2008年06月01日

パンクだとかそうじゃないとか - Foxboro Hottubs

タマス・ウェルズの記事ももうずいぶん伸びてきて、ってなんだか髪の毛みたいな言い方だけど、まあそっちはそっちで7月の来日公演に向けて思いついたことをまた少しずつ書き足していくことにして、たまには違う音楽のことも書こう。ルナさん曰く異星人の僕なので、タマスのヘヴィ・ローテーション中でもこういうのも聴けるし。

Stop Drop And Roll.jpg Foxboro Hottubs 『Stop Drop And Roll!!!』

フォクスボロ・ホッタブスというバンドのデビューアルバム。というか、もうあちこちで話題になってるのであっさりネタバレさせると、これはグリーン・デイの覆面バンド。僕は某インターネットサイトでアメリカ盤を買ったはずなんだけど、送られてきたCDにはジャケットの1/4ほどもあるサイズの日本語のステッカーがでかでかと貼ってあって、そこには堂々と

グリーン・デイの覆面プロジェクト!!
1st Singleの「Mother Mary」(T-2)を始め、全編、グリーン・デイを思わせるガレージ・ロック・サウンドで全曲ハズレなし! グリーン・デイのニュー・アルバムが出るまではこれでガマンすべし! 着うたフル配信中!”


などと書いてある。覆面バンドなんて、いくら音や声がバレバレでも、あくまでも「知りません。俺たち新人バンドだもんね」なんてうそぶいているのが面白いのに、こうまであからさまにやられるとちょっとね。

ちゃちな12センチ角の厚紙のジャケにCDが1枚入ってるだけ。日本盤は歌詞・対訳や解説書も付くらしいから、もしかしたらちゃんとしたプラケース入りなのかもしれないけど、この安っぽい作りの方がこのお気軽なプロジェクトに合ってるように思える。

上に載せた写真のとおり、ジャケットからしてまんま60年代風。裏ジャケの細かい表記も、A面・B面はもちろん、当時のLPのパロディらしき文言が沢山。表は黒いからよくわからないけど、裏ジャケの白い部分は経年劣化っぽくかすかに茶色に変色しているんだけど、これもわざとなんだろうか。それとも僕のだけが単に汚れてるだけ?

発売元もJingle Town Recordsとかいう架空のレコード会社。さっきの日本語ステッカーにはQRコードがあって、そこから飛ぶと当然(グリーン・デイ所属の)ワーナー・ミュージック・ジャパンのサイトにたどり着くから、このアメリカ盤も当然ワーナーから出ているはずなんだけど、そのステッカーも含めて、そういう表記は一切なし。大手レーベルでそこまで徹底して遊ばせてあげるというのは、やるね。

で、音の方はというと、上に書き写したステッカーの煽り文句のとおり、60年代風ガレージ〜ロックンロール。6曲目「She's A Saint Not A Celebrity」のイントロは「Summertime Blues」そのままだし、シングル曲「Mother Mary」のモータウン風ビートなど、思わずサザンかよと呟いてしまいそうなほど。B面(笑)に移ると、これが覆面バンドだと知らない人でもきっと「あ、これグリーン・デイ」とすぐにわかってしまうような曲も出てくる。

きっと彼ら、こういう感じの60年代のヒット曲とか大好きなんだろうね。でもグリーン・デイ名義じゃこんなCD出せないし。なにしろ“パンク”の看板を背負って立ってるからね(笑)。うちのブログにたまに書いてある僕のどうでもいい主張によると、グリーン・デイはパンクじゃなくてパワーポップだったりするらしいけど、このアルバムを聴いて一層そう思った次第。

上にリンクを張った日本盤は2580円だそうだけど、多分輸入盤だとその半額ぐらいで手に入ると思う。歌詞とか解説とか読みたい人は日本盤の方を選べばいいけど、本人達もきっとお遊び(決して悪い意味でなく)でやってるこんなお気楽アルバム、こちらも安く買って気軽に聴いて楽しんであげればいいと思うよ。

マイスペのフレンド数がもう2万を越えているようだけど、トップに載っている写真のほとんどが日本人のプリクラなのが笑える。


posted by . at 00:18| Comment(14) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。