2008年08月26日

フェルメール展とELP

上野の東京都美術館でやってるフェルメール展に行ってきた。昔、ヨーロッパを旅行したときに彼の作品を何点か観たことがあって、それ以来好きな画家だったから、今回東京でまとめて観られるというので、小雨の降る中を出かけることにした。

うちから上野までは電車を何本か乗り継いで行くんだけど、今日はそのほとんど全ての路線で人身事故による遅れが出ていて、なんとなく幸先の悪い日だとは思ったけど、平日に休みを取って行ける日もそうそうあるもんじゃないので、気にせず遠回りして決行。

Vermeer.JPG


平日の昼間だというのに、結構な人出。美術館なんてずいぶん久し振りだけど、こんなに人がいるもんだっけ。あんまりよく調べずに行ったんだけど、40点弱の展示のうち、フェルメールの絵は7枚だけ。でも、僕の好きな「小路」という絵も観られて満足。その他30点ほどは、人だかりの少ないものだけを選んで観て廻った。

上野にはいくつも美術館があるようで、道すがら『黄金の国ジパングとエル・ドラード展』というポスターを見てしまった。話せば長いんだけど、たまたま昨日寄ったCD屋でかかっていたBGMが何故かピンクレディーのベスト盤だったもんで、そのポスターを見てから東京都美術館に入館するまで、頭の中でずっと同じ曲がぐるぐる回ってしまっていた(僕の説明にしてはあんまり長くなかったね。でもほら、現在35歳以上の人は、曲名書かなくてももう僕と同じ曲が頭の中に流れ始めてしまったでしょ?)。

せっかくのフェルメール展、ピンクレディーを脳内でぐるぐるさせながら観るのもなんだかなぁと思い、無理矢理違う曲のことを思うことにする。えーと、久し振りの美術館なんで…そうだ、「展覧会の絵」にしよう。

Pictures At An Exhibition.jpg Emerson, Lake & Palmer 『Pictures At An Exhibition』

というわけで、脳内BGMを無事変更し、7枚(+α)の絵を堪能して、人だかりの東京都美術館を後にした。

と、今度は、「展覧会の絵」が頭から離れなくなってしまった。ここはひとつ、最近流行の自分内エコ活動の一環として、今年の頭に安値で買ったはいいけどまだ観ていなかった、ELPの『Pictures At An Exhibition』のCDとDVDの2枚組の、DVDの方を観ることにしよう。久々のこのブログでのプログレネタにもなるし。

そもそもこれを安値で入手できた理由は、DVDがPAL方式だったから。でもこの盤、三方見開きの紙ジャケのどこにもレコード会社名が書いてないぞ。CDの盤面には日本のビクターの名前とVICP-62116って日本盤ぽいナンバーが書いてあるし、DVDの方はマンティコア・レーベルのマークは書いてあるけどナンバーも何もないな。これ、ほんとに正規盤なのかな。

しかも、DVDを観てみると、いきなり日本語字幕付き。PALなのに。プログラムの真ん中あたりで一旦画面が暗くなるところからすると、これはきっと日本のレーザーディスクからのコピーだね。確かこのビデオ、海外では「展覧会の絵」だけしか入ってないけど、日本盤は<完全版>とかいって三曲追加されてたんだよね。このDVDにもその三曲入ってるし。

1時間半に及ぶこのビデオ、いかにも70年代初期らしく、やたらとソラリゼーションとかハレーション満載のサイケデリックな映像があちこちにちりばめられている。というか、画面全体ピンクに空色とか、そういう何が映っているのか判然としない画像が何分にもわたって延々と続く。たまにアクセント程度に使われるだけならともかく、これはちょっときついね。

そうでもしなければ単調で観ていられないような映像じゃないんだよ。キース・エマーソン(Keith Emerson)のステージパフォーマンスは話には聞いていたけど、オルガンをガッタガッタ揺らして、挙句の果てに倒したオルガンの下敷きになりながら弾いたり、そのオルガンにナイフを何本も突き立てたり、シンセサイザーに繋がってて、触ると“うにょーん、びにょーん”って音の鳴る変な板みたいなのを股間でしごいたり、とにかくこれでもかというほどの激しいアクション。スタインウェイのグランドピアノの上から手を突っ込んで、弦を直接弾いてるのを見て、「ああ、ピアノって弦楽器だった」と思ったりも。

このビデオ収録後10年もしたら、体型的にはウォーリー・ブライソンと同じ運命を辿ることになるグレッグ・レイク(Greg Lake)も、この時点ではかなりスマートで格好いい。しかも、これがもし女の子だったらちょっと僕好みかも、と思うほどの整った顔つきに、否応なしにプログレ界を代表してしまっているあの歌声(『宮殿』と初期ELPには彼の声しか入ってないんだもんね)。このビデオを観て、ギターも結構上手いんだなと再認識。

日本盤ビデオのボートラ三曲のうち最後の一曲「Knife Edge」で、いかにも70年代風の7分強に亘る退屈な(失礼)ドラム・ソロを披露しているカール・パーマー(Carl Palmer)が、そのソロの途中で、いかにも70年代風のぴっちりしたシャツを窮屈そうに脱ぎ捨てているところもまたご愛嬌。でも、このビデオを観て、少なくともライヴに於いては、このバンドの要はこの人だったのかなと思ったりもした。

ライヴ・ヴィデオとしては、今の目から見ると、これはかなりつらい。NTSC⇒PAL変換のせいか、ソラリゼーションの部分では特にMPEG由来のブロックノイズだらけになって見てられないし。今となっては貴重なパフォーマンスなんだから、もしこれのオリジナルのフィルムが残っているんなら、是非この気の遠くなってしまうような特殊効果抜きで観てみたいところ。

というわけで、付属のDVDは多分もう観返すことはないだろうけど、ELPの代表作のひとつであるCDの方は、これからも何回も繰り返して聴くことになると思う。思えば、中学生のときにFMでエアチェックしたこのアルバム、当時はなんだか音楽の授業の延長みたいに思えてしまってあまり聴くことはなかったけど、今の耳で聴いても(冗長な部分があるのは否めないものの)キャッチーなクラシックのフレーズをパクった(とか言っていいのかな)、実によくできた大衆音楽だと思う。

ところで、今日帰ってきてこれを観て気づいた。フェルメール展を観ていたときにずっと僕の脳内を回っていた「展覧会の絵」だと思っていた曲は、CDのラストに入っている「Nutrocker(胡桃割り人形)」だった…


posted by . at 22:38| Comment(12) | TrackBack(2) | ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。