2008年03月31日

枯れたまま育つ - Dolorean

例えば、トム・ウェイツがデビューしたときって、きっとこんな風だったんじゃないだろうか。シンガー・ソングライターのレコードなんだけど、当時流行していた爽やかな・あるいは内省的なウエストコーストのSSWとは明らかに趣が違う、そのレコードをかけた場所だけが夜の色に染まってしまう感じ。

Not Exotic.jpg Dolorean 『Not Exotic』 

トム・ウェイツの『Closing Time』からちょうど30年後にあたる03年に発表された、アメリカはオレゴン州ポートランドのバンド、ドロリーンのデビューアルバム『Not Exotic』を聴いて、僕はそんな感想を持った。誤解を恐れて(笑)弁明するなら、このアルバムには『Closing Time』のもつあのどこにも行き場のない厭世観はない。でも、これが新人バンドのデビューアルバムかと思ってしまうほどの枯れた世界がここにはある。僕の知っている最近のバンドでこれに一番近い感触を持っているのは、グレイト・レイク・スイマーズだろうか。

そこで鳴っている楽器は極めてオーソドックスなもの。ギターとヴォーカルのアル・ジェイムスを中心とした5人組。強いて言えば、5人目のメンバーの担当楽器がチェロということぐらいがオーソドックスとは言えないか。アルバムは、そのチェロの陰鬱な音で幕を開ける。

統一感のあるアルバムだと思う。その冒頭の曲から一貫して、夕暮れから夜に至るイメージを喚起させてくれる。三拍子の曲がアルバムの大半を占めていることも、この一貫して落ち着いた雰囲気を持続させることの一助になっているのかも。


Violence In The Snowy Fields.bmp Dolorean 『Violence In The Snowy Fields』

翌年発表のセカンドアルバム『Violence In The Snowy Fields』は、一体この人たちに何があったのかと思うほど明るい曲調の「The Search」がオープニング。まるでイーグルスかポコか、といった爽やかなウェストコースト・サウンド。

それでも、ファーストで聴けた、あのしっとりとした雰囲気は健在。いや、むしろ曲の出来という意味ではこのアルバムの方が格段に進歩しているんじゃないかな。日本でほとんど露出のないこのバンドのことをネットで調べていると、何故あちこちでニール・ヤングの名前が引き合いに出されるのかが、このアルバムを聴くとわかる気がする。

とてもよくバランスの取れたアルバムだ。前作にはなかったミディアム・テンポのカントリー調ロックから、相変わらず渋く聴かせるワルツまで。さっき名前を挙げたイーグルスやポコを髣髴とさせる素敵なコーラス・ワークも聴ける。この先まで読み進む人にこういうことを言ってしまうのもなんだけど、このバンドを聴いてみようと思うなら、まずこのアルバムから入るのが正しい聴き方というものだろう。


You Can't Win.jpg Dolorean 『You Can't Win』

もともと僕がこのバンドの名前を知ることになったのは、ニック・ロウやビリー・ブラッグのアルバムを買ったことで定期的に送られてくるようになったイェップ・ロック・レコード(Yep Roc Records)のメルマガを通じてのこと。半年ほど前にこの最新作『You Can't Win』が発売されたときに、アルバム全曲無料ストリーミングという大胆なプロモーションをしていたのがきっかけだった。

だけど、僕はそのときはこのアルバムは買わず、まず先の2枚をあちこちの中古レコ屋で格安で手に入れた。そこで大いにこのバンドのことを気に入って、この最新作のアナログ盤をオーダーしたというわけだ。アナログ盤を買った理由はもちろん、去年7月8日の記事「LPと算数」に書いたニック・ロウのアルバム同様、購入時にMP3音源がダウンロードできたから。LP自体は180グラムの重量盤だし。

最近このLP+MP3無料ダウンロードという方式が増えてきて喜ばしい限りなんだけど、このイェップ・ロック方式は、よくあるジャケットにクーポンが封入されているタイプでなく、ネット上で支払いを済ませた瞬間に即ダウンロードできるというのが優れてるね。まあ、レーベルのサイトから直接買わないといけないというのが、難点といえば難点だけど。そういえば、近々発売されるエルヴィス・コステロの新譜は、なんとLP(+MP3ダウンロード)とMP3のみという形態になるようだね。CDでの発売はないんだって。僕はそれでも全然かまわないんだけど、いよいよ音楽CDというフォーマットも末期という感じだね。

話がずれてしまった。せっかく今日は記事を短くまとめようとしてるってのに。さて、3年ぶりとなるこのサードアルバム、ファースト⇒セカンドへの成長ぶりとは全く違ったベクトルの向きへ方向転換した観がある。

冒頭のアルバムタイトルトラック「You Can't Win」から、音響系のようなぼわーっとした音に、曲名のリフレインが延々と続く奇妙な曲。2曲目「We Winter Wrens」で、前作までのあのしっとりとしたドロリーン節が帰ってくるんだけど、なんとなくそこの繋ぎがちょっと唐突でいまいちしっくりこない感じがしてしまう。

LPでのA面ラスト「You Don't Want To Know」もまたボーカルにリヴァーヴが効きまくった音響系風。LPだとこの2曲がオープニングとエンディングで対になっているというのがわかるけど、これCDで続けて聴くと非常にわかりにくい構成だろうな(と、普段はネットワークウォークマンに入れたMP3音源で聴いている僕が証言)。

彼らのマイスペースに載っている、アルによるアルバム解説によると、ファースト⇒セカンドと成長したところからの予定調和的なアルバムを作りたくなかった故のこの変化だとのこと。それはわかるけれど、でもマイスペースにアップしている4曲(このアルバムのA2、A3、A4、B3)がいずれも正統派ドロリーン風なのをみると、やっぱり曲として自信があるのはその手の曲なんだなと思う。

うーん、どうもけなしてるようにしか読めないかな。では、まずはさっきのマイスペースで「We Winter Wrens」あたりから聴いてみてほしい。決してこのアルバムが駄曲の詰まった失敗作でないというのがわかるから。デビュー時から変わらぬ枯れた味わいの、でもずっと成長した姿がここにある。

ネガティブな意味合いのアルバムタイトルは、このアルバムを制作しはじめた頃のアルの何をやってもうまくいかないという心情を反映していたそうだけど、このアルバムを完成させてリリースにこぎつけた頃には、その同じ言葉がむしろ前向きな意味を帯びてきたという。どうせ勝てないんだから、気負わなくていいよ、って。

そういう考え方って、たまには必要だと思う。何をやってもうまくいかないときにはね。
posted by . at 00:21| Comment(12) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

三部作完結編 - Twinklehead

Twinklehead..jpg Twinklehead 『Twinklehead』

北欧三部作(さっき決めた)の最後を締めくくるのは、ノルウェーの3人組、トゥインクルヘッド。3人組とはいっても、本作のプロデューサーも兼任するヘンリク・モイ・アスキルドセン(Henrik Moy Askildsen)と、本作のエグゼクティヴ・プロデューサーも兼任するトマス・へランド(Thomas Helland)の二人がギターとキーボード類、もう一人がベースという妙な組み合わせ。社長と専務と平社員みたいなものだろうか。

加えて、セッション・ミュージシャンとして9人もの名前がクレジットされている。中でもトップに載っているこれまたキーボード類担当のヴィダール・エルスフォード(Vidar Ersfjord)は、正式メンバーであるベーシストを差し置いて本作の共同プロデューサーとしてもクレジットされている。平社員よりもよっぽど出来のいい派遣社員、といったところか。


爽やかな鳥のさえずりでアルバムは幕を開け、そこにピンク・フロイド「Echoes」のオープニングでおなじみのあのソナーのような音が被さってくる。オリジナルのあの音はピアノのアウトプットをハモンドオルガン用のレズリースピーカーにつないだときに偶然出た音で、その後いくら再現しようとしても同じ音が出なかったという逸話が残っているんだけど、これはもしかするとそのレコードからサンプリングしたものかな。

ピンク・フロイドの名前を出したけれど、この人たちの書くとてもメランコリックなメロディー(ほとんどの曲はヘンリク作)は、僕に初期ピンク・フロイドの曲を思い起こさせる。初期ピンク・フロイドといっても、必ずしもシド・バレットの曲というわけでなく、例えばリック・ライトの手になる「Paintbox」とか、ロジャー・ウォーターズの「Julia Dream」とか。あるいは、『Ram』の頃のポール・マカートニーや初期ビー・ジーズの音に近いといってもいいだろうか。そういう、60年代末期〜70年代初期の匂いがプンプンするメロディーライン。

それが、前述したとおり、ピアノやハモンドなど数々のキーボード類を中心とした音に乗せられて、いかにも北欧ポップらしいジェントルな声で歌われる。隠し味的に使われているメロトロンの音もプログレちっくだし、クレジットに「エレクトリック・ギター」と書かずにあえて「テレキャスター」とこだわった、テレキャス特有のちょっとギスギスした音にも味がある。

彼らのマイスペースに行ってみると、「影響を受けた音楽」として、すごい数のアーティストの名前が挙げられている。曰く、ELO、ピンク・フロイド、ジェネシス、スーパートランプ、イエス、ブラー、ジェイソン・フォークナー、シド・バレット、エール、ビー・ジーズ、ニック・ナイスリー、ジョージ・ハリスン、ビートルズ、キンクス、ビーチ・ボーイズ、アイドル・レース、XTC、ケイト・ブッシュ、ラッシュ(Lの方)、ムーディー・ブルーズ、ペット・ショップ・ボーイズ、ライド、Tレックス、ジェフ・リン...。ああ、わかるわかる。キーワードは60年代〜70年代前半プログレ & 80年代後半〜90年代王道ポップスといったところか。それにしても、ピンク・フロイドとペット・ショップ・ボーイズが両方好きという人たちがここにもいたかと思うと、嬉しくなるね。

アルバムのほとんどがミディアム・テンポのゆったりした曲の中、4曲目「Get It On」(Tレックスに非ず)だけはちょっとアップ・テンポの、いかにも60年代ポップスといった風情のいかした曲。この曲のPVはマイスペースで観られるけど、メンバーの子供の幼稚園での光景を撮っただけなんじゃないのか?というおとぼけぶり。

9曲目「Above The Sky」の途中で、古いテレビから流れているような映画の台詞が入ってくるところもいい。何の映画かはわからないけど。こういうところも『The Wall』〜『The Final Cut』あたりのピンク・フロイド風?

続く10曲目「Forensic Detectives」が、わずか37分のアルバムの幕引き。ピアノの弾き語りで始まり、ベースに導かれて流麗なストリングスがかぶさり、やがてアコースティック・ギターとドラムスも入って徐々に音数が増えていき、コーラスも交えて最高潮に盛り上がったところで、ふと音が途絶える。最後に残るのは悲しげなピアノの音と、鳥のさえずり。ここでまたアルバム冒頭に戻る、というわけだ(こういうところも『The Wall』風?しつこいけど)。


アマゾンなどのネットショップでも、都内の大手CDショップでも見かけたことのないこのCDを僕が入手したのは、友達に教えてもらった、渋谷にあるApple Crumble Recordという小さなレコ屋。ギターポップ、北欧ポップなどのレアなCDやレコードが沢山置いてある、僕みたいな人間にとっては宝箱みたいな素敵なお店だ。


ところで、ふと気づいたんだけど、最近ルナさんがスピッツ話でコメント欄をシマシマにしているシャーウッドのこのアルバム
A Different Light.jpg

と、今回のこのアルバム
Twinklehead..jpg

なんだか似てない?
posted by . at 20:15| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

さらに北へ - Amiina

Kurr..jpg Amiina 『Kurr』

木漏れ日の中をたくさんの妖精が飛び交っている場面。
どこか他の惑星かと思うような、見渡す限りの一枚岩の光景。
一度も来たことはないのに、確かに自分が居た気がする異国の町。

ほんの今まで見ていたはずなのに、目を覚ました瞬間、もうその内容のかけらさえも思い出せない、でもとても気持ちよかった夢の中でかかっていた音楽はいつもこれだったような錯覚に陥る。

こんなにシンプルなのに、これほどまでに視覚に訴えてくる音楽もそう多くはないだろう。そう、確かに耳から聴いているんだけど、音楽を聴いているというよりは、いろいろな(しかもこの上なく抽象的な)光景が目の前に浮かんでくるような感触が心地好い。

アイスランドの音楽学校の同級生だったという、ジャケットに写った4人のメンバーが奏でるヴァイオリン、チェロ、ヴィオラを主に、トランペット、トロンボーン、マンドリン、アコースティック・ギター、木琴、グロッケンシュピール、チャイム、オルガンなどの楽器と、オルゴール、ワイングラス、ノコギリなど身の回りのありとあらゆるものを加え、ほんの少しの電子音を足して出来上がった音。ところどころに、ささやくようなコーラスとハミングが入っている。

暖かくもあり、同時に冷たくもある音。一日の終わりに聴いていると、心臓の周りに絡まった硬い糸のようなものがゆっくりと少しずつ解きほぐされていくのが実感できる。

もちろんそういう所謂ヒーリング音楽としてこれを聴くことは間違ってはいないだろうけど、今のところ僕が実感した一番楽しいアミーナの聴き方は、携帯音楽プレイヤーに入れて、一応遮音性のあるきちんとしたヘッドフォンを着け、轟音で聴きながら歩いてみることだ。どんな雑踏にいようと、たとえ満員電車の中だろうと、確実に自分の周りの景色が変わるよ。

シガー・ロスのアルバムに弦楽四重奏者として参加しただとか、この質感はかつてペンギン・カフェ・オーケストラが持っていたものと非常によく似ているだとか、音楽的に御託を並べることはいくらでもできるけど、今回はそういうのをゴチャゴチャ書くのは野暮というものだろう。こんな音楽を作る人たちがいるアイスランドという国を一度は訪れてみたいと思ってしまう、それだけ。
posted by . at 22:40| Comment(22) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする