2008年12月20日

さよならアップルさん

海外に住んでいた頃は、帰省や出張で東京に来るたびによく渋谷に出かけていた。定宿からもそう遠くなかったし、なにしろCD屋やレコード屋の数が他の街とは違ったから。

去年東京に帰ってきてからは、自分の通勤経路ではあるものの途中下車になってしまう渋谷に足を運ぶことがめっきり減ってしまった。乗換駅である新宿でだいたいの用は足せるし、もちろん新宿にだって星の数ほどの(やや誇張中)CD屋やレコード屋があるからね。

新宿にも渋谷にもそれぞれ大きなチェーン店があって、毎週どんどん新入荷する大量の中古盤としょっちゅうやってるセールに釣られて、大抵はそういう店に行ってるんだけど、一方で、そこに行かないと見つけられないようなマニアックなものを扱っているような店を時々覗くのもちょっとした楽しみ。

3月20日の記事の最後にちらっと名前を出した、アップル・クランブル・レコードも、僕にはそういう店のひとつ。渋谷に行く回数自体が減ってしまったから、そんなにちょくちょく顔を出しているわけではないけれど、ちょっと時間に余裕のあるときには、見ているだけでウキウキしてくるような壁面のディスプレイを眺めたり、奥のセールコーナーを物色したりしている。

そのアップルさんが、明日12月21日をもって、店舗での営業を終了してしまうとのこと。本当に残念な話だ。かつては世界一レコ屋密度の高い街と言われた渋谷からどんどん店が減っていってる話は前に何度か書いたし、実際東京に来るたびに行きつけのチェーン店が閉まってたり縮小してしまっていたなんてことは頻繁にあったけど、こういう店がなくなってしまうというのは、それとはちょっと違うよね。感傷的になってしまうよ。

CD1枚買っただけで、袋の中にお菓子をひとつ入れてくれる気配りや、お店の規模のわりにはかなり充実していたセールコーナーが僕のお気に入りだった。わりと新しめの、それも決して売れていないわけでもないようなCDが500円とか300円とかで紛れ込んだりしていたもんだから、僕はあそこに行ったときには大抵お目当てのCDを正価で1枚買ったあと、そういうセールCDを2-3枚一緒に買ったものだった。

ブー・ヒュワディーンの新譜とジャック・ぺニャーテをそれぞれ500円で買ったのは今年の僕の誕生日だから、あれはタワーでマーク・コズレックを観た帰りか。こないだモア・カプリスの新譜を買いに行ったときに、モアのヴォーカリスト、マイケル・モラーのソロアルバムが300円で出ていたのを見つけたときは、僕がNZから連れてきた偶然の神様はこの店に居座ってたのかと思ったものだ。

閉まってしまう前にともう一度出かけて、名前もよく知らないバンドだったけど、半分はジャケットに惹かれて、半分は店長の松本さんの手になる推薦文に押されて(ハウスマーティンズの名前を出されたら、僕はどうにも抗えないんだよ)、1枚だけ買ってきたのがこれ。

Grown-Ups.jpg The Lodger 『Grown-Ups』

お薦めどおりのいかしたアルバムだった。英国リーズ出身のスリーピース。ギター、ベース、ドラムスの音がそれぞれ粒だっているし、なにより曲がよく書けている。1曲だけ、トロンボーンとトランペットが使われている曲も違和感なくいいアクセントになってるね。ヴォーカルにアクというかクセが無さ過ぎて優しすぎるのがちょっとこの手の一連のバンドから一段抜け出すのに苦労するかな、という感じ。ジャケもクールだけど、ブックレットに使われている写真も格好いいのが多い。

The Lodger BW.jpg

この写真のトリミング違いがブックレットに載っているんだけど、見てのとおり3人組のうち一人は女性。メンバー構成を見てびっくりしたのが、この人がドラムス担当。こういう構成は珍しいんじゃないか。ベースだけ女性とかは多いような気がするけど、他にそんなバンドあったっけ。

僕よりこの手の音楽に詳しくて、僕より何度もアップルさんに入り浸っている様子(笑)のxiaoさんのブログによると、今年出たセカンドアルバムではこの女性が抜けて、別の男性メンバーがドラムスを担当しているようだ。「ちょっとムサい」というxiaoさんのコメントは、この新ドラマーの頭髪の量に起因するものと思われる(笑)

いみじくも、アルバム1曲目「Many Thanks For Your Honest Opinion」のサビの出だしはこんなだった(意訳付き)。

Many thanks you are one in a million
ほんまに、ありがとう かけがえのない店やったよ


店舗での営業は終了だけど、ウェブショップは引き続き営業中とのこと。そのうえ、Apple Crumble Recordとしてレコードレーベルも立ち上げるんだって。CDを手にとって裏ジャケを眺め回したり、セールコーナーから掘り出し物を発掘したりする楽しみはなくなってしまうけど、またちょくちょくサイトを覗いて、松本さんの推薦文に引き寄せられて散財することにしよう(“今後、ハウスマーティンズを引き合いに出した推薦文が増える”に1000アイスランドクローナ!)。
posted by . at 22:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする