2008年04月05日

箱庭の王様のうた - Egil Olsen

待ちに待った発売日にいそいそとCDを買いに行ったのも久し振りなら、日本盤の帯に表示されている定価そのままをレジに支払ったのもずいぶん久し振りなんじゃないだろうか。しばらく前にその名前と彼の歌を知り、世間一般の(今の時点での)知名度はともかく、個人的にはまさに“満を持して”発売されたノルウェーのSSWの日本初登場のアルバム。

I Am A Singer Songwriter.jpg Egil Olsen 『I Am A Singer / Songwriter』

アルバムのタイトルトラックであり、彼の代表作ともいえる「Singer/Songwriter」を聴くのが、このエギル・オルセンというアーティストをまず知るには最適だろう。一瞬、小さな女の子が泣いているのかと思ってしまうほど、か細い震えるような声で歌いだされる。左右のチャンネルに重ねられた、夢見るようなアコースティックギターのアルペジオの音だけがその声を支えている。3分に満たないほどの小曲。だけど、彼の作る箱庭のような世界に引き込まれるにはそれで充分だ。

続く、彼がアメリカを放浪していたときの経験を綴ったという「California」から、アルバム4曲目「Deep Down The Basement」まで、同じスタイルの弾き語りが続く。わずか一段落前に自分で書いた「Singer/Songwriter」が彼の代表作というのを取り消したくなってしまうほどの佳曲揃いだ。

5曲目「Same Old Fool」と6曲目「Papers And Pens」はちょっと趣向を変えて、エレクトリック・ギターに持ち替えている。ロックを演っているというわけではないけれど、ちょっと一本調子になってしまいがちなこの手のSSWのアルバムの色調を変えるのに効果的なアクセントの役割を果たしている。とはいえ、ブギっぽいリズムの8曲目「Back On My Feet」はこのアルバムに於いてはかなり異色。まあ、パラノイアックなエンディングの音を聴けば、これもまた彼の箱庭の一風景と理解できるけれども。

彼の歌を特徴づけているのは、やはりその声。ほとんどの部分をハイピッチなファルセットで歌っており、聴く人によっては好き嫌いが分かれるところだろう。ファルセットで歌う男というとどうも色物っぽく受け取られてしまうところがあるかもしれない。けれど、不思議とコミカルでも妖艶でもないこんなファルセット・ボイスには、なかなか出会えるものじゃない。

Singer Songwriter Original.jpg好き嫌いが分かれるといえば、上に載せた日本盤のジャケとは違った、オリジナルのノルウェー盤のこのイラストも。エギル自身が描いたという、彼と彼の愛犬(「You And I(And The Dog)」という曲にも登場する)の自画像は、日本盤のブックレットにも、それぞれの曲の情景を説明するという形で多数掲載されている。愛嬌もインパクトもあって、僕は個人的には嫌いなイラストではないけれど、やはりこのイメージで日本初登場というのは、ちょっとしたリスクだったんだろうね(笑)

「どうしてもこっちのジャケがいい」という人はちょっと苦労してオリジナル盤を手に入れてくれればいいけど、日本盤にはボーナストラックが1曲収録されているから、それもちゃんと考慮するように。彼が以前在籍したアンクルズ・インスティテューションというバンド(ほとんど彼のワンマンだったらしいけど)時代に書いた曲をソロで再録したデモ録音だ。

彼の曲の一節にこういうのがある。

  ほとんど誰も僕のことを聴いたことはないけど
  聴いた人は、僕を王様みたいに思う


こういう、ちょっとした自虐的虚栄心(笑)は彼の詞のあちこちに顔を出していて、アルバムの謝辞の最後にも「このアルバムを買ってくれたあなたへ、そんなにエギル・オルセンの熱狂的なファンでいてくれてありがとう」なんて具合に書かれているんだけど、でも小さな箱庭で愛犬のパグを連れた孤独な王様がこれからどんな音楽を作っていくのかには興味津々だ。

マイスペース


posted by . at 13:39| Comment(10) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。