2008年04月13日

Sherwood live in Tokyo

去年11月以来久々の、そして僕が日本に帰ってきてから初めてのライヴレポートは、昨日行われた新宿ACBホールでのシャーウッド。

1月にセカンドアルバムが日本発売になったのを記念してのジャパンツアー。幕張メッセで行われたパンクスプリングなんてフェス系イベントを皮切りに、ポリシックスなど日本のバンドの前座も含めて、ジャパンツアー全7公演。昨日は、東京初日で、東京では唯一彼らがメインアクトとなる公演だった。

彼らの前に日本のバンドが3組(前座という呼び方が正確なのかどうかわからない。そのうち一つのバンドはお揃いのロゴ入りシャツを着たファンの一団がステージ前に陣取っていたぐらいの人気だったから。僕は知らない人たちだったけど、きっとその筋では有名なんだろうね)。ちょっといいなと思ったバンドもいれば、正直30分聴いているのが辛いようなのもあった。

6時開場から立ちっぱなしで3時間強、そろそろ年配者の腰にはきつくなってきた頃に、いよいよシャーウッドの登場。狭いステージの真ん中にキーボードが置いてあるうえ、5人のメンバーのうちボーカルのネイトとギターのダンは熊並みのサイズ(若干誇張)なので、目測で200人超は入っていたと思われる満員の観客席にも負けないほど、ステージ上も人がびっしり。



オープニングは「Middle Of The Night」。僕の立っていた位置のせいか、音がかなり割れている。ネイトのベースの音が結構大きめだったのに加えて、ギタリストが2人ともテレキャスターでギャンギャンかき鳴らすもんだから、スピーカーのすぐ近くにいると、鼓膜がどうにかなってしまいそうだった。

続く「The Only Song」は途中でテンポを落とし、メドレーで別の曲につなげたのかと思わせるような展開も。この曲に限らず、CDとはちょっとアレンジが違うという曲もいくつかあった。

ファーストアルバムから2曲続けて演った後、ゲット・アップ・キッズの「Holiday」のカバーも披露。やっぱりその手のバンドが好きなんだね。これはこれでよかったんだけど、終わってみたらもっと彼ら自身の持ち歌を演ってほしかったなと思ってしまった(後で書くけど、なにしろ短かったからね)。

ステージ上で喋っているのは主に新加入のギタリスト、デイヴィッド。覚えたてみたいな日本語でいろいろとこちらに話しかけてくる。アンプにアンチョコが貼ってあったというのもあるけど、一所懸命コミュニケーションを取ろうと頑張ってるところがいいね。やたらヤギがどうとか言ってたけど、あれは何かお決まりのギャグなのか?あとは、しきりに「かわいいね」とか連発してて、どういうシチュエーションで日本語を覚えてるのかがよくわかった(笑)

8曲目「Song In My Head」が終わったところで、“次が最後の曲”とのアナウンス。それはいくらなんでも早すぎるだろう。それまでの前座のバンドだって最低30分、3組目なんて1時間近く演ってたのに、メインのシャーウッドがここまでわずか30分強。でも、(後で見たセットリストには載っていなかった)ファーストアルバムからの「I'll Wait For You」を演奏してやっぱり終了。その後(こちらはセットリストにちゃんと9曲目として載ってた)「For The Longest Time」をアンコールで演奏。

結局、アンコール前に楽屋に引っ込んでいた時間なんかも含めて、45分ほどのコンパクトなステージだった。10時までに終わらないといけないって規則でもあったのかな。すごく盛り上がっていた割りには、そのあたりは“ルール通り”みたいな感じがして、ちょっと不満。ファーストからなら、僕の一番好きな「You're Like A Ghost」とかも演ってほしかったのに(でも、その曲はファーストのブックレットに既に“ライヴでは演奏したことのない曲”なんて書かれてて、最初から望み薄だったんだけどね)。

客電が点き、機材の片付けが始まろうという頃に、ステージ前にバラバラとメンバーが出てきて、サイン会&写真撮影会タイム。一番人気は、ライヴ中ろくにキーボードも弾かずに(?)狂ったように飛び跳ねたり踊ったりしていた、キーボードのマイキー。もちろん他のメンバーにも沢山の客が群がっていたんだけど、彼の前だけ最後まで長蛇の列だったのは、彼が一番、一人ひとりといつまでも話してたからだね。

新規加入のデイヴィッドにサインをもらうときに、「君はこのアルバムには参加してないよね」と言うと、ブックレットの“Additional vocals by David Provenzano”という箇所にマジックで下線を引かれた。正式メンバーになれてよかったね。

Front.JPG Back.JPG

僕が一番話したかったのは、このバンドのソングライターである、ギターのダン。ステージ上では一切喋らず、そんな大きなアクションをするわけでもないけど、自分が書いた数々のメロディアスな曲に綺麗なコーラスをつけ、演奏中に“ここでスネアの音”みたいな仕草でドラムスのジョーを指差していたのを見て、ますます格好いいなと思ってしまった。僕が着ていた、彼がファンであることを公言しているあるアーティストのシャツを指差して、「いいよね」とひとしきり歓談。

とは言ってみたものの、どうも僕は今回みたいな、女の子のファンが沢山いるようなアーティストといつまでも話すのを躊躇してしまう。自分の後ろに並んでいる女の子たちには「おじさん、そろそろいいでしょ」と思われてて、当のアーティストからは「早く次の女の子と話したいんだけど」と思われているような気がしてしまって。そんなこと誰も思ってないのかもしれないけど、つい遠慮して早めに切り上げてしまうんだよね(被害妄想)。

セットリストは上に書いた「I'll Wait For You」以外はこの写真通り。セカンドアルバム『A Different Light』の1〜4曲目、7・9曲目という王道の選曲。プラス、ファーストアルバムから3曲。さっきも書いたけど、本当はもっと他にも演ってほしい曲がいくつかあったんだけどな。でも、今回のツアーの他公演の曲目を見ても、ほぼ似通った内容。実はあんまりアドリブ利く人たちじゃないのかも。

Sherwood track list.jpg

ライヴ終了からかれこれ18時間が経つんだけど、まだ片耳がおかしい。最初におかしいなと思ったのは、昨日の帰り。シャーウッドの曲を口笛で吹きながら歩いていたんだけど、それが全然自分の口笛の音に聞こえなかったこと。まるで右斜め後ろで誰かが甲高い笛を吹いているような感じ。今でもずっと耳の奥でキーンという音が鳴っていて、低音がまるで聞こえない。大音量のライヴにはこれまで何度も行ったけど、こんなにいつまでもおかしいのは初めてかも。ほんとに鼓膜がどうにかなってしまったかな。年のせいかな。治るんだろうか。


posted by . at 16:59| Comment(10) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。