2009年09月27日

親指ピアノ工作記

なんだか昨日から風邪っぽくて、今日はどこにも出かけずに家でゆっくりすることにした。あちこちのCD屋から期末バーゲンセールの携帯メールがバンバン入ってくるけど、最近ちょっと買い込みすぎなので自粛。そうだ、この機会に、夏休みに買ってきてまだ手をつけていなかった親指ピアノを組み立ててみよう。


こういうの。
DSC00443.JPG


袋を開けると、これだけのパーツが入ってる。
これを接着剤とネジでくっつけていくだけ。簡単。
DSC00445.JPG


まずは枠組みとネジ受けを接着剤でくっつけて、
DSC00446.JPG


天板と底板も貼り付けて箱にする。
しっかりくっつくまでは輪ゴムで固定して、
DSC00448.JPG


せっかくなので色を塗ろう。
DSC00450.JPG


ムラにならないようにスプレーで何度も重ね塗り。
乾燥させながら、合間に本を一冊読めるぐらいの時間をかけて。
DSC00451.JPG


下にひいていた段ボールになんだか奥行きのある模様ができて綺麗。
DSC00452.JPG


鍵盤をネジで取り付けて、
DSC00453.JPG


音階を揃えるために鍵盤の長さを調節。
DSC00455.JPG


できた。
DSC00456.JPG

中学生の頃に欲しかったブルーメタリックのギターのことを思い出して、この色にした。我ながら、なかなかかっこよくできたよ。

音を出しながら鍵盤の長さをちょっとずつ調整。おもしろいね、これ。


親指ピアノといえば、これ。
Congotronics.jpg Konono No.1 『Congotronics』

さっきの袋にも書いてあったけど、親指ピアノってカリンバっていうんだとずっと思ってた。アース・ウィンド&ファイアの「Kalimba Story」って曲もあったし。

でも、コンゴではリクンベっていうんだね。カリンバはタンザニアでの呼び名で、この親指ピアノの取説によると、他にもムビラ、サンザ、イケンベとか50以上の呼び名があるんだって。

CDに合わせて演奏しようと思ったけど、こんな速弾き到底できるわけもなく。しょうがないんで、他のもっとスローな(アフリカとは何の関係もない)CDに合わせてポコポコ弾いて遊んでいるところ。

これちょっといいな。簡単に作れるし、遊べるし。実は、これを買うときにどっちにしようかと迷ったトーキングドラムのキットもあったんで、今度はそれも買ってみようかな。

と思って、取説に載ってたサイトを見てみたら、いろんな楽器があるぞ。ちょっとこれは、こつこつ集めてしまいそう。


posted by . at 00:14| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

魔法を信じ続けていくための音楽 − 100s

世界のフラワーロード.jpg 100s 『世界のフラワーロード』

中村一義のアルバムはいつも

  たくさんの「いい曲」と

  いくつかの名曲と

  夢で見た景色をハサミで切り抜いてきたような断片と

が集まってできている。


97年のソロ名義でのデビューアルバムから、100s(ひゃくしき)というバンドの一員になってからもそれはずっと変わらない。毎回、それら成分の含有量が少しずつ違ってるだけ。

98年の『太陽』や02年の『100s』みたいに、それこそ名曲と夢の断片だけを固めて作ったようなアルバムもあれば、大方「いい曲」と断片ばかりだけど、その中にそっと、聴いているだけで胸が詰まってしまうような名曲がぶどうパンみたく埋め込まれていることもある。

そしてそれは、この『All!!!!!!』以来2年ぶりのアルバムでも変わっていない。07年のそのアルバムには「ももとせ」っていうとびっきりのぶどうが埋められていたね。この新作の裏ジャケを見ると16個も曲名が書いてあるけど、それもいつものこと。そのうちいくつかは、夢の断片の名前のはずだ。

