97年のソロ名義でのデビューアルバムから、100s(ひゃくしき)というバンドの一員になってからもそれはずっと変わらない。毎回、それら成分の含有量が少しずつ違ってるだけ。

98年の『太陽』や02年の『100s』みたいに、それこそ名曲と夢の断片だけを固めて作ったようなアルバムもあれば、大方「いい曲」と断片ばかりだけど、その中にそっと、聴いているだけで胸が詰まってしまうような名曲がぶどうパンみたく埋め込まれていることもある。

そしてそれは、この『All!!!!!!』以来2年ぶりのアルバムでも変わっていない。07年のそのアルバムには「ももとせ」っていうとびっきりのぶどうが埋められていたね。この新作の裏ジャケを見ると16個も曲名が書いてあるけど、それもいつものこと。そのうちいくつかは、夢の断片の名前のはずだ。

あれだけ心待ちにしていたアルバムだったのに、リリースが運悪く(?)本年度第二次グレン症候群にぶち当たってしまったために、入手が遅れてしまった。つい先日届いてまだ何度も聴いていないんだけど、たとえば「セブンス・ワンダー」なんて名曲がちょうどアルバムの真ん中あたりにころんと入っているのに気づく。そう、いつもこの人はこんな素敵な曲をこんなわかりにくいところに埋めるんだよね。

名曲「セブンスター」を髣髴とさせるイントロを伴って始まる「モノアイ」もいいし、いつも入ってるシークレット・トラック扱いに近い16曲目の「空い赤」も今回屈指の名曲だ。彼のパワーポッパー的側面がたっぷり表れた「いぬのきもち」も大好き。

11曲目「ある日、」から次のアルバムタイトルトラック「フラワーロード」につながる部分なんて、最近聴き直している『Abbey Road』のB面に近いものを感じてしまう。無理矢理こじつけるなら、さらに続く13曲目「まごころに」が「Carry That Weight」で、14曲目「最後の信号」が「The End」か。後のはタイトルぐらいしか似てないけど。

いみじくもビートルズのそのアルバムのタイトルにこじつけたように、中村の故郷である小岩のフラワーロードという商店街をテーマにしたこのアルバム、偶然か否か“ロード”つながりで、ビートルズの『Abbey Road』やポール・ウェラーの『Stanley Road』みたいな意気込みで作られたアルバムのようにも思える。



僕の買ったのは、DVD付きのバージョン。このアルバムに収められた「そりゃそうだ」がテーマ曲として採用された『ウルトラミラクルラブストーリー』という映画の監督である横浜聡子が制作したアルバム全曲分のPVが収録されている。

これが、すごくいい。単に16曲分のPVが収められているんじゃなくて、このちょっと組曲風というかトータルアルバム風の曲たちを、不思議なストーリーに乗せて順番に綴っていく、まるでそれ自体が1時間の映画みたいな作りになっている。

まだ一回通して観ただけなんだけど、フラワーロード商店街を舞台にしたシュールなストーリーが、何気ない街の風景とそこで生活する人たちを映した映像と妙にマッチしていて、なぜだか最後まで目が離せない。「ミス・ピーチ!」を歌う町内会のおばさん(や、お婆さんやお姉さん)たちが微笑ましくて、つい画面の中の彼女らにつられて笑ってしまう。

これはDVD付きにして正解だったね。と思ってたら、昨日立ち寄った某町のブックオフでは、初回限定ブックレット付き・スリップケース入りなんてのが売られていた。しまったー。ちゃんとチェックしとけばよかったよ。買いなおそうかな。。

それにしても、中村君、なんか大きくなったね。『太陽』引っ張り出してきて見比べてみたけど、太ったというよりは、なんだか体積が大きくなったっていう感じ。同じ系統の音楽を演っている者として、マシュー・スウィート路線でも狙ってるんだろうか。



話は飛ぶけど、僕は自分の人生これまでのところ、やり直したいと思うほど悪かったわけではないと思ってるし、音楽関係について言えば、(激動の60年代とかは経験していないものの)それなりにいい時代に生まれたと思ってる。でも、中村一義の音楽を聴くといつも、彼と同じ時期に生まれて、彼の曲を自分と同世代のものとして経験したかったという気持ちになってしまう。

僕は自分の歳にしては、自分よりずっと年下の新しいアーティストの音楽を聴いてきているつもりだけど、日本人であれなに人であれ、僕をそんな気持ちにさせるのはこの人だけだ。なんでかはよくわからないけど。こんな、じっくり聴いても何のこと歌ってるのかさっぱりわからないような歌なのに。

3曲目のタイトル「魔法を信じ続けているかい?」を見て思わずにやっとする。これはもちろん、97年のデビューアルバム『金字塔』に収められた「魔法を信じ続けるかい?」を受けたものだ(そのタイトル自体がラヴィン・スプーンフルの「魔法を信じるかい?」をもじっているのに)。

うん、そうだね。君がいつになってもこんな素敵なアルバムを届け続けてくれている限りは、魔法だって何だって信じ続けていられるよ。次はまた2年後かな。


posted by . at 22:08| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。