2008年02月02日

日記2

今週連夜の飲み会も三日目に入り、しかもその日はまず初対面の友達を駅まで見送りに行き(「初対面の友達」という奇妙なフレーズが妙に似合うこの界隈)、そこで軽くビールを二杯飲んだ後、会社の宴会へ。

飲み放題だというので焼酎のボトルを頼んだら、なかなか出てこない。幹事さんが催促に行くと、「今作ってます」とのこと。何だ?今作ってるってのは?

出てきた焼酎は妙に甘ったるい味のする得体の知れないものだった。飲み放題なんてこんなもんかと諦めつつ、ちびりちびりと2〜3杯やってから、その日の次の宴会へ(こんなこと書いてるから休肝日設けろとか言われるんだろうな)。

最後は花火付シュークリームタワーで締めたその会の帰りの電車あたりからなんだか変な気分に。とは言っても、本人はもうすっかり酔っ払ってるつもりなので、傍からは単なる寡黙な紳士程度に見えただけかも。

おかしいなと思いだしたのは次の日。そんなに量を飲んだつもりはなかったけど、二日酔いかなと思いながら出社。それが、昼を過ぎても夕方になっても治らず。おまけに、朝からひどい下痢で何度もトイレに駆け込む始末。昼飯も、少し食べただけで吐き気が。

風邪かな?いや、昨日の焼酎、やっぱり工業用アルコールか何かを混ぜてあったのかも。などと思いながら、とてもその日の夜に予定されていた今週最後の飲み会には参加できず、断りのメールを入れて早退。返信には、「中国製のギョーザ食べましたか?」との文言。ああ、そういうタイムリーな可能性もあったか。

帰宅してすぐに風呂に入るが、41度のお湯に浸かっているのに悪寒が取れない。悪寒と言ってもルナさんのことではなく、などという冗談が頭に浮かぶが、それどころではないのでとりあえず風呂から出てすぐ寝る。

気がつくと15時間ぶっ通しで寝ていた。起きたのは昨日の昼。とりあえず何か口に入れないといけないので、おかゆを食べてまた嘔吐感(でも吐かない)。しばらくするとまた眠くなってくる。まるでツェツェバエに刺されたみたいに眠い。

次に起きたときにはもう病院も既に閉まっている時刻。やれやれ、病院は明日早起きして行くことにするか。

夜にたまたま界隈で出会った友達の暖かいお言葉 「ノロウィルスじゃない?最近、近所の病院でノロで亡くなった人がいるからね」。

友達って、いいな。

またぐっすり寝て、今朝はちゃんと9時起きで病院へ。果たしてノロか。工業用焼酎か。はたまた知らぬ間に食べた中国製ギョーザか。

「ああ、これはノロとかじゃないですよ。嘔吐下痢症ですね」

は?何そのひねりのない名前は。

というわけで、どっさり薬をもらってきて、現在療養中。さっき体重計に乗ったら、なんと二日で4キロも減ってた。「そのハラがいいのです」とまで言われた腹も見る影もなく(若干誇張中)。


今週末こそは久し振りに長文アルバムレビューを書いて、読む人をヨロヨロさせようとたくらんでいたのに、残念ながらこっちがヨロヨロしてしまっているので、断念。せめてもの言い訳に、予想外に短いインターバルでの日記をしたためました。え、そんなことしてないで早く寝ろって?そうだよね。

では、皆さんまた明日のお昼に。おやすみなさい。


今日のBGM
Air 『The Virgin Suicides』
posted by . at 23:08| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする