2008年03月20日

三部作完結編 - Twinklehead

Twinklehead..jpg Twinklehead 『Twinklehead』

北欧三部作(さっき決めた)の最後を締めくくるのは、ノルウェーの3人組、トゥインクルヘッド。3人組とはいっても、本作のプロデューサーも兼任するヘンリク・モイ・アスキルドセン(Henrik Moy Askildsen)と、本作のエグゼクティヴ・プロデューサーも兼任するトマス・へランド(Thomas Helland)の二人がギターとキーボード類、もう一人がベースという妙な組み合わせ。社長と専務と平社員みたいなものだろうか。

加えて、セッション・ミュージシャンとして9人もの名前がクレジットされている。中でもトップに載っているこれまたキーボード類担当のヴィダール・エルスフォード(Vidar Ersfjord)は、正式メンバーであるベーシストを差し置いて本作の共同プロデューサーとしてもクレジットされている。平社員よりもよっぽど出来のいい派遣社員、といったところか。


爽やかな鳥のさえずりでアルバムは幕を開け、そこにピンク・フロイド「Echoes」のオープニングでおなじみのあのソナーのような音が被さってくる。オリジナルのあの音はピアノのアウトプットをハモンドオルガン用のレズリースピーカーにつないだときに偶然出た音で、その後いくら再現しようとしても同じ音が出なかったという逸話が残っているんだけど、これはもしかするとそのレコードからサンプリングしたものかな。

ピンク・フロイドの名前を出したけれど、この人たちの書くとてもメランコリックなメロディー(ほとんどの曲はヘンリク作)は、僕に初期ピンク・フロイドの曲を思い起こさせる。初期ピンク・フロイドといっても、必ずしもシド・バレットの曲というわけでなく、例えばリック・ライトの手になる「Paintbox」とか、ロジャー・ウォーターズの「Julia Dream」とか。あるいは、『Ram』の頃のポール・マカートニーや初期ビー・ジーズの音に近いといってもいいだろうか。そういう、60年代末期〜70年代初期の匂いがプンプンするメロディーライン。

それが、前述したとおり、ピアノやハモンドなど数々のキーボード類を中心とした音に乗せられて、いかにも北欧ポップらしいジェントルな声で歌われる。隠し味的に使われているメロトロンの音もプログレちっくだし、クレジットに「エレクトリック・ギター」と書かずにあえて「テレキャスター」とこだわった、テレキャス特有のちょっとギスギスした音にも味がある。

彼らのマイスペースに行ってみると、「影響を受けた音楽」として、すごい数のアーティストの名前が挙げられている。曰く、ELO、ピンク・フロイド、ジェネシス、スーパートランプ、イエス、ブラー、ジェイソン・フォークナー、シド・バレット、エール、ビー・ジーズ、ニック・ナイスリー、ジョージ・ハリスン、ビートルズ、キンクス、ビーチ・ボーイズ、アイドル・レース、XTC、ケイト・ブッシュ、ラッシュ(Lの方)、ムーディー・ブルーズ、ペット・ショップ・ボーイズ、ライド、Tレックス、ジェフ・リン...。ああ、わかるわかる。キーワードは60年代〜70年代前半プログレ & 80年代後半〜90年代王道ポップスといったところか。それにしても、ピンク・フロイドとペット・ショップ・ボーイズが両方好きという人たちがここにもいたかと思うと、嬉しくなるね。

アルバムのほとんどがミディアム・テンポのゆったりした曲の中、4曲目「Get It On」(Tレックスに非ず)だけはちょっとアップ・テンポの、いかにも60年代ポップスといった風情のいかした曲。この曲のPVはマイスペースで観られるけど、メンバーの子供の幼稚園での光景を撮っただけなんじゃないのか?というおとぼけぶり。

9曲目「Above The Sky」の途中で、古いテレビから流れているような映画の台詞が入ってくるところもいい。何の映画かはわからないけど。こういうところも『The Wall』〜『The Final Cut』あたりのピンク・フロイド風?

続く10曲目「Forensic Detectives」が、わずか37分のアルバムの幕引き。ピアノの弾き語りで始まり、ベースに導かれて流麗なストリングスがかぶさり、やがてアコースティック・ギターとドラムスも入って徐々に音数が増えていき、コーラスも交えて最高潮に盛り上がったところで、ふと音が途絶える。最後に残るのは悲しげなピアノの音と、鳥のさえずり。ここでまたアルバム冒頭に戻る、というわけだ(こういうところも『The Wall』風?しつこいけど)。


アマゾンなどのネットショップでも、都内の大手CDショップでも見かけたことのないこのCDを僕が入手したのは、友達に教えてもらった、渋谷にあるApple Crumble Recordという小さなレコ屋。ギターポップ、北欧ポップなどのレアなCDやレコードが沢山置いてある、僕みたいな人間にとっては宝箱みたいな素敵なお店だ。


ところで、ふと気づいたんだけど、最近ルナさんがスピッツ話でコメント欄をシマシマにしているシャーウッドのこのアルバム
A Different Light.jpg

と、今回のこのアルバム
Twinklehead..jpg

なんだか似てない?


posted by . at 20:15| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。