2008年10月13日

遺産 - UB40

The Lost Tapes.jpg UB40 『The Lost Tapes』

無意味に長すぎる文章でお馴染みの僕のブログで、たまに短い記事を書いてみたら「短すぎる」とのコメントを頂いてしまったので、ご好評にお応えして、更に短い記事を書いてみるよ。某通販サイトではもう半年以上前から“近日発売”扱いされていたのに、延期に次ぐ延期の末、ようやく先月になって発売され、他のCDと一緒にオーダーしていたのがつい今朝になって届いたこのアルバム。

UB40のデビュー時期の、ロンドンでのライヴを収録したもの。80年の3月7日というから、その年の9月に出たファーストアルバム『Signing Off』よりも半年前ということになる。1曲目が終わったときの「僕達のことを知らない人達へ、僕達はUB40というバンドです」というMCが初々しい。

ライナーノーツによると、UB40をメジャー・デビューさせたデイヴィッド・ヴァー(David Virr)という人が、26年間自宅に眠っていたテープを発掘し、そのテープがリストアされてデジタル・リマスターされ、このCDになったとのこと。デイヴィッド自身は残念ながら、このCDを手にすることなく、一昨年のボクシング・デイに亡くなってしまったらしい。そう、このCDは、おそらく今や世界で最も有名なレゲエ・バンドになったUB40の、ある意味生みの親に捧げられた、彼自身による遺産のようなアルバムだ。

『Signing Off』でもオープニングを飾っている「Tyler」の、あのヒョーーーーンというフィードバック風の音でこのライヴも幕を開ける。だが、いざ演奏に入ると、どんよりしたロンドンの曇り空を連想させたあの物憂げなオリジナルとはうって変わった緊迫感のある性急なアレンジ。このヴァージョンも凄いが、元々はこうだったはずの曲をあえてあの弛緩したアレンジに変えたうえで、デビューアルバムのオープニングに据えた彼らのセンスも凄いと思う。

まだこの時点ではオリジナル曲が少なかったせいか、全9曲のうち3曲がカヴァー。それも、単にレゲエの曲をカヴァーするのでなく、ビリー・ホリデイの「Strange Fruit」、ランディ・ニューマンの「I Think Its' Going To Rain Today」、ガーシュインの「Summertime」という、ある意味王道、ある意味(80年代のUKアンダーグラウンドという舞台を考えると)奇をてらった選曲。最初の2曲はそのまま『Signing Off』にも収録されることになる。

さっきも書いたけど、きっと一般的には今や世界で一番ポピュラーなレゲエ・バンドに成長した彼らだけど、80年代前半にまさか彼らがこんな風になってしまうとは想像もつかなかった。ここで初期の彼らがどんな風だったかを延々語ってもいいんだけど、そうすると冒頭の宣言に反してしまうので、一言だけ言っておこう。

上にリンクしたアマゾンのページを見て。この発掘ライヴアルバムとあわせて買うことをアマゾン君が薦めているのが、こちらも最近発掘されたばかりのクラッシュのライヴアルバム。そう、少なくとも80年代初期におけるUB40は、奏でている音楽自体はレゲエだったかもしれないが、れっきとしたパンクだった。

だからこそ当時パンクを聴いていた僕が何の躊躇もなくあのアルバムに没頭できたんだけど、未熟なガキだった僕には、当時好きだったクラスの女の子に自分のお気に入りのレゲエのLPをプレゼントしたのに、どうして全然喜んでもらえなかったのかは理解できなかった。UB40やリントン・クゥエシ・ジョンソンなんかの、精神的にはパンクと同等のレゲエから逆行して、お洒落でリゾートなレゲエにたどり着くには、僕にはあと数年必要だったというわけだ。

閑話休題。今回のこのライヴアルバム、自分の死期を悟ってこのテープを世に出したデイヴィッド・ヴァーだけでなく、今やメンバーは同じでも中身は全く別のバンドになってしまったUB40の、かつての偉業を記録した遺産のようなアルバムだ。嬉しいことに、発売元のEMIはこれを廉価レーベルであるEMIゴールドから出すことにしてくれたらしい。リンクしたアマゾンだと1200円弱で買えるし、きっと然るべき場所でその気になればもっと安く手に入るかもしれない。

初期のUB40のファンなんて、最早この世にどれだけいるのか知らないけど、今でも『Signing Off』が彼らの最高傑作だと思っている人には是非聴いてみてほしい作品。もし僕が(結局そんなに短くもならなかったこの記事で)何を言っているのかいまいちよくわからない人は、とりあえずこれを聴いてみればいい。お洒落でもリゾートでもないレゲエの最高峰の一枚だ。

Signing Off.jpg UB40 『Signing Off』


posted by . at 23:11| Comment(10) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。