2007年10月07日

円熟期 Fountains Of Wayne 「Traffic And Weather」

ここのところ手に入れたアルバムにいいのが多すぎて、週一回のペースだととても年末までに気に入ったのを全部紹介しきれない。ちょっとこの週末はがんばってもう一記事書こう。こんなペースが続くかどうかはわからないけど。

Traffic And Weather.jpg Fountains Of Wayne 「Traffic And Weather」

以前からコンスタントにポップな好アルバムを作り続けているファウンテンズ・オヴ・ウェインの通算4作目(シングルB面曲集は除く)。今年4月のリリースだから、こんなメジャーなアーティストのアルバムを今さら取り上げることにちょっとした抵抗はあるんだけどね。

ひねたギターの単音で入ってくる一曲目「Someone To Love」から、パワーポップ炸裂。ストレートなギターロックあり、沁みるバラッドあり、とろけるようなカントリー調あり、ひねくれポップあり、端正なワルツあり。全14曲、捨て曲一切なし(なんだか昨日も同じような書き方したな)。

ビーチ・ボーイズの「Little Honda」に対抗してか、二曲目「'92 Subaru」は、15年落ちのおんぼろスバルをバリバリにチューンアップして乗り回す男の歌(世界初、スバルのことを歌った曲?・笑)。

 田舎のレズのカップルから車を買うた
 グリーンピースのステッカーとニューハンプシャーのプレートは外して
 友達はみんな失敗やて言うけど
 まあ見ててみ
 新品のショックアブソーバーとアンチロックブレーキ付けて
 ワンタッチ・イグニッションもあったら便利やな
 完成したらまるで新車やで
 ライムグリーンのプラズマTVも入れて
 皮シートはフェイクには見えへんやろう
 グローブボックスにちょっとだけアルコール入れとこかな
 ムーンルーフ開けたらシート倒して星が見えるで
 そうそう、GPSもあるから今どこにおるかもばっちりや
 アラームは複雑すぎて、どないして入るかもわからんぐらいや
 ベイビー、そこ動くなよ、今行くからな
 この92年後期型の水色のスバルでな


てな感じ。なんだかちょっとしたユーモアが可笑しい。曲はもちろんとびきり格好いいんだけどね。ジャケットにコラージュされた車を見るとどうもこれはレガシーみたいだけど、この曲をこの界隈のスバル乗りの彼女に聴いてもらいたいね。

その曲もだし、アメリカ東海岸の主要ハイウェイを曲名にした「I-95」やアルバムタイトル曲「Traffic And Weather」もそうだけど、今までも今回もやたらと車に関係する曲が多い人たち。今作には更に飛行機関係の曲「Michael And Heather At The Baggage Claim」や「Seatbacks And Traytables」なんてのも入ってるな。

アルバム中、僕が一番好きな五曲目「Fire In The Canyon」は、綺麗なハーモニーに寄り添うオルガンが、軽快なピアノとペダル・スティール(またしても!)に乗って流れるカントリー調の曲。ああ、これもアメリカ西部のキャニオンを車でドライブする曲だね。よもやこのグループをオルタナ・カントリー・バンド扱いする人はいないだろうけど、そのうち僕が(所謂)オルタナ・カントリー名曲集なんてのを作ったら、この曲は確実に入るはず。

普通、アルバム中一番好きな曲が終わってしまうと、多少はがっかりするというか、気が抜けてしまうことがあるんだけど、このアルバムはそうはいかない。六曲目「This Better Be Good」は、これもコーラスが見事なミディアムテンポのパワーポップの見本のような名曲。

「Planet Of Weed」は、“マリファナの惑星”というタイトルに引っ掛けてか、曲の間ずっと調子っぱずれの手拍子や瓶を叩く音なんかが入っている。ザワザワしたパーティーで、後ろの酔っ払いたちが曲に合わせてリズムを取ろうとしてるのになんだかずれてるっていう感じ。笑い声や電話の音なんかも入っていて。バラエティーに富んだ沢山の曲ががちっとまとまってプロデュースされたという印象のこのアルバムを、終盤12曲目のこの曲がちょっとくだけた雰囲気にするのにうまく役立っている。

などなど、本当に全14曲についていちいち説明したいぐらい。よく、「アルバム全曲シングルカットできるような」という言い方をするけど、このアルバムもそれぐらい一曲一曲が粒より。


ジェリーフィッシュ、ELO、ビートルズ、ポウジーズ、カーズ、ジェイホークス、ユートピア、ジャム、ラトルズ、チープ・トリック、ブラー、サザンオールスターズ、… どの曲が誰に似ているというのは難しいけど、僕はこのアルバムを聴いていると、こういったアーティストの名前が次々に頭に浮かんでくる。パクリっていうんじゃないよ、こういった広範囲なパワーポップバンドの様々な要素をあわせ持った、とても優れたアルバムだ。これまでの彼らの作品の中でも、収録曲の完成度という意味で言えば、今作がダントツかもしれない。

ポウジーズといえば、このバンドのドラマー、ブライアン・ヤング(Brian Young)は、『Amazing Disgrace』〜『Success』期のポウジーズのメンバーだったんだ。ゲスト・ミュージシャンの項には元スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハ(James Iha)の名前もあるな。まあ、そっちは僕にとってはわりとどうでもいいんだけどね。

今この瞬間の勢いだけでいえば、ポウジーズの名作曲チーム、ジョン・オウア(Jon Auer)&ケン・ストリングフェロウ(Ken Stringfellow)よりも、ここんちの二人、クリス・コリングウッド(Chris Collingwood)&アダム・シュレシンジャー(Adam Schlesinger)の方が優れた曲を書いているかもしれない。このアルバムはプロデュースもアダムが自分でやってるし。まさに今が円熟期かも。もう10年も続いてるベテランだけど、これからもまだまだ楽しみなグループだ。

というわけで、今年度パワーポップ系では今のところ随一のアルバム。日本盤は最後にボートラが一曲多く入ってるらしいけど、このしっとりと終わるアルバムの後にどんな蛇足が入っているのか聴いてみたい気もする。


posted by . at 18:02| Comment(14) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。