2008年11月23日

450年前の音楽 - Fleet Foxes

Fleet Foxes.bmp Fleet Foxes 『Fleet Foxes』

膝の上に乗せたこの絵を見ながら聴いている。30センチ四方、いや、背表紙を経由して裏側にも少し廻り込んでいるから、30センチx35センチといったところか。沢山の人や動物や、果ては角の生えた悪魔みたいなのまでが隅から隅までびっしりと描き込まれた、いくら眺めていても飽きないこの奇妙な絵は、有名なので知っている人も多いだろうけど、ブリューゲルの1559年の作「ネーデルランドの諺」。

これは昼の光景だけど、夜になってこの人々や動物たちが皆寝静まった頃に、この絵の上の方に描かれている家の奥の部屋で毎夜ひっそりと奏でられていた音楽を収録したものがこのアルバムになった。

と言われても「へえ、そうなのか」と信じ込んでしまいそうな、まるで16世紀の音楽を演っているみたいな不思議な新人グループがまた現れた。いや、実際に16世紀にクラシック以外に演奏されていた音楽がどんなものなのかは知らないけれど、まだ22歳だというリーダー核のロビン・ペックノルドがこの一見(一聴)古めかしい音楽を生み出したと聞くと、ちょっとびっくりしてしまう。

とても静かな音楽。実際にはエレキギターなんかも使われているから、音量的にはさほどでもないんだけれど、印象としてとても静か。ところどころで楽器の音がふと止み、コーラスや一声のアカペラになることも多い。讃美歌みたいに。

新しいグループなのに古めかしい感じがするところは、去年このブログで取り上げたミッドレイクに似ているかもしれない。彼らからもっとロック臭を抜いた感じかな。なにしろ僕が彼らのことを例えたのは1970年代の音楽、こちらは1550年代だから、420年程度の隔たりがあるからね。あんまりロックっぽくなくてもしょうがない。

日本盤は出る予定もないみたいだし、日本のCD屋でもそれほど盛り上がっているようには見えないけれど、あちこちのサイトや雑誌では(国内外問わず)結構熱狂的に取り上げられ、既に08年度のベストアルバム特集なんかに選ばれていることも多いみたい。僕もしばらく前に入手して愛聴していたけど、そろそろ記事にしないと今年が終わってしまうと思ってこうして書いているところ。

Sun Giant.jpg30センチ四方のジャケが手元にあるということは、当然僕が買ったのはLPレコード。このファースト・アルバムに、同じく今年出た5曲入りの12インチEP『Sun Giant』が付録で付いていて、しかもその両方の全曲がMP3でダウンロードできるという超お買い得盤(EPのジャケもダウンロードできる)。こんなことをするのは、もちろん我らが良心的レーベル、サブポップ。たいして見所のないようなDVDを付けただけで法外な値段にしたり、アルバムのリリースからわずか数ヵ月後に、そのアルバムにボーナスディスクとかを付けて売り出すようなことをして売り上げを上げようという姑息なレーベルが多い中、どうすればファンが喜んで自分達の商品を買ってくれるかということをきちんと考えている人たちだよね。

かつてはサブポップといえばニルヴァーナとかマッドハニーとかのグランジ系、みたいな印象だったけど、最近のサブポップは、去年の僕の年間ベストアルバムに選んだアイアン&ワインや、こちらもまた60〜70年代を思い起こさせると書いたグランド・アーカイヴスなど、ちょっと枯れた、でもとても重要なグループが多数在籍している。ある程度メジャーなレーベルとしては、今や最注目と言っても過言ではないだろう。

何か追加情報はないかなと思って、このフリート・フォクセズのマイスペースを覗いてみたら、この12月末から年明けにかけてオーストラリア、その後続けてニュージーランドでライヴをするとのこと。見なけりゃよかった。悔しい思いをしただけだった。

ところで、ブリューゲルの「ネーデルランドの諺」のことを調べていたら、すごく詳細なサイトを見つけたので、勝手にリンクさせてもらおう。これって、この沢山の人や動物がそれぞれオランダの諺を意味してるんだね。そういうのを知ると、また飽きずにいつまでも見ていてしまうよ。

posted by . at 02:21| Comment(10) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする