2008年05月05日

ピタゴラスイッチ♪

日本に帰ってきてもう半年近く経つのに、いまだに家のテレビにアンテナをつないでいないほど普段テレビを観ない僕だけど、海外在住中に出張などで日本に戻ってきていた時に好んで観ていた番組がある。NHK教育の子供向け番組、ピタゴラスイッチだ。人気番組らしいから、わざわざ僕が内容を説明するほどでもないだろう。たくさんの小コーナーで構成されたその番組で、僕が目当てにしていたコーナーがDVDブックにまとめられて発売されているというので、買ってみた。

pitagora 1.jpg ピタゴラ装置 DVDブック 1
pitagora 2.jpg ピタゴラ装置 DVDブック 2

ビー玉やらピンポン玉やらが、文房具や本などで組み立てられた装置を通って進んでいって、ゴールに到達したときに「ピタゴラスイッチ」というロゴが現れるという、ただそれだけの単純な仕組み。短いのは数秒から長くても数十秒の短いコーナー。それが、見ていて病みつきになる。

前を転がる小さなボールが落とし穴を塞いで後ろから来た大きなボールを通すとか、道から3つのボールがバラバラと落っこちたと思ったら、下に置いてあったミニトランポリンの上で次々に跳ね返って元の道にぴたりと戻ってまた走り出すとか、ほんの数秒の間に数々の見せ場が出てくる。磁石や風を利用した、予想もつかないボールの動きにも魅せられる。

スタート時点でコツンと棒をはじいたボールがどんどん転がっていった挙句、いよいよこの先に道がない!と思ったところに、さっきはじかれた棒がさっと出てきてボールを受け止めるところなんて、まるで綿密に伏線の張られた、上質の小説を読んでいるかのよう。

一見脈絡のない、次から次へと連鎖するいろんな装置にぼーっと見とれているだけでも楽しいし、きめ細かな解説が載っている本を紐解くのもまた面白い。その解説や佐藤雅彦さんのあとがきを読んでもわかるとおり、このほんの数十秒の完成形の数々に至るまでには、それぞれ数日間にわたる試行錯誤と、ほんのコンマ何秒・紙一重の差で失敗した何十ものNGテイクが重ねられているのが想像できる。

子供向けだなんてとんでもない。1、2それぞれ約20分というコンパクトな収録時間もあって、暇があれば何度も何度も繰り返し観てしまう。お陰で、“ピタゴラスイッチ♪”というあの単純なジングルが頭にこびりついてしまってしょうがない。こんな適当な値段で簡単に手に入るこのDVDブック、素晴らしい芸術作品だと思う。

↓ちょっとひとつ見てみて。



posted by . at 23:42| Comment(12) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。