あれだけ心待ちにしていたアルバムだったのに、リリースが運悪く(?)本年度第二次グレン症候群にぶち当たってしまったために、入手が遅れてしまった。つい先日届いてまだ何度も聴いていないんだけど、たとえば「セブンス・ワンダー」なんて名曲がちょうどアルバムの真ん中あたりにころんと入っているのに気づく。そう、いつもこの人はこんな素敵な曲をこんなわかりにくいところに埋めるんだよね。

名曲「セブンスター」を髣髴とさせるイントロを伴って始まる「モノアイ」もいいし、いつも入ってるシークレット・トラック扱いに近い16曲目の「空い赤」も今回屈指の名曲だ。彼のパワーポッパー的側面がたっぷり表れた「いぬのきもち」も大好き。

11曲目「ある日、」から次のアルバムタイトルトラック「フラワーロード」につながる部分なんて、最近聴き直している『Abbey Road』のB面に近いものを感じてしまう。無理矢理こじつけるなら、さらに続く13曲目「まごころに」が「Carry That Weight」で、14曲目「最後の信号」が「The End」か。後のはタイトルぐらいしか似てないけど。

いみじくもビートルズのそのアルバムのタイトルにこじつけたように、中村の故郷である小岩のフラワーロードという商店街をテーマにしたこのアルバム、偶然か否か“ロード”つながりで、ビートルズの『Abbey Road』やポール・ウェラーの『Stanley Road』みたいな意気込みで作られたアルバムのようにも思える。



僕の買ったのは、DVD付きのバージョン。このアルバムに収められた「そりゃそうだ」がテーマ曲として採用された『ウルトラミラクルラブストーリー』という映画の監督である横浜聡子が制作したアルバム全曲分のPVが収録されている。

これが、すごくいい。単に16曲分のPVが収められているんじゃなくて、このちょっと組曲風というかトータルアルバム風の曲たちを、不思議なストーリーに乗せて順番に綴っていく、まるでそれ自体が1時間の映画みたいな作りになっている。

まだ一回通して観ただけなんだけど、フラワーロード商店街を舞台にしたシュールなストーリーが、何気ない街の風景とそこで生活する人たちを映した映像と妙にマッチしていて、なぜだか最後まで目が離せない。「ミス・ピーチ!」を歌う町内会のおばさん(や、お婆さんやお姉さん)たちが微笑ましくて、つい画面の中の彼女らにつられて笑ってしまう。

これはDVD付きにして正解だったね。と思ってたら、昨日立ち寄った某町のブックオフでは、初回限定ブックレット付き・スリップケース入りなんてのが売られていた。しまったー。ちゃんとチェックしとけばよかったよ。買いなおそうかな。。

それにしても、中村君、なんか大きくなったね。『太陽』引っ張り出してきて見比べてみたけど、太ったというよりは、なんだか体積が大きくなったっていう感じ。同じ系統の音楽を演っている者として、マシュー・スウィート路線でも狙ってるんだろうか。



話は飛ぶけど、僕は自分の人生これまでのところ、やり直したいと思うほど悪かったわけではないと思ってるし、音楽関係について言えば、(激動の60年代とかは経験していないものの)それなりにいい時代に生まれたと思ってる。でも、中村一義の音楽を聴くといつも、彼と同じ時期に生まれて、彼の曲を自分と同世代のものとして経験したかったという気持ちになってしまう。

僕は自分の歳にしては、自分よりずっと年下の新しいアーティストの音楽を聴いてきているつもりだけど、日本人であれなに人であれ、僕をそんな気持ちにさせるのはこの人だけだ。なんでかはよくわからないけど。こんな、じっくり聴いても何のこと歌ってるのかさっぱりわからないような歌なのに。

3曲目のタイトル「魔法を信じ続けているかい?」を見て思わずにやっとする。これはもちろん、97年のデビューアルバム『金字塔』に収められた「魔法を信じ続けるかい?」を受けたものだ(そのタイトル自体がラヴィン・スプーンフルの「魔法を信じるかい?」をもじっているのに)。

