2008年03月14日

さらに北へ - Amiina

Kurr..jpg Amiina 『Kurr』

木漏れ日の中をたくさんの妖精が飛び交っている場面。
どこか他の惑星かと思うような、見渡す限りの一枚岩の光景。
一度も来たことはないのに、確かに自分が居た気がする異国の町。

ほんの今まで見ていたはずなのに、目を覚ました瞬間、もうその内容のかけらさえも思い出せない、でもとても気持ちよかった夢の中でかかっていた音楽はいつもこれだったような錯覚に陥る。

こんなにシンプルなのに、これほどまでに視覚に訴えてくる音楽もそう多くはないだろう。そう、確かに耳から聴いているんだけど、音楽を聴いているというよりは、いろいろな(しかもこの上なく抽象的な)光景が目の前に浮かんでくるような感触が心地好い。

アイスランドの音楽学校の同級生だったという、ジャケットに写った4人のメンバーが奏でるヴァイオリン、チェロ、ヴィオラを主に、トランペット、トロンボーン、マンドリン、アコースティック・ギター、木琴、グロッケンシュピール、チャイム、オルガンなどの楽器と、オルゴール、ワイングラス、ノコギリなど身の回りのありとあらゆるものを加え、ほんの少しの電子音を足して出来上がった音。ところどころに、ささやくようなコーラスとハミングが入っている。

暖かくもあり、同時に冷たくもある音。一日の終わりに聴いていると、心臓の周りに絡まった硬い糸のようなものがゆっくりと少しずつ解きほぐされていくのが実感できる。

もちろんそういう所謂ヒーリング音楽としてこれを聴くことは間違ってはいないだろうけど、今のところ僕が実感した一番楽しいアミーナの聴き方は、携帯音楽プレイヤーに入れて、一応遮音性のあるきちんとしたヘッドフォンを着け、轟音で聴きながら歩いてみることだ。どんな雑踏にいようと、たとえ満員電車の中だろうと、確実に自分の周りの景色が変わるよ。

シガー・ロスのアルバムに弦楽四重奏者として参加しただとか、この質感はかつてペンギン・カフェ・オーケストラが持っていたものと非常によく似ているだとか、音楽的に御託を並べることはいくらでもできるけど、今回はそういうのをゴチャゴチャ書くのは野暮というものだろう。こんな音楽を作る人たちがいるアイスランドという国を一度は訪れてみたいと思ってしまう、それだけ。
posted by . at 22:40| Comment(22) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする