2008年09月08日

Faust live in Tokyo

ファウストが11年ぶりに日本に来るというので、それは観ておかなければと思って急いでチケットを押さえたのに、なんだか信じられないような大きな数字の整理番号。いくつかのルートで売り出されてるチケットは、それぞれ割り当て番号というのがあるんだね。どこで買わなければいけないかを知っておくのも重要、ということを覚えた日本のコンサート事情。

僕とドイツ音楽の最初の邂逅。ホルガー・シューカイ「Persian Love」 in スネークマンショー。時期的にそれは即座にジャー・ウォブル from パブリック・イメージ・リミテッドとくっついたり。それよりも少し前に、プログレッシヴ・ロック界隈をいびつに進んでいった挙句、出てくる名前のドイツ人濃度が徐々に高まっていったり。ひねくれポップ職人としてのデイヴ・スチュアート⇒所謂カンタベリー・ミュージック⇒スラップ・ハッピー⇒ファウスト。とか。

そういう、(結構な量のレコードやCDは持ってはいるものの)決して硬派のジャーマン・ロック・ファンというわけではない僕のブログだということをわかったうえで読んでもらえれば(と、ワード検索でこの記事のタイトルが引っ掛かった人に向けての前置きを少々)。

リキッドルームがまだ新宿にあった97年の初来日の模様をあちこちのサイトで読んだ。ステージ上でガラス板を叩き割って破片が客席まで飛び散っただとか、ハンマーでテレビを叩き壊したとか、バルサン状の煙が焚かれて目も開けられず呼吸困難に陥り、そのまま終演、とか。

なので、大きな数字の整理番号でもいいか。と、僕にしては腰の引けた客席(席はないけど)のほぼ中央に落ち着き、開場から開演までの1時間、同じ音がループで延々かかっているとしか思えないアンビエント風の音楽を聞きながら待つ。ステージ上、ドラムキットの周りには鉄パイプで組んだ囲いとそこにぶらさげられた鉄板2枚。コンクリートミキサー。右側にはなにやら白い壁。

1曲目、一瞬「It's A Rainy Day, Sunshine Girl」なのかな?と思った延々と続く反復系のインスト曲。それが終わったときに、ベース&ヴォーカルのジャン=エルヴェ・プロン(Jean-Herv Peron)が「今のは新曲」と紹介。その時点で今日は曲目を憶えるのを諦める。

会場入り口に貼ってあった「本日のコンサート冒頭は録音され、ステージ上でメンバーが即興で描いたジャケットを添えて、150枚限定のCD-Rとして終演後に販売されます」とのお知らせのとおり、続く2曲目で、唯一の女性メンバー、ジェラルディン・スウェイン(Geraldine Swayne)が右側の白い壁に絵を描き始める。BGMとして残りのメンバーが奏でるのは、ぼよーんうよーん、どたどたどた、といった超アブストラクトな曲。まあ、こちらはその場で絵がどんどん完成していくのを観ているから、別に退屈はしないけどね。

完成した絵(白いCDジャケが150枚分)を業務用みたいな馬鹿でかいドライヤーで乾かしながら下げると、その下にもまた白っぽい壁が。あれは木かな?発泡スチロールかな?

ドラムのザッピ・ディアマイアー(Zappi Diermaier)がサンダー(丸いヤスリのついた機械ね)でドラムキットの上にぶらさがってる鉄板から火花をバチバチ飛ばしたり。僕のすぐ近くにいた二人組の男の子がしきりに「すげー! すげー! こいつらやべーよ!」とかうるさい。いや別に鉄板から火花出すぐらいでそんなやべくないから。

今度はプロンがチェーンソーを持ち出してきて、木だか発泡スチロールだかでできた白い壁に切り込みを入れ始める。どうやら「混沌」と書きたかったみたいだけど、いきなり「混」の字の右側の縦棒を下まで切り込んだもんだから、なんだかよくわからない字に。でも、暗いステージの上、ニセ混沌から漏れ出てくる光の筋がとてもきれい。

冒頭の曲みたいな反復系のズンズン乗れる曲と、「あれは一体何をやっているんだろう」的なシアトリカルな曲が順不同に演奏され、うーん、ちょっとこれはツライなと思い始めた矢先、日本語を話す外国人客が「みんなもっと盛り上がろうよ!7000円も払ってるんだから!」と煽りはじめる。最初は笑いながら聞いてたんだけど、曲が終わるたびにそいつが大声でしゃべってるもんだから、たいがいうんざりしてきたところに、プロンが「ちょっと黙れ」と。