うん、そうだね。君がいつになってもこんな素敵なアルバムを届け続けてくれている限りは、魔法だって何だって信じ続けていられるよ。次はまた2年後かな。
posted by . at 22:08| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

09.09.09のタワーとグレンの新録(とその他諸々)

出張続きの合間を縫って、会社帰りに新宿のタワーレコードに立ち寄った。JR東南口を出たところでビートルズのチラシを受け取り(ティッシュは受け取らないけどこういうのはもらう)、その日が9月9日だったことに気づいた。

あの建物は待っても待ってもエレベーターが来ないので、そのままエスカレーターの右側を歩いて上がる。左側の人たちには「ビートルズのCDを急いで買いに行く人」だと思われているんだろうか。JR改札がある2階から、タワーの一番下の階(7階)まで上るだけでも結構な運動。この日はそのまま最上階の10階まで。

さすがに凄いね。全階のBGMがビートルズ。それも館内放送とかじゃないから、それぞれの階で違う曲がかかってる。7階のイベントスペースではコピーバンドが演奏してるし。

今回のリマスターCDは、いつも回遊しているいくつかのブログなどでも沢山取り上げられているし、あちこちで随分前から相当な話題になっていたのはもちろん知っていたけど、どうも個人的にはそれほど盛り上がらず。

87年版のCDは(何故かファースト以外は)出てすぐに全部揃えたし、その後あれこれ出たCDも、確か赤盤青盤以外は全部家にあるけど、家でビートルズを聴くことってもうほとんどないからね。とりあえず今はいいかって感じ。

初日のタワーにそんなに人が群がっていた理由の一つであったであろう話題のモノボックスにしても、なんだか初回限定生産というその発売方法が嫌で。こんな確実に需要の方が大きい商品、予約販売や初日に買った人のうち何割かはきっとオークションとかで一儲けしてやろうという考えに決まってる。こんな売り方して、アーティスト、レコード会社、ファンの誰がハッピーなんだろう。試しにヤフオクでちょっと見てみたら、もう数十件出てるし、アマゾンの中古マーケットでも最安値で5万円強だ(定価は39,800円)。

もちろん各階でかかっているBGM自体には罪はないので、それはそれで心地良く耳にしながら、目的の10階書籍コーナーへ。


MojoOct09.jpg

この日のお目当ては、界隈のグレン・ティルブルックのファンの間でしばらく前から話題になっていた、MOJO10月号。付録CDが『Abbey Road Now!』という、いろんなアーティストが『Abbey Road』全曲をカバーしたというCD。

MOJOなんて、まだNZにいた頃に07年の2月号を買って以来、2年半振り。あのときは『Love Will Tear You Apart』っていうジョイ・ディヴィジョン絡みのコンピCDに釣られたんだった。

さて、その『Abbey Road Now!』、グレン以外の有名どころではロビン・ヒッチコックやゴメス、コーナーショップといった人たちが参加しているが、こういうコンピCDの例に倣って、ほとんどは知らないアーティストばかり。掘り出し物はあるかな。というわけで、数回聴いてみた上での一言コメント。

1.Come Together インヴィジブル (The Invisible)
頭からいきなり意表突かれる。アンビエントというかトリップ・ホップというか、とにかく原曲のゴリゴリ感を完全に取っ払ったアレンジ。スペイシーな電子音とベースの絡みが秀逸。

2.Something レジャー・ソサエティ (Leisure Society)
キンコンと可愛い音の鳴る打楽器と、ストリングスとウクレレで奏でられるイントロを聴いただけで、これが掘り出し物だというのはすぐにわかる。ギターソロのラインをなぞるウクレレのソロもよし。

3.Maxwell's Silver Hammer レッツ・レッスル (Let's Wrestle)
んー、これはダメ。「ちょっとローファイ風に演ってみました」ってつもりだろうけど、世の中には星の数ほど存在するビートルズのカバー、そんなにハードル低くないよ。

