2007年11月16日

John Cale live in Auckland

◇引越しを三日後に控えて荷造り真っ最中(しかも遅れ気味)なんだけど、昨日行ったライヴがよかったから、ここに記録しておきたくて、要点だけでも走り書き程度に書いておくことにした。なんとか一時間以内で仕上げたいな。

JC Poster.JPG

◇会場は、僕のオフィスのすぐ近くにあるブルース・メイソン・センター。今回はいつもの立見席はやめて、発売初日に気合を入れてチケットを取ったら、二階中央最前列だった。ステージまで10メートルぐらいかな。かなり見やすい。

◇夜8時開始だけど、デイライト・セイヴィングなのでまだ明るい。チケットにもポスターにも前座のことは書いてなかったから、まさかこんな時間から前座が出るとは思ってなかった。

◇けど、8時20分過ぎぐらいに見知らぬ4人組が登場。やれやれ、これじゃ終演は何時になることやら。

◇でも、予想外にいいバンド。歌少なめの締まった演奏で、4〜5曲を立て続けに20分ぐらいですっ飛ばして終わった。たいして面白くもない前座バンドがいくつも出てきて時間ばかり損した気になることも多いけど、こういう前座ならいいね。

◇9時過ぎに客電が落ちて、エレクトリック・ヴィオラをハウリングするまで歪ませた音が鳴り始めた。それが(多分)10分ぐらい続いた後、ジョンとバンドが登場。

◇最初の曲は、ボコーダーを通して変な声で歌う曲。僕は彼の最近のアルバムは全然フォローしてないので、昨日も大部分の曲は知らなかった。

◇ジョンは正面やや右手に置いたキーボード。左奥にギター、中央奥にドラム、右奥にベース。

◇数曲演奏した後にジョンはギターに持ち替える。べーシストはキーボードを弾いたりウッドベースを弾いたり忙しそう。

◇黒人のドラマーが凄い。もの凄くしなやかでいて、且つタイトな演奏。シンバルの細かいミュートとか小技も効かせるし、10分を越える長尺曲でもリズムに寸分の狂いもなく延々力強く叩き続ける。

◇左向きに座ってるから、右側のタムやシンバルを叩くときは殆ど手を後ろに伸ばすような格好になる。それがまたかっこいいし。

◇昨日のライヴでは、僕はこのドラマーばかり見ていた気がする。そういう意味では、ステージかぶりつきじゃなくて、少し斜め上からステージ奥まで俯瞰して見られる二階最前列というのは最高のチョイスだった。

◇後で書くライヴ盤『Circus Live』でもこのバンドが演奏してるんだけど、このドラムの音だけは全然別物。昨日の会場の音響が特によかったというのもあるのかな。曲の頭でスティックをカンカンカンカンって鳴らす音ですら格好よかった。

◇ドラマーの名前はマイケル・ジェローム(Michael Jerome)。覚えとこう。AMGで調べてみたら、コース・オブ・エンパイア(Course Of Empire)とかプレジャー・クラブ(Pleasure Club)ってバンドでドラムを叩いてたらしい。どっちも全然知らないや。チェックしよう。

◇ドラマーだけじゃなく、他のメンバーもかなりのテクニシャン。もうかなり長く一緒にツアーしてるんだろうね、曲間をつなげてメドレーみたいにしてるところとか、フェードアウトさせて終わる曲とか、危なげない演奏。緩急のつけ方がうまい。

◇主役のジョンももちろんよかったよ。まるで痙攣してるみたいな素振りで、打楽器のようにダンダンダンダンダンダンダンダンってピアノを弾くところとか、相変わらずところどころで感極まったように絶叫するところとか。

◇ジョンは途中でアコースティック・ギターも演奏した後、本編最後から2曲目「Guts」でまたキーボードに。そして次はお待ちかねのエレクトリック・ヴィオラに持ち替えて、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の「Venus In Furs」。結局この日はヴェルヴェッツの曲はこれだけ。

◇アンコール2曲目が10分以上も延々と反復する麻痺系の曲。やっぱりこの人にはこういうのを演ってもらわないとね。それにしてもドラマーかっこいいなあ。

◇アンコール終了で客が引け始めたんだけど、まだ客電も落ちたまま、アンコールの拍手を続ける客も大勢いたんで、もしかしたらと思ってそのまま残ってたら、もう一回出てきて短めのアコースティック曲を一曲。もう喉ガラガラで声出てないよ。本人も苦笑いしてたけど、そりゃ2時間近くのライヴの後、しかもあれだけ絶叫してたら声も出なくなるよ。それでも出てくるところが嬉しいね。

◇開場前にロビーでCDを売っていて、買った人には終演後ジョンとバンドのメンバーがサイン会を行うと書いてあった。売ってたCDは最新作『Circus Live』と、今のところのスタジオ最新盤『Black Acetate』。

◇実はこのライヴに来る前に予習しようと、先月アマゾンで『Circus Live』を注文していたんだけど、オーダーして半月以上経ってから「このCDの出荷は1月になります」なんて連絡が来たんでキャンセルしたばかり。なんで新譜の出荷に3ヶ月もかかるんだよ、まったく。

◇それが不幸中の幸い。アマゾンで買ってたら、昨日会場に持ってこようなんて思わなかっただろうからね。というわけで、『Black Acetate』35ドルに比べて、CD2枚組+DVDなのに40ドルとやけにお買い得なこちらのライヴ盤を購入。ライヴ後のサイン会に期待していた。

◇サイン会は長蛇の列。メンバーが横一列に並んで座った前を、ベルトコンベアみたいに歩いて進む。

◇一番手前はジョン。上に載せたポスターの写真から、最近はさすがに太ってきたのかなと思ってたけど、全然そんなことないよ。顔中シワだらけで白髪というか銀髪だらけになったけど、ハンサムでダンディーなおじさんという感じ。42年生まれだから、この人65歳かよ、これで。

◇「名前は?」と訊かれて「yas、Y、A、S」と答える。黒っぽいブックレットにサインするために、金色のマジックが用意されてるんだけど、キャップを外したまま置いてあるからかすれてインクが出ない。

◇そのまま頑張って筆圧込めて書いてくれようとするんだけど、その手のペンはペン先を何回か押し付ければインク出てくるんだよ。などという間もなくかすれ気味のジョンのサインと共に僕のブックレットは次のギタリストの手に。

◇客は皆ジョンの前で時間食うから、他のメンバーはゆっくり話しながらサインできる。「どうだった?」とか訊いてきたり、向こうから握手してくれたり。このサイン会、形式こそベルトコンベアだけど、みんなこっちの目を見てちゃんと話そうとしてくれたのが凄くよかった。

◇ところで、バンドメンバー3人ともこの手のペンは試し書き用紙にペン先を押し付ければインクが出てくることを知ってるから、みんな極太サイン(苦笑)。下の写真の、中央上部「YAS!」と右側にヘロヘロって書いてあるのがジョン筆(見えるかな?)。他の極太が3人のメンバー。

Circus Live Booklet.gif

◇というわけで、簡潔な前座の後は、アンコールを含めて2時間弱の充実コンサート、更に長蛇のサイン会で、帰路につく頃にはもう日付が変わってたよ。

◇最後に、買ったライヴ盤を紹介しておこうかな。録音年月日は書いてないけど、多分去年か今年のはず。オランダはアムステルダム、The Paradisoという場所でのライヴ録音。

◇DVDはまだ観てないからわからないけど、2枚のCDはいいよ。実は昨日開演前にこれを買ったのは、もしかしたらセットリストの参考になるかと思ったからなんだけど、結局昨日のセットリストはこのCDとは全然違った。

◇「Venus In Furs」がオープニング。途中で「Femme Fatale」も演ってるね。終盤「Style It Takes」から「Heartbreak Hotel」と続くところは、92年のピアノ弾き語りのライヴ盤『Fragments Of A Rainy Season』と同じ。それなら最後は「Hallelujah」にしてくれればいいのに。

Circus Live.jpg John Cale 「Circus Live」

◇さてと、一時間ちょっと越えてしまったな。あとこれ、ちっとも走り書きじゃないね。相変わらず箇条書きでもないし。まあいいや、明日もパッキングしないといけないから、もう寝るね。おやすみ。


posted by . at 23:05| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。