2008年09月15日

黒猫ジャケに夢中 - Akeboshi

Akeboshi.jpg Akeboshi 『Akeboshi』

ガツンときた。

知ってる人には何を今さらなのかもしれないけど、映画「ぐるりのこと」の主題歌を歌っている人がいいよと友達に教えられ、中古屋で見つけたこの3年前のアルバムを聴いて、まずオープニングのピアノの音に打たれた。

ティン・ホイッスルとフィドルの物悲しげな音色が、否応なくケルト・ミュージックを想起させる。ブラシとリムショットを効果的に使った、乾いたドラムの音。柔らかなアコースティック・サウンドと朴訥とした声に、ほんの少しだけ隠し味のように使われたプログラミング。5/8なんていう、複雑なのに気持ちいいリズム。不思議と懐かしい気持ちにさせられるメロディー。

僕がそれを最初に聴いたときの状況も多分に影響していたのかもしれない。先月、短い休暇を取って、高速バスに乗って旅に出たときのことだった。見渡す限りの緑と、ゆっくりと沈む夕陽をぼーっと見ながらこれを聴いていたら、悲しいわけでも感動したわけでもないのに、涙が出そうになった。

なんていうんだろう。子供の頃から胸の奥の方に持っていた敏感な気持ちのかたまりみたいな部分に、大人になるにつれて少しずつ蓄積してしまっていた澱を、栗の渋皮をむくみたいに丁寧に取り除いてもらっているような気持ちにされたんだ。

子供といえば、この1曲目「Wind」は、アニメ番組「NARUTO」のエンディングテーマに使われたんだってね。6年も前の話なのか。その頃マレーシアに住んでいた僕は、近所の日本人の子供達がその番組のことを話していたのは知ってたけど、一緒にビデオを見せてもらっておくんだったな。それにしても、こんな素敵な曲を毎週テレビで聴いて育つ今の子供がうらやましくなるよ。

インディーズ時代に出した3枚のEPからの曲と当時の新曲を再編集した13曲。13曲目の後に収録されたシークレットトラックが、もろにケルト風味のインストゥルメンタル。これがまた、しっとりと滲みる。


Roundabout.jpg Akeboshi 『Roundabout』

あまりに気に入ってしまったので、件の映画の主題歌が入った新しいアルバムもすぐ欲しくなった。6月に発売された初回限定のDVD付がまだなくならないうちに。

よく似たジャケのこちらは、これまでに出たシングルとアルバムからの曲に、上に書いたアルバムからの数曲のライヴ録音を併せて収録した編集アルバム。付属のDVDには、5曲のPVと、去年出たアルバム『Meet Along The Way』作成時のドキュメンタリー・フィルムが収録されている。

これもいいね。メジャー初となったシングル「Rusty Lance」もまた7/8という小気味のいいリズムの曲だし、他の曲とは明らかに世界が違う歌詞の「Yellow Moon」は、井上揚水との共作だった。淡々とした物語が進んでいくような「Perua」もいい(これが映画の主題歌)。

ドキュメンタリー・フィルム「Meet Along The Way」は、北イングランドとアイルランドを旅しながら、途中のパブとかで出合った地元のミュージシャンたちにその場で録音に参加してもらっていく様子を綴ったもの。長すぎない編集が観ていて飽きないし、素晴らしい景色と田舎町の様子が存分に楽しめる。こんなの観てしまったら、そのアルバムも手に入れないわけにはいかないよ。エコ月間は何処へ?(最近こんな終わり方ばっかり)。


posted by . at 17:14| Comment(12) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。