2009年03月15日

日記3

荷造りも大詰め。今日は観念してオーディオ機器類の箱詰めを始めた。両方合わせて40キロのコントロールアンプとパワーアンプ。いつもこいつで腰をやられる。

このブログを昔から読んでくれてる方なら覚えてるかもしれない、NZ時代の元同僚、通称2メートルが出張で来たので、会社の近くに見つけたパブにギネスを飲みに行った。へえ、こんなとこにこんな店あるんだ。タップのギネスの綺麗な泡。二人ともパイントグラスがあっという間に空いていく。

NZオフィスのあいつが辞めた、あいつはもう勤続10年で元気にしてる、なんて話。日本もNZも景気悪いよな、なんて話。僕がいた頃に比べたらNZドルが対円で半額ぐらいにまで下がって、おまけにあっちの不動産価格も暴落してるから、NZに家買うなら今だろう、なんて話。

そんな話にまじって、

「そういや、リアル・グルーヴィーも倒産したよ」

一瞬言葉に詰まった。

僕の4年弱のNZ生活で通算460枚のCDを買い(*1)、おそらく僕にとっては世界で一番好きなレコ屋と言っても過言ではない、あのリアル・グルーヴィーが潰れたなんて。毎週通ってた僕が行かなくなったからなのか?

*1: CD以外のDVDやLPなども含む。ちなみにこの数は僕の全コレクションの約10%にあたる。(支店も含めた)単一の店としては、レコファンについで第二位。レコファンにはもう20年も通ってるから当然だけど。

NZに家を買うなんて、半分冗談、半分“そのうち本当になればいいな”ぐらいの気持ちで話してたけど、なんだかこの話でかなりモチベーション下がってしまった。NZに家なんて買っても、毎週末何すればいいんだ。


次の日は二人とも朝から会議だったので(彼はそのために出張に来たので)、あまり遅くならないうちに別れ、でも、やっぱり二人とも気になってその夜ネットで同じことを調べてた。

リアル・グルーヴィー・オークランド復活

去年の10月に倒産した直後に、クライストチャーチ店とウェリントン店はそれぞれのマネジャーが買い取り、ダニーデン店は閉店、オークランド店だけはずっとどうなるかわからなかったのが、昨年末に創業者の一人が個人資本で経営を続けていくことが決定したとのこと。

こら2メートル、去年の末から再オープンしてたのに、なんで知らないんだよ。お前みたいのがちゃんと行って買ってあげないから経営が行き詰るんだよ。

でも、よかった。これでまたNZに行く理由ができたよ。そのうち会社をリストラでもされたら、ダニーデンに家でも買うかな。その前に、家買ったあとでリアル・グルーヴィーのダニーデン店を復活させられるだけの退職金もらわないとね。


今日のBGM
Uncle Tupelo 『89/93: An Anthology』
posted by . at 02:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする