2008年01月26日

2007年個人的ベストアルバム

コメント欄でのカブ子さんを始め、何人かの方にこのベストアルバム記事を楽しみにしていると言っていただいた。そんなに期待していただくほどのものでもないんだけど、備忘録的な意味でも、一応去年(も)買いまくった中から気に入ったものを10枚リストアップしておくことにしよう。例によって、候補に入れたものは2007年に発売されたものだけという縛り。

このブログを始める前からずっと作っている例年のベスト10とはちょっとルールを変えて、年内に買えなかった新譜を1月に急いで買い集めて、いいものがあればそれも入れようと思っていたんだけど、残念ながら10位内に食い込んでくるものはなかった。まあ、一年かけて自分の思い出を積み上げながら聴き込んできたものと、こんな短期間で慌てて聴いたものを比べて評価しようというのは、はなから不公平だとは思うけど。そういう緊急ノミネート作の中にも、きちんと時間をかけて聴けばもっと好きになるだろうと思われるものも沢山あったから、しばらくしてから再選考したら、もしかしたらこれとは違う結果になるかもしれない。


<第十位>
マイ・ケミカル・ロマンス 『The Black Parade』
The Black Parade.jpg

3月10日の記事で取り上げたこのアルバムを入れるかどうかは結構迷った。その記事にも随分とネガティブなことをあれこれと書いたけど、きっと僕が次点にしてしまったような数々のアルバムに比べても音楽的には何ら優れたところはないと思う。でも、おそらくこのバンドが今後僕のベスト10に入るようなアルバムを作れることはまずないだろうと思うから、ちょっとご祝儀の意味合いも込めて。それに、聴いた回数はかなりのものになるのは本当だからね。僕が自動車通勤をしていた時期に、車の中で爆音で聴いて気持ちいいこういうアルバムと出会えた幸運も含めてのベスト10入り。


<第九位>
ブルース・スプリングスティーン 『Magic』
magic.jpg

10月15日の記事のコメント欄に「10点満点の7点といったところのアルバムです。シニア割引で8点にしてあげてもいいかな」と書いたアルバム。別のアーティストのアルバムを横並びにして優劣を競うこういうベストアルバム企画みたいなものに、彼自身の過去のアルバムに比べてどうのこうの言うのはこれまた不公平なので、このアルバム単独として冷静に評価しようとしたら、並居る強豪アルバムと比較したときに、7点じゃ到底10位内には入らないだろうと涙を呑もうと思ったけど、やっぱり心情的にこの人のこんな力作を入れないわけにはいかないと、最後にねじ込んだ形になった。(この混乱しまくった意味のわからない文章は、10月15日の記事をコメント欄まで一気に読んで、自らヨロヨロしているのが原因です)


<第八位>
シアウォーター 『Palo Santo』
Palo Santo Expanded Edition.jpg

つい最近追記した、5月26日の記事で取り上げたアルバム。この記事もやたらとネガティブなことばっかり書いてるね。確かに、この2枚組だけを聴いてみると、意味もなく同じ曲が出てきたりと、ちょっと冗漫なところがあるかもしれない。でも、僕がより気に入っているこれのオリジナル盤が出た2006年には、僕はそのアルバムが出ていたことに気がついていなかったから、今これを取り上げないと、この『Palo Santo』という名作が僕のどの年の年間ベスト10にも入らないことになってしまうので、今回これを入れることにした。もしオリジナル盤の方が2007年発売だったとしたら、とてもこんな低い位置にいるようなアルバムじゃないんだけどね。


<第七位>
ジェブ・ロイ・ニコルズ 『Days Are Mighty』
Days Are Mighty.jpg

僕がNZから帰って来ることを発表した10月20日の記事で取り上げた二枚のアルバムのうち、去年出た新譜の方。2001年の僕の個人的ベストアルバム1位だった『Just What Time It Is』を皮切りに、それ以降発表したアルバム全てが僕のその年のベスト10に入っている彼の最新作。ここに写真を載せたのは僕が今所有している二枚組ヴァージョンだけど、デモトラックなしの通常盤一枚ものだとしても、もちろんベスト10入り確実のアルバム。


<第六位>
ジョー・ストラマー 『The Future Is Unwritten』
The Future Is Unwritten.jpg

これはつい最近までブログのトップに上がっていた記事なので、読んだことを覚えてくれている人も多いかもしれない。そこにも書いたように、ジョー・ストラマーのことをとても好きだった人たちが、ジョー・ストラマーのことをとても好きな人たちのために起こしたプロジェクト(映画とそれに付随する他メディア)の一環。ジョー自身の音楽はアルバム中半分も入っていないけど、聴き終える頃には彼のことが本当によくわかった気になる、よくできたアルバム。再来週観に行く映画が楽しみ。


<第五位>
ファウンテンズ・オヴ・ウェイン 『Traffic And Weather』
Traffic And Weather.jpg

「今年度パワーポップ系では今のところ随一のアルバム」10月7日の記事に書いたこのアルバムが第五位。実はこの後(四位以上)にも僕の括りの中ではパワーポップと呼ばれるアルバムが出てくるんだけど、一般的な意味でのパワーポップとしてのアルバムの完成度は、今でもこれが去年一番だと思う。ひとつ残念だったのは、去年僕がもう少し早く日本に戻って来ていれば、彼らの来日公演が観られたということ。盛況だったということなので、また今年も来てくれるかな。


<第四位>
フォール・アウト・ボーイ 『Infinity On High』
Infinity On High.jpg

まず2月17日の記事でこのアルバムを取り上げ、その後に行ったコンサートのレポートを3月5日の記事に載せ、4月にはこのアルバムをDVD付で発売された日本盤CDに買い替え、9月には別のDVDと大量ボートラ入りで再発された同じアルバムをまた買い足し、何故か去年一年間に二度もNZに来た二回目のコンサートを10月にまた観に行ったというほど、僕にとってはFOBづいた一年だった。アルバムの内容自体は自分でも「え、これが四位?」って感じだけど、そういう年を代表するアルバムということで、この位置に。


<第三位>
シャーウッド 『A Different Light』
A Different Light.jpg

4月29日の記事「来年1月に書く『2007年個人的ベストアルバム』という記事(そのときまだこのブログが存続していればの話だけど)にこのお日様のジャケが載るのはほぼ確実だ」と、今日のことが予言されていた通り、見事三位入賞。おかげさまでこのブログもかろうじて存続してるし。その記事にコメントを下さったsundayさんのブログによると、とうとうこのアルバムも日本盤が出て、4月に来日まで予定されているという話。これはちょっと行ってみたいなあ。たとえそれがパンク系フェスであったとしても。


<第二位>
グレイト・レイク・スイマーズ 『Ongiara』
Ongiara LP.jpg

7月28日の記事を参照。あれ以来、僕の記事を読んでいただいたクロムさんとマサさんには気に入ってもらえたが、このバンド自体が日本で盛り上がったという話は一向に聞かない。タマス・ウェルズのコンサートでお会いした一本道ノボルさんは流石にご存知だったけど。要するに、その記事に書いた趣旨通り、こんなにいいバンドの優れたアルバムが未だに日本ではきちんと紹介されていない、と。僕の中では昨年二位なのに。いや、いいんだけどね、別に紹介されなくても。新居でLPが聴ける環境が整ったら、まずここにジャケを載せたLPを聴くことにしよう。


<第一位>
アイアン&ワイン 『The Shepherd's Dog』
The Shepherd's Dog.jpg

さて、僕の2007年の第一位は、これ。この界隈での通称「コワい犬のCD」(by にんじんさん)。アルバムの内容自体は、10月6日の記事に書いたことにさほど付け加えることはない。そこに書いた「これは僕の来年初頭のベストアルバム記事でかなり後ろの方に出てくる(=高順位)可能性が高いアルバムだ」という記述どおり。そのとき断言はしなかったけれど、きっと一番後ろに出てくるんだろうなとは思っていた。あれから150枚以上のCDを買ったけれど、今でも僕のヘビー・ローテーションの一枚だ。そして、その記事を書いた当時、このアルバムとその前に出たアルバムしか持っていなかった僕が、3ヵ月後の今ではEPもシングルも含めて全部揃えてしまったという事実が、どれだけ僕がこの人のことを気に入ったかということを物語っているだろう。今も、最後に手に入れた、キャレキシコとの共同アルバム『In The Reins』(日本盤のみ7曲入りのオリジナルEPに6曲のボートラ付)を繰り返し聴いている。ちょうど、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァー「All Tomorrow's Parties」がかかっているところだ。そういうカヴァー曲のセンスも含めて、大いに気に入っている。


という訳で、全10枚。去年も10枚中9枚が既にブログで取り上げたものばかりでサプライズが少なかったんだけど、今回はそれに輪をかけた結果となった。僕のブログをずっと読んでくださっていた方にとっては「あー、なるほどね」という感じだろうか。

上にも書いたけど、このリストから泣く泣く落としてしまったものも数多くあって、やっぱりそれらに陽の目を見させるには、もう随分ご無沙汰してしまっているあの企画を復活させるしかないのかな。


posted by . at 16:11| Comment(22) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

Cさんに影響されまくった一日

今日の収穫。

20Jan08.JPG


計12,758円也。

今朝ミークロ読んでから出かけてしまったばかりに、ついいつもの中古屋で目に付くものを手当たり次第にカゴに放り込んでしまった。というか、もう夕方だったのに、なにこの凄い品揃え。ついてた一日。

その一軒前に入った店では、最近のマイブームの北欧物(スウェーデンx2枚+アイスランド)が未開封格安で手に入ったし。

しかしそれにしても、これ3枚組も2枚組もあるし、EDPSの2枚はご丁寧に初回限定CD-R付だし、DVD付のもあるし、今日買ったのを一通り聴くだけで軽く数週間はかかるな。なのにまた来週も買いに行ってしまうんだろうな。ちょっと、僕がいつも徘徊している音楽ブログ界隈、しばらくは良さそうなCDの紹介するの控えてほしいな(笑)
posted by . at 00:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

日記

時間がない。

いや、それほど大忙しという訳でもないんだけど、まったくあの通勤電車ってのは、さあこれから何かをしようという気概を根こそぎ剥ぎ取ってくれるよ。早く慣れないといけないのはわかってるんだけど。

写真を用意して、資料を紐解いて、アフィリエイトのリンクを張って…という手間を考えると、書きたい記事がなんだか義務のように思えてきてしまう。

そうして、僕の頭の中だけで完成してはそのまま陽の目を見ずに消えてしまう記事ばかりが増えていく。

そういう面倒なことを考えずに、思いついたことをぽつぽつと書いてみようかという気になった。CD一枚の時間で、難しい話は無しで。新カテゴリー「日記」。毎日書くつもりはないけれど。


今週は、懐かしい友達と飲みに行く機会があった。水曜日と金曜日。飲みに、とは言っても、酒を飲んでいたのは両日とももっぱら僕一人だったんだけど。

水曜日は、東京に今年初めての雪が降った夜だった。長い、暖かい会話を終えたあと、駅に向かう自分の袖に雪が舞い降りるのを見ながら歩いた。

木曜の朝、近所のガレージに停められた車のボンネットに残った雪を見ながら、重い頭をなるべく刺激しないように駅へと向かった。会話が楽しくて、つい飲みすぎた前夜の焼酎のオン・ザ・ロック。何回グラスを空けたのかな。結局はボトルごと注文した方が安上がりだったかも。

金曜の夜の渋谷。友達が何年か前に始めたバーへ。僕は東京のレストランを知り尽くしているわけじゃないけど(でも、だてにインドネシアとマレーシアに計8年も暮らしたわけでもない)、ここほど旨いアジア料理を食わせてくれるところはあまりないんじゃないかな。

この前に音楽の話ができる友達と飲んだのなんて、いつのことだったっけ。僕のとなりでカルーアミルクをちびちびと空けているこの彼と、意気投合して終電近くまで飲んだとき以来か。半年ほど前になるのかな。

メニューには、東南アジア各国の変わった焼酎がずらりと。こういうときに、「どれがお勧めですか?」なんて訊くのは負けというもの。ここはジャケ買いの心意気で。

そういうメニューって、大抵スタンダードでポピュラーなものから並んでいたりするだろうから、あえて一番下のを注文する。サトウキビ酒か。悪くない。そこから上に向かって一杯ずつ飲んでいき、グランドスラム達成後、最後に一番気に入ったうるち米酒をもう一杯。

また終電間際か。5時間があっという間だったね。気の合う友達と一緒にいるのは本当に楽しいよ。僕より一回りも年下の彼に、調子に乗って説教臭いことを言わなかったかが心配だけど。

来週もまた楽しそうな飲み会が入ってるな。また一人で飲みすぎないようにしないと。


今日のBGM(結局CD二枚)
Eisen 『Modern Ist Wieder In』
Escobar 『A Thousand Last Chances』
posted by . at 00:26| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

挫折の多い司令官 - Joe Strummer

「ジョー、今から君の名前をスクリーンに出す。どう呼んで欲しい?」
インタビュアーが尋ねる。

「パンク・ロックの司令官。そう書いてくれ」
長い音楽的ブランクを終え、新しいバックバンド、メスカレロスとの再出発を直前に迎えた1995年のジョー・ストラマーがそう答える。

このアルバムは、その短いやりとりで幕を開ける。そして、クラッシュの代表曲「White Riot」のヴォーカル・テイクだけの未発表ヴァージョンが続く。

The Future Is Unwritten.jpg Joe Strummer 「The Future Is Unwritten」

ジョー・ストラマーの生涯を、彼と同い年だというジュリアン・テンプルが撮った伝記映画のサントラ盤。ジョーが自分が影響を受けた音楽を次々に紹介するという形を取っていて、まるで彼がDJを務める音楽番組を聴いているよう。実際、彼は99年から3年間−彼が心臓発作で突然亡くなってしまうまで、BBC国際放送の音楽番組でDJを務めていたから、さしずめこのCDはそのダイジェスト版といったところか。

エルヴィス・プレスリーの「Crawfish」という、58年にプレスリーが入隊前最後に撮った白黒映画「闇に響く声(King Creole)」の挿入曲なんていう非常にオブスキュアな(でも、ニューオーリンズ風味満載のとてもいかした)曲に続けて、ティム・ハーディンの「Black Sheep Boy」を紹介。今は(僕が、オカヴィル・リヴァーがカバーしたその曲の原曲を聴きたくて入手したロシア盤以外は)どうやら世界中で廃盤の『Tim Hardin 2』からの彼の代表曲だ。

70年代パンク・バンドの代表格であるクラッシュのフロントマンとしてのジョー・ストラマーしか知らなければ、この辺りの選曲は意外かもしれない。音楽的にクラッシュが影響を受けたと誰もが納得するのは、次に出てくるMC5の「Kick Out The Jams」だろう。その曲に続けて、ジョーがクラッシュ参加前に組んでいた101'ers(ワンオーワナーズ)の「Keys To Your Heart」〜クラッシュの初期代表曲「I'm So Bored With U.S.A.」の未発表デモが並ぶところが、彼の伝記映画のサントラとして一番わかりやすいところだろう。

「パンク・バンドの代表格」なんて書いたけれど、実際には80年代に入る頃、アルバムで言えば『London Calling』の頃から、クラッシュはレゲエを始めとした多彩な音楽を自分達の曲に取り込み始める(正確に言うと、ファースト・アルバムにも1曲レゲエが入っていたんだけど)。一般的には音楽性が開花した『London Calling』が彼らの代表作と言われることになるが、頭の固い所謂“パンクス”からは、「あんなのはクラッシュじゃない」「パンクじゃない」と言われ始める。

冒頭に書いたように、95年の時点でも彼が自分を「パンク・ロックの司令官」だなんて捉えていたんだとすると、80年にわずか3枚目のアルバムが自分達のファン達からそうして否定されたことは、きっと彼にとっては大きなショックだったことだろう。それを受けての彼の名言「パンクはスタイルじゃない。姿勢のことだ」というのを、彼は生涯をかけて証明していくことになる。

このCDでいうと、11曲目、U-ロイがボブ・マーリー&ウェイラーズの「Soul Rebel」を下敷きにした「Natty Rebel」が出てくる辺りからが、ジョーのワールド・ミュージック志向が窺える。コロンビア音楽(クンビア)のアンドレス・ランデロの「Martha Cecilia」や、ジャマイカのギタリスト、アーネスト・ラングリンがセネガルのバーバ・マールをヴォーカルに迎えた「Minuet」(これすごく気持ちいい)などを聴くと、クラッシュ解散後のジョーの音楽の変遷の源がよくわかる。

音楽を聴くにあたって、その音楽が作られた背景だとかミュージシャンの人柄だとかは、本来関係のないことだと思う。どんなに嫌な奴が演奏していようと、いい音楽が聴ければ問題ないわけだし。でも、このジョー・ストラマーという人に関しては、彼の人柄、態度、発言なんかが常に付きまとっていた。訪ねてきたファンを泊めてやったとか、ライヴ終了後もサインを求める最後のファンが帰るまで何時間でも付き合っていたとか。そういう浪花節的なエピソード。そして、さっきの「パンクとは姿勢だ」とか、きりっとした名台詞が決まる人だった。そういう意味で、このCDの後半にウディ・ガスリーやボブ・ディランなどの詩人(あえてこう呼ぶ)が出てくることにも抵抗感はない。

パンク・ロックの先駆者、ワールド・ミュージックの導師といった一見輝かしい見かけに反して、挫折の多い人でもあった。クラッシュ後期のゴタゴタ(と、それに伴って最後のアルバム『Cut The Crap』を最後までなかったことにしようとしていたこと)や、クラッシュ解散後のソロアルバムやサントラがことごとく酷評されたこと。アルバム『Combat Rock』の頃に彼は一時失踪したこともあった。

最近出た彼の伝記「リデンプション・ソング ジョー・ストラマーの生涯」の帯にある言葉もこうだ。

──これまでの君のやった最悪の判断は?
「まず、トッパー・ヒードンをクビにしたこと。それからミック・ジョーンズをクビにしたことだ」

クラッシュ後期のゴタゴタに関してファンが一番もやもやしていたところを、こうして自分のミスとしてさらけ出す。そういう、挫折の多いところ、人間として弱い部分も含めて、彼のファンをやめられないという人も多いだろう。僕もその一人だ。昨日見かけたこの本、ちょっとした辞書よりも分厚いハードカバーで、しかも細かい文字でびっしり二段組。読まないといけない本がまだ沢山あるので躊躇して買ってこなかったけど、やっぱり読みたいな。そのうち買おう。

Redemption.jpg 「リデンプション・ソング ジョー・ストラマーの生涯」

「ストラマーのポスターが壁から落ちて、もうそこには何も残っていない」と歌うことで青春期からの決別を簡潔に表したアズテック・キャメラの「Walk Out To Winter」は名曲だけど、そして、僕ももうポスターを自分の部屋の壁に貼るような歳ではなくなってしまったけれど、僕の心の中の音楽の壁には、今でもジョーの写真が飾ってあるよ。ジョーの死後、沢山の伝記映画が作られたけど、このサントラを聴く限りでは、この映画は僕みたいなファンのために作られたもののような気がする。

肝心の映画は、日本では去年の秋に単館公開が始まっていて、ほとんどの地方ではもうとっくに終わっていた。でも、調べてみたら、僕の家からさほど遠くない映画館で、2月にまたレイトショーがあるみたい。レイトショーなんて久しく足を運んでないけど、これは観に行くことにしよう。
posted by . at 11:40| Comment(15) | TrackBack(2) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

新年の集計

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

本当は、去年の1月2日の記事同様、「2007年個人的ベストアルバム」という記事を書こうと思ってて、ベスト10のラインアップもほぼ決定していたんだけれど、ずっと気になっていたのに去年のうちに買えなかった何枚かのCDを聴かずに決めて発表してしまうことにどうしても抵抗があったので、急遽予定変更。今日は急いで4軒のCD屋を廻り(別名:初詣)、それらを入手してきた。

さすがに去年の後半から年末にかけて出た話題の(でもマイナーな)CDを一日のうちに全部中古で見つけるのはかなり困難で、うち1枚は新品で買ってしまった。その新品も、新年10%オフやってたからそんなに文句言う筋合いでもないんだけどね。

という訳で、ベストアルバム記事はもう少し経ってからにしよう。今日は、去年のその記事の前半同様、07年に入手した音源の総括。さて、その記事のコメント欄で立てた目標は達成できただろうか。

フォーマット      枚数    対前年
CD              353枚    −146枚
CDシングル        33枚    +5枚
CD+DVD          24枚    +1枚
DVD/BD          12枚    −21枚
SACD/DVD-A       0枚    −7枚
ダウンロード          2枚    +2枚
LP               7枚    −2枚
シングル            6枚    +4枚
ボックスセット         4箱    −5箱


合計、441枚。これは、去年の目標その3:600枚以上買わないこと を軽くクリアしているね。すごいよ、自分。なんといっても、CDアルバム購買数を150枚近く減らしたのが大きいね。あと、DVDとボックスセットは買っても全然観たり聴いたりする時間がないということに気づいたのも懸命だった。06年9月24日の記事「所有欲の奴隷」に、その当時まだ聴けてないボックスセット、観れていないDVDをリストアップしたけど、あれから1年以上経った今現在もう一回同じリストを作ったら、ほとんど同じタイトル(+それ以降に買ったもの)が並ぶことになるだけなのが恐ろしい(なのでそんなリストは作らない)。

地味に06年より購買枚数が増えているのが、CDシングルとアナログシングル。去年は12インチシングルも買ったしな。CDシングルが多いのはリアル・グルーヴィーに毎週通い詰めてもう掘るワゴンがなくなった挙句に、シングル盤のワゴンにまで手を出し始めたのが主因。

SACDやDVDオーディオは1枚も買わなかったのか。まあこれは、メーカー側でそういうフォーマットをほとんど出さなくなったのが原因だろう。せっかくSACD対応のオーディオシステムにしたんだから、売れなくても諦めずに地道に続けていって欲しいものだけどね。

ダウンロードが2枚(って数えていいのかな?)あるのは、去年8月3日の記事に書いた、ジェイソン・ムラーズのダウンロード・オンリーのアルバム2種。どちらもいいアルバムだったけど、やっぱりダウンロード・オンリーってのはどうも虫が好かないね。だから、あのときiTunesをセットアップして他にも興味のあるアーティストの音源をチェックしたけれど、結局あれ以来一度もダウンロードしてないや。というか、iTunes自体もうあれ以来開いてないかも。

枚数がそれだけ減ったから当然、去年の目標その1:70万円を下回る も楽にクリアしたはず。えーと、06年から比べると、17万5千円もセーブしたことになるよ。なんだか、ちょっとしたボーナスでももらった気分(笑)

ただ、目標その4:一枚あたりの単価は1200円を切る は残念ながら達成できず。それでも、平均単価1310円は06年の1234円に次ぐ史上第二位の安さ。というか、06年から07年にかけて、NZドルが対日本円で10%以上高騰したことを考えると、実質去年は06年よりも単価安かったかも。

さて、最後に残った目標その2:いかにハズレを買わないようにするか はどうだったかな。これは判断が難しいね。今年から、あまり聴かないCDはどんどん手放していくつもりだから、その「さよならリスト」に去年買ったCDが何枚入るかだね。引越し荷物が全部届いたら、ちょっと心を鬼にしてリストアップしてみよう。

さっきから、買ってきたCDを続けざまに聴いている。ほぼ確定しているベスト10リストに食い込んで来そうなのはあるかな。実は、あともう1枚、ベスト10入り濃厚なのが空輸中なんだよね。いつになったらベストアルバム記事が書けることやら。
posted by . at 01:10| Comment(27) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。