2009年08月23日

覚醒 - Mani Neumeier & Peter Hollinger

Meet The Demons Of Bali.jpg
Mani Neumeier & Peter Hollinger 『Meet The Demons Of Bali』

ガムランは結構好きで、昔インドネシアに住んでたこともあって、その頃買ったCDも何枚か持っている。何枚持ってても、どれも同じような感じであんまり曲の区別もつかないんだけど、どれを聴いても気持ちいいのは同じ。

アルファ波が沢山出るのかな。そういう仕組みとかはあまりよくわからないけど、音だけを聴くとガンガンキンキンコンコンとあんなに賑やかなのに、なぜか落ち着く。きっと世界中で一番うるさいヒーリング・ミュージックだろうね。


今日取り上げるこのアルバム、数年前に雑誌か何かで見て、ずっと聴いてみたいなと思っていたんだ。初回1000枚限定プレスということだったので最初は焦りはしたものの、その気になって探せばそれほど入手困難というほどでもなかった。でも、今までどうもそこまでその気にならなかったというか、とにかくまだ買ってなかった。

先週久し振りに中古屋巡りをしたときに、最近全然チェックしていなかったプログレ系の棚にふと目を止めて、そういえばあれあるかなと思った瞬間、目の前にこれがあった。しかも、そこそこくだけた値段で。

と、その程度の運命の出会い、というか、ゆるーい執念で入手したこのアルバム。聴いてみたいと思った僕の最初の直感が間違っていなかったと思える内容だった。

グル・グルのアルバムは一枚だけ持っている。それほど多くもない僕のジャーマン・ロックのコレクションの中でも、お世辞にも一番好きと言える一枚ではない。だから僕は、(グル・グルの中心人物である)マニ・ノイマイヤーというドラマーにそれほど思い入れがあるというわけではない。

でも、先述したとおり、このアルバムのことを知ったときには、かなり興味をそそられた。マニとペーター・ホリンガーという二人のドラマーが、バリでガムラン楽団とセッションしたというもの。

ガムランと一言で括っても実はいろんな種類があって、僕の生半可な知識でもジャワとバリのガムランは違うという程度は知ってるし、バリのガムランの中でも、このアルバムに参加しているスアール・アグンという楽団が演奏するのは、竹でできたジェゴグという楽器のみ。スアール・アグン団長スゥエントラ師の奥さんが日本人だということで、かなり詳しい情報が日本語でウェブサイトに載っているので、興味のある人はそちらをどうぞ。

CDをプレイヤーにかけてみると、耳慣れたジェゴグの音がまず聴こえて来る。金属製ガムランの音も決して耳障りというわけではないが、竹の音だけが幾重にも重なり合って響くこのオーガニックな感触はまた格別。普段でもガムランの演奏って一つの曲の中でもスローペースになったりピッチが上がって高揚したりするんだけど、この1曲目はいきなりハイペースだな、と思っていたところに、マニとペーターのドラムがなだれ込んでくる。

うわぁ、これはすごい。十何人ものジェゴグ奏者が織り成す密度の濃い音に加えて、やたらと手数の多いドラムの音。凄い高揚感。鳴っている楽器はほぼ全て打楽器なのに、超高音から重低音まで様々な音色が交じり合って、とても複雑なメロディーを作り出している。

冒頭にガムランがヒーリング・ミュージックと書いたけど、ことこのアルバムに関しては、ヒーリング度、ゼロ。呪術的な反復メロディーと心地良い一定のリズムが、耳から全身に繋がっている神経を常に刺戟し続ける。

煙草は全く吸わず、もちろん覚醒剤なんてやったこともなく、依存性薬物の摂取は主に高濃度のアルコールに頼っている僕にとっては、この音楽の覚醒効果と中毒性はかなりのものだ。夜中にこれを大音量で聴きながら酒を飲むという機会も環境も最近の僕には残念ながらないけれど、さぞかしトリップできるだろうな。

もともとは97年に発表された作品で、その当時はあまり話題にならなかったのが、リマスターされてこの形で再発されたのが、ちょうど十年後の07年。97年版に1曲ボーナストラックが追加されているが、それは楽器を使わずに全員で手拍子でリズムを合わせているような、どちらかというと練習風景の記録のようなもの。これはまあ、あってもなくてもよかったかな。

1000枚限定の紙ジャケ仕様なんだけど、実はジャケットの黄色い文字とランダの周囲の黄色い縁取りが、透明プラスチックのシートに印刷されている。こんな感じ。

DSC00371.JPG DSC00370.JPG


アマゾンの商品紹介を見てみると、「特製紙ジャケット+幸せで楽しい人生を送れる(かもしれない?)黄色いオーラ・フィルム付き。 ※購入された方の幸福を保証するものではありません」だって。あはは。


例によって、知ってる人には言わずもがな、知らない人にはちんぷんかんぷんな、毒にも薬にもならないような解説を長々と書いてきたわけだけど、このアルバムを、ガムラン側からでなくジャーマン・ロック側から興味を持って聴いてみようと思う人に向けたとてもわかりやすい表現がライナーに載っていたので、勝手に引用させてもらおう。曰く、「人力ゼロ・セット」。

Zero Set.png
Moebius - Plank - Neumeier 『Zero Set』

上に、グル・グルにもマニ・ノイマイヤーにもそれほど思い入れがないと書いた僕にとっても、自分のジャーマン・ロック・コレクションの中でも最も重要なアルバムの一枚。ジャーマン・ロックなんて書いたけど、ロックではないね。テクノとかエレクトロニカと言えばいいのかな。

一応このブログでは過去の名盤的なアルバムについてはあまり書かないことにしているし、説明するとまた延々と語りだしてしまいそうなので、今日のところはこの超有名盤については書かないけど、『Meet The Demons Of Bali』が「人力ゼロ・セット」だということで、上に延々と書いた説明のうち、人力で行われていた演奏(ドラム以外)を機械に置き換えたものがこの『Zero Set』だと、思いっきり乱暴に言ってしまおう。

この“近未来的な光の地下道を逃げるように走っている、半透明の黒人女性”という、ほとんど意味不明ながらこれほどアルバムの内容を的確に表しているものも少ないと思える秀逸なジャケットに惹かれる人は、一度聴いてみればいい。


さてと、外は相変わらず蒸し暑いようだけど、ちょっとこの2枚をヘッドフォンで大音量で聴きながら、選挙の期日前投票にでも行ってくるとするか。トリップしてヘンなのに投票しないようにしないとね。


posted by . at 12:29| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。