4.Oh! Darling ブロークン・レコーズ (Broken Records)
こいつはどうしたものか。演奏も声もわりと僕好みだけど、“陰鬱な「Oh! Darling」”というものの捉え方が難しい。オリジナル曲を聴いてみたくなったので、xiaoさんのブログに載ってたアルバムを買ってみようかな。

5.Octopus's Garden ジェフリー・ルイス (Jeffrey Lewis)
前曲の陰鬱な雰囲気を払拭するためだけに配置されたようなこれが間髪入れずに入ってくる。ちょっと冗談ぽい曲を早口で歌うときのジョン・ウェズリー・ハーディング、てな感じで、嫌いではない。

6.I Want You (She's So Heavy) ロビン・ヒッチコック (Robyn Hitchcock)
グレンと並んで界隈では話題になってるこの人の参加だけど、僕はそれほど思い入れがないので淡々と。それにしてもジョンそっくりの声だね。原曲まんまのストレートなカバーにテルミンのソロ。オバケの音。

7.Here Comes The Sun チャーリー・ドア (Charlie Dore)
ちょっとハワイアンというか、レゲエ調というか、ジャック・ジョンソン一味というか。スラックキー・ギターとウクレレの音がとても心地良いけど、2と違ってこれは今の僕にはちょっと緩すぎかな。

8.Because マーティン・ジョン・ヘンリー (Martin John Henry)
原曲の綺麗なハーモニーを再現、プラスアルファという演奏。悪くはないけどすごくいいわけでもない。申し訳ないけどここまで来ると次の曲のこと考えてしまってるからね。順番負け。

9.You Never Give Me Your Money グレン・ティルブルック・ウィズ・ナイン・ビロウ・ゼロ (Glenn Tilbrook with Nine Below Zero)
何故かフラッファーズとではなく、80年代のパブロック仲間(なのかな?他に接点が思いつかない)との共演。間奏のハーモニカが格好いいね。(おそらく)グレン自身によるギターソロも当然格好いいけど。

アビーロードB面組曲の頭を飾るこの曲はそれ自体でミニ組曲っぽい作りだけど(「Band On The Run」の祖先?)、その最初の部分はグレンも結構抑えた歌い方で、なんかあっさりしすぎかなと思った。

けど、“Out of college〜”の辺りから次第に盛り上がり、ソロ後の“One sweet dream〜”からはもういつものノリノリのグレン。これ生で聴いてみたいな。

実は僕はいつも頭の中でこの曲を歌ってるとき、最初のヴァースからすぐ「Carry That Weight」につなげてしまって、てっきりこのB面メドレーの中ではこの曲は1分ぐらいだと思い込んでしまっていた。

だから、グレンがこれを選んだと知ったときには「なんだそんな短い曲なのか」と思ったけど、もちろんこれはオリジナルに近い4分の演奏で、大満足。

曲後半もたっぷりグレンのソロを満喫。オリジナルはここからサウンド・エフェクトも含めてメドレーになるんだけど、いろんなアーティストの寄せ集めのこのCDは当然それぞれが独立。

10.Sun King ゴメス (Gomez)
でも律儀にSEから始まるこの曲。確か僕は2枚組のベスト盤だけ持ってるこのバンド。原曲の不思議な雰囲気を壊さず、素直にボワーッと仕上げてて、しかもちゃんと聴かせるのはさすがベテランの味。

11.Mean Mr Mustard / Polythene Pam コーナーショップ (Cornershop)
僕は結構好きなバンドで、02年の『Handcream For A Generation』なんてよく聴いたな。もっとバンドの持ち味である南アジア風味に仕上げてくれてもよかったのにと、インド帰りの身としては素朴な感想。