で、そいつを黙らせて始めた曲が、セカンドアルバム『So Far』からの「I've Got My Car And My TV」。おぉ、やっと認識できる曲がでてきたぞ。このあたりから客席も徐々に盛り上がり始める。別に7000円の元を取ろうと思ってのことじゃないだろうけど。セカンドからは「Mamie Is Blue」も演ったね。本編ラストだったかな?その前ぐらいだったかな。

一旦引っ込んで、アンコールでまず出てきたのはプロンとザッピの二人。アコースティック曲を一曲演奏したところで、他のメンバーも登場。最後は楽しい「Krautrock」。ここでようやくコンクリートミキサーを使う。ビールの缶をいくつか投げ込んで、ほんとはもっとガラガラと音を立てたかったんだろうけど、あいにく会場で販売されていたビールはプラスチックのコップ入り。観客からはちっとも空き缶が集まらず、投げ入れられたのはメンバーがステージで飲んでいた数個のみ。…ミキサーが回る音しか聴こえないよ。

プロンを筆頭に、終始メンバーがなごやかな表情だったのが印象的だった。ガラスの破片だのバルサンだのと身構えていたことを、終わった頃にはすっかり忘れていたよ。中盤まで「ちょっとこれはどうなのかな。やっぱりこの人たちレコードの方がいいかも」なんて思っていたこともすっかり忘れて。強いて言えば、僕の目前に入れ替わり立ち代り来て気持ちよさそうに踊っていたお兄ちゃん達が、よりによってどいつもこいつも臭かったのがちょっとキツかった。7000円も払ったのに(笑)

さて終演後、階上のCD-R売り場に並ぶ長蛇の列。「世界中でここでしか販売していない超レアCD!」とかいって煽られてはいるものの、あの抽象画の1/150の部分をもらってもなあ、とちょっと引き気味の気分で並んでいたものの、レジ前まで来たら当然のごとく財布から3000円を出して購入。僕のは48番。大きな絵のどこの部分だかよくわからないけど。

cd-r front.GIF cd-r back.GIF

そしてここでも終始ニコニコとなごやかなメンバー全員にサインをもらった。そのうえザッピからは、頼んでもいないのに(笑)マジックの試し書きみたいなサインも追加でもらった。

Zappi.gif

家に帰って、コンサート冒頭ってどの曲まで入ってるんだろうとわくわくしながらそのCD-Rをプレイヤーに入れてみた。14分で5トラック?だって1曲目だけでも10分近く演ってたのに?と思いながら聴いてみたら、トラック分けなど完全に無視で、2曲目の「ぼよーんうよーん、どたどたどた」だけが14分間…

まあでも、よくある(どこか別の会場で撮った)写真しか載ってないようなペラペラのコンサートプログラムに何千円も払うことに比べたら、まがりなりにもその日の音が入ってるんだし、サインももらったし、今日の記念品だと思えばいいか。


“記念品”というキーワードで連想するのも気が引けるけれど、03年に紙ジャケCDで復刻された、彼らの最初の2枚のアルバムは、まさにそのフォーマットで持っていることに価値がある、超優れモノだった。どちらも相当風変わりな風体でリリースされたオリジナルLPを、素材も含めてミニチュアサイズで忠実に再現。こういうことができるのが、日本のレコード会社のすごいところ。

今回のライヴではここからは一曲も演らなかった、ファーストアルバム(の、LPとCDの親子写真)がこれ。無色透明ビニール製のジャケットに直接印刷された握り拳(Faust)のレントゲン写真と、同じく無色透明レコード盤。CD盤だけは残念ながら透明というわけにはいかないけど(音出なくなるからね)、それ以外はそっくり同じ。となりに並んでるのに遠近感を感じる、持っていること自体が嬉しくなる仕様のアルバム。

Faust L & S.JPG

ジャケットの外側も内側も、CD盤も全部真っ黒(CDの盤面には黒地にトーン違いの黒字でタイトルが印刷されている)、オリジナルのLPにも付いていた曲ごとのイメージ画が一枚一枚付属しているセカンドアルバムも、紙ジャケCDは持ってるけど、こうして並んだファーストアルバムを見ていると、LPも欲しくなってしまうよね(エコ月間は何処へ?)。


posted by . at 23:25| Comment(5) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。