2008年09月13日

鉄壁PowerPop - Matthew Sweet

Sunshine Lies.jpg Matthew Sweet 『Sunshine Lies』

およそアーティストとかクリエイターとか呼ばれる人たちにとって、ワンパターンとかマンネリとかいう言葉は、疫病のように遠ざけておきたいものだろう。夢のようなメロディーを次から次へと紡ぎだしていたトッド・ラングレンが、「僕のインスピレーションが逃げて行ってしまう」と自虐的に(でもそれは綺麗なメロディーに乗せて)歌い、そしてやがてかつてのような曲が書けなくなってしまったことを思うにつけ、あの人はどんな気持ちであの曲を書いたんだろうと、ファンとしてはどうしようもなく切ない気持ちになってしまったものだ。

その一方で、ワンパターンであることが負の要素になっていないアーティストがいることもまた事実。しばらく前のニルス・ロフグレンの記事とそのコメント欄に書いたように(別にニルスがそうだというのでなく)、定型パターンみたいな曲を作り続けることが何ら問題になっていないある種のアーティストたちがいる。

その記事に出てきたニール・ヤングや、コメント欄で名前を挙げたサザンオールスターズとか、あとはスピッツなんかもそうだろう。別に吉本新喜劇みたいに、彼らの書く似た曲が伝統芸能的に受け入れられているというわけではない。単に、どうやってもこんな風に書けてしまうというその人たちのクセみたいなものが、彼らのファンの心の琴線みたいなところに、半自動的に触れるようになっているんだろう。

マシュー・スウィートの、このソロ名義としては4年ぶりとなるニュー・アルバム『Sunshine Lies』に針を落とした瞬間、僕の頭に浮かんだ考えはそういうものだった。何年ぶりであろうと、間にソーンズ(The Thorns)やスザンナ・ホフス(Suzanna Hoffs)とのデュエット・アルバムを何枚挟んでいようと、この人の作りだす曲は、何も変わらない。そして、アルバム最初の一音にスイッチを入れられた僕の心の琴線は、最終曲がフェードアウトするまで、わくわくと震え続けたままでいる。

なにしろ、アルバム冒頭の曲からして「Time Machine」という、93年のアルバム『Altered Beast』収録の「Time Capsule」を髣髴とさせるタイトルだし。のたうち回る大蛇みたいに絡み合う二本の野太いギターとタイトなドラム、胸の奥をキリキリと締め付けるようなスティール・ギターに、マシュー本人のあの声による多重録音コーラス。鉄壁のパワーポップ。いつものマシュー・スウィートのアルバムだ。

バックを支えているのも、もう20年も前から彼とつかず離れず行動を共にしているいつもの面々。元テレヴィジョンのギタリスト、リチャード・ロイド(Richard Lloyd)。元リチャード・ヘル&ヴォイドイズのギタリスト、アイヴァン・ジュリアン(Ivan Julian)。ヴェルヴェット・クラッシュのドラマー、リック・メンク(Rick Menck)。名スティール・ギタリスト、グレッグ・リーズ(Greg Leisz)。そして前作からスウィート・ファミリーに加わった、スザンナ・ホフスがアルバムのタイトル曲でマシューとデュエットしている。

さっき“針を落とした”って書いたところで気づいたと思うけど、僕が買ったのはアナログ盤。CDに収録されている13曲がA面〜C面に、そしてアナログ盤のみのボーナス・トラック4曲がD面に収められている。最近流行のMP3ダウンロード用のクーポンでなく、13曲入りのCDがジャケット内に封入されているというお得版。

これは嬉しいよね。ボートラがレコード・プレイヤーでしか聴けないという欠点はあるものの、オリジナルCDが付いてくるってのは、やっぱりダウンロード音源とは違った実感がある。綺麗なマクロ写真のジャケにはアルバムタイトルと曲名以外の文字はほとんどなく、レコードが収められた内袋に全曲の歌詞とクレジットが載っている。見開きジャケの内側の、30cm x 60cmのトンボの顔のクローズアップは、見る人によってはちょっと不気味かも。

こんな豪華な仕様があるのに、わざわざCDだけのヴァージョンを買う人がいるのか?上にリンクを張ったアマゾンだとこのアナログ盤(LP+CD)はCDだけのヴァージョンよりも1000円も高いけど、他のサイトに行けば、ほんの数百円の差だよ。なので、アナログ盤を聴ける環境にある人(及びマサさん)には、アナログ盤を入手することをお薦めする。

昔から何も変わらない彼のアルバムだけど、ひとつ変わったことがある。99年の名作『In Reverse』の裏ジャケでちらっと上半分だけ素顔を見せて以来、アルバムジャケットの表にも裏にも彼のポートレイトが載ることがなくなってしまったことだ。マシューのことを知っている人なら想像はつくだろうけど、彼の風貌の変化がその理由だろう。なにしろ、86年のソロ・デビューアルバム『Inside』でのこの好青年が、
Inside.jpg

06年の前作『Under The Covers Vol.1』でのスザンナと一緒のプロモ写真ではこうだからね…
Sweet Hoffs.jpg

書く曲が変わらないとかよりも、これだけ太っても声が全然変わらないってのが、ある意味凄いと思う。


posted by . at 19:35| Comment(8) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。