12.She Came In Through The Bathroom Window カリーマ・フランシス (Karima Francis)
惜しいなあ。アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズにも通じる荘厳な歌と演奏はかなりの風格だとは認めるけど、B面メドレーで一番カタルシスを感じるはずのこの曲でこれはちょっと肩すかし。

13.Golden Slumbers ブルー・ローゼス (Blue Roses)
さらに荘厳なのが続く。歌い出しのキー間違えたんじゃないの?と思うほどのソプラノ・ボイスが、サビの部分で朗々と歌い上げるという感じ。悪くはないけど、好みじゃない。ごめん。

14.Carry That Weight ノア・アンド・ザ・ホェール (Noah And The Whale)
ポツポツとした歌いかたと、どこかの廃屋で録ったんじゃないかと思うようなアレンジは結構好きだな。要チェック。それにしても、12〜14と続いて、このB面メドレーちっとも盛り上がらないね。

15.The End ルース・サルート (Loose Salute)
そこをなんとか一所懸命盛り上げようとしてくれてるのはわかるんだけど、この曲もこう見えて結構ハードル高いんだよ。敢闘賞。きっといいバンドなんだろうけど、出会いが悪かった。

16.Her Majesty ロウ・アンセム (The Low Anthem)
オリジナルとは違って15からすぐに続くこれ。これ以外にどう演奏しようもないというカバー。このバンドも別に悪くないとは思うんだけど、30秒では判断不可。またどこかで会おうね。

ちょっとグレンのとこだけ六言になってしまったけど、まあ文句言う人はいないよね。いろいろネガティブに書いたところもあるけど、全体的にはそこそこ気に入ってるよ。価格も良心的だったしね。


日本のものも含めて音楽雑誌って久し振りに買ったけど、なんか、いいね。大特集のビートルズやプリファブ・スプラウトなどの長編記事はまだ全然読んでないけど、こまごました囲み記事とか広告に惹かれる。

へえ、ポール・ウェラーの次のアルバムでブルース・フォクストンがベース弾いてるんだ。一体どんな屈辱的な扱いを受けてるんだろう(笑)とか。

ちょうど今イギリスでレイ・ラモンターニュのツアーをやってて、サポートしてるのがジョシュ・リターか。いいなあ、そんな組み合わせで観られたら最高なのにな、とか。


7 Worlds Collideという聞き覚えのある名前の広告が。ニール・フィンのライヴ盤のタイトルだよな、と思っていたら、なんとあの時みたいにまたニールがお友達集めてアルバムを作ったのか。

以前記事にしたOxfamへのカンパを目的にまた友達を集めてライヴをし、アルバムも作ったという話。ライヴは今年の1月にオークランドだったのか。僕がいた時期とはかすりもしてないけど、なんか悔しい。

お馴染みのメンバーは、ジョニー・マー、ウィルコ御一行、レディオヘッド御一行、NZ友達のビック・ルンガ、ドン・マグラシャン、などなど。エディ・ベダーは今回はパスか。新譜のレコーディングで忙しかったのかな。

お兄ちゃんのティムと息子のリアムはもちろん、Finn姓の人間が他にも沢山。リアムの兄弟姉妹なのかな。あと、ナイル・マーとスペンサー・トゥイーディーってのはそれぞれジョニーとジェフの息子か。

これは早速買おう。前のライヴ盤も結構よかったし(ニール・フィンが歌い、ジョニー・マーがギターを弾く「There Is A Light That Never Goes Out」なんて鳥肌ものも入ってるよ)。

あ、限定2枚組も出てるって書いてあるぞ。2枚目はオークランドでのライヴか。もちろんこっちにしよう。アマゾンでは売切れてるけど、まだそんなに入手困難ってほどでもなさそうだし。


なんだかとりとめもなくダラダラと、Twitter換算で40つぶやき分ぐらい?書いてみた。明日からまたしばらく出張なので、そろそろパッキングでもしようかな。
posted by . at 14:04| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。