2007年08月28日

Tamas Wells live in Tokyo

The English translation will follow the Japanese text.

そして僕はここにいる。07年8月25日、東京渋谷 O-nest。前回の記事で触れたとおり、タマス・ウェルズの日本最終公演を観るためにNZから駆けつけた。

同じ通りにあるO-EastやO-Westに比べると遥かに小さな会場だ。エレベーターで6階に上がっていくと、そこは少し広めのカフェといった風情。こんなところで演るのかな?と思っていたら、コンサート会場はそこから屋外の螺旋階段を降りた5階。それにしても、200人も入れば満杯になりそうな小さな会場に変わりはない。

ライヴは殆ど一人で観に行くことが多い僕にしては珍しく、今回は総勢7名での参加。全員がこのブログの常連コメンターの方々。ちょっとしたオフ会というわけだ。開演前に一本道ノボルさんとお会いすることができ、これまでの4回のライヴの様子やタマスの人柄など、興味深いお話を伺った。僕は全く知らなかったんだけど、前日(24日)に渋谷のHMVでインストアライヴを行ったとのこと。なんだって?昨日の晩は僕渋谷にいたのに!HMVの前を通りがかりさえしたのに!ああ残念。

7時ちょうどの開演で、木下美紗都、the guitar plus meという二組のオープニングアクトがまず演奏。その後タマス・ウェルズ(今回はバンド名ではなく、個人名)がステージに登場したのが8時半頃だった。ラフなTシャツ姿でひょこっとステージに現れたと思ったら、すぐ引っ込んでまた再登場。セットリストを忘れたとか。一人で演るのに、そんなのなくてもよさそうなもんなのにね(笑)

『A Mark On The Pane(以下『Mark』と略)』に収録された初期の曲から予想されたけれど、挨拶をする彼の地声はかの「天使の歌声」よりもかなり低め。あちこちのサイトを探しても一枚しか見つからなかった彼の写真(7月1日の記事に載せたもの)に比べるとかなり短く刈った髪に、日本に来て以来剃ってないだろうと思われる無精ヒゲ。あれ?この兄ちゃん、さっき6階ですぐ近くにいたよ。全然わからなかった。でも、よく見たらあの特徴のある澄んだ青い瞳は例の写真の通り。

『Mark』のオープニング曲「When We Do Fail Abigail」からスタート。もう何度も聴いたギターのフレーズはもちろんだけど、なによりも、あの声。どんなに美しい言葉を重ねて形容しても足りない、彼のその喉から発せられた時点で空気の温度が変わるのがわかるような、唯一無比の声。

自己紹介のときに、「“タマちゃん”と呼んで」とジョークを。後に一本道さんに教えてもらったところによると、彼はなかなかアドリブの利かない人で、この「タマちゃん」を言わせるのに一苦労だったとか。どっと受けたのは嬉しかったかな。

ところで、彼自身の発音によると、どうもTamasは「タマス」というよりは「テイマス」という風に聞こえる。言われてみれば、英語圏でこの綴りを発音したらそうなるのがより自然かも。僕のブログのポリシーでは、より実際の発音に近いカタカナ表記にすることにしているんだけど、少しでも多くの日本人に「タマス・ウェルズ」で検索して僕のブログにたどり着き、彼の音楽に興味を持ってもらうためには、この際そんなポリシーなんてどうでもいいや。よって今後も「タマス」で統一。

2曲目「The Opportunity Fair」を演奏後、「静かだね。オーストラリアではもっと隣の人と喋ったり、ステージに物を投げたりするよ」と。あのね、こんな素晴らしい歌の途中でペチャクチャ喋る奴がいたら、僕はそいつに物を投げるよ。

続いて、セカンド・アルバム『A Plea En Vendredi(以下『Vendredi』と略)』のタイトルトラック「Vendredi」。演奏後、彼が今日使っているギターが、ミャンマーで800円で作らせたという代物だと暴露。「ろくにチューニングもできてなくてごめんね」ということだったが、そう悪くもなかったよ。マイスペースでの彼のブログにあるように、確かにそのギターと一緒に使っているストラップとカポの方がギター自体よりも高いかも(笑)

こんな感じで、殆どの曲間で丁寧に曲紹介やいろんなエピソードを話す彼。日本人にもわかりやすいようにとゆっくり喋るのは、同じく英語が公用語でないミャンマーに住んでいるが故に身についた習慣だろうか。

「From Prying Plans Into The Fire」、「Cigarettes, A Tie And A Free Magazine」と、長いタイトルの曲を続けた後、奥さんのブロンウィン(Bronwyn - 彼はBronと呼んでいた)がステージに上がり、ピアノの前に座った。

聴き慣れないゆったりとしたギターのイントロに続いてそっと歌い出されたのは、「Valder Fields」。イントロなしで歌われるCDでのバージョンももちろんいいんだけど、これにはぞくっとしたね。後半、CDとは違ったアンサンブルでピアノとヴォーカルが絡んだのは、もしかしたら間違えたのかな?いや、まったく動じなく演奏していたのを見ると、あれはやっぱりそういうアレンジだったんだろうね。いずれにせよ、僕はやっぱり今でもこれが一番好きな曲。

続いては、数ヶ月前に彼のマイスペースで公開されていたという新曲「Northern Lights」。僕もしばらく前から彼のマイスペースを覗いていたんだけど、この曲には気づかなかった。これがまたすごくいい曲で、来年録音を始めるというニューアルバムが今から楽しみになる。

初期のEPのタイトル曲「Stitch In Time」に続いて、ちょっと長めのMC。オーストラリアにいる彼の友達の話らしいんだけど、恋人を家に招待して手料理を作ろうとしたら、キッチン中大火事になってしまって、でも彼は慌てる恋人に向かって「だいじょうぶ、何も問題ないよ、でも残念なことにキッチンが燃えてるんだ」と言ったという話。もちろんこれは、『Vendredi』収録の「I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire」の紹介なんだけど、あの曲の歌詞を読んでも、まさかこんな可笑しなことを歌ってるなんて想像もつかないよ。

もう一曲、初期のEPから「Beauty Cream」を演奏後(ところで彼は、EPからでなく、『Mark』のボーナストラックという紹介をしていた)、再び長い曲紹介。『Vendredi』のレコーディング中に「The Telemarketer Resignation」のギターを苦戦しながらようやく完奏したら、その瞬間、オーストラリア特有の鳥が「フーフー」と鳴いたという話を、そのエンディング部分を何度も実演しながら自分で「フーフー」と鳴き真似。CDを大きな音で聴いたら聞こえるから、是非聞いてみて、と。もちろん、その後きちんと演奏した曲のエンディングでも「フーフー」。そんなことを一所懸命説明するところがなんだかかわいいね。

ここで再度ブロンがステージに上がり、ピアノ伴奏付きで演奏した「Broken By The Rise」、そして「Reduced To Clear」で本編終了。前回の記事でおそらく彼のお気に入りの曲なんだろうと書いた後者で閉めるところをみると、やっぱりそうなんだろうね。お気に入りと言えば、ここで今回の招聘元であるインパートメントのスタッフに謝辞を述べるついでに、多分大阪で連れて行ってもらったんだろうお好み焼きと、4晩連続で食べたというおでんが気に入ったとも言ってたな。

一旦ステージ脇に引っ込んだと思ったらすぐに出てきてアンコール。まずは「Lichen And Bees」。さっきの「The Opportunity Fair」とかもそうだったんだけど、CDでの演奏に比べてちょっとギターの弾き方がジャングリングし過ぎていて(日本語ではなんて言うんだっけ。ジャンジャカいう感じのことね)、微妙に曲の雰囲気が違う。まあそれも、彼のあの声で歌い出された途端に全てオッケーなんだけどね。

そんな僕の文句(?)が聞こえたのかどうか、最後は「Open The Blinds」でしっとりと終了。再びステージ脇へ。

再度のアンコールに応えて、「ビートルズの曲を演るよ」と言って歌い始めたのは「Nowhere Man」。僕はこのブログにあまりビートルズのことは書いてないけど、いっぱしのビートルズファンのつもり。大好きなジョン・レノンのことを貶める意図はまったくないけれど、これは僕がこれまでに聴いたどんな「Nowhere Man」よりもデリケートで素敵な演奏だった。彼が最初のフレーズを歌いだしたときに感じた、全身が痺れるような感触が今でも忘れられない。

まだアンコールの拍手は続いていたけれど、僕はもうあの曲の後に何も聴きたくはなかった。きっと彼も持ち歌を全て使い果たしたんだろう(笑)、約1時間の短いコンサートはこれで終了。素晴らしい1時間だった。


ライヴ終了後、再び一本道さんと合流。かなり長い間(えーと、山手線のほぼ終電まで、かな)お話をさせてもらうことができた。その上、彼の計らいで、楽屋でタマスとブロンに会わせてもらうこともできた(一本道さん、ありがとうございました。でもこれは書いてもよかったのかな?)。僕は、持っていったCDにサインをもらい、タマスのインタビューで知ったメルボルンのバンド、ブロークン・フライトの話などで盛り上がる。本当に気さくな人たちだ。もちろん、別に楽屋まで行かなくても、サインを求めるたくさんのファン一人一人とゆっくり時間を取って話していたのが印象的だった。

その後、恐れ多くも会場での打ち上げにまで参加させてもらい、ブロンともまたいろんな話ができた。僕の持っていったオリジナル盤の『Mark』の六つ折りブックレットの内側の写真を見て、「ああ、これはメルボルンの○○の写真(失念しました。失礼)。懐かしいわ」などと話を聞かせてもらった。えーと、これが「オリジナル盤を売れない理由その5」かな?(笑)


この日の演奏を見て、また彼と話していて思ったのは、この人にはカリスマミュージシャンらしきオーラが全くないこと。しいて言えば、ここNZでもあちこちの路上で前にコインを入れるための帽子を置いてギターを弾きながら歌っている兄ちゃんみたいな雰囲気をぷんぷん漂わせていた。ギターのテクニックも、例えば僕が先週観て8月15日の記事でレポートしたホセ・ゴンザレスなどと比べると、手馴れた正確な演奏ではあるけれど、凄いと唸らされるようなものではない。

でも、彼の生み出す素晴らしくメロディアスな曲と、そしてなによりも唯一無比のあの声が、そこら中に何百人も何千人もいるであろうそういった無名ミュージシャンと彼を、残酷なまでに隔てている。天賦の才能。こんなミュージシャンに出会えたことを、誇らしく思う。

Autographed Mark On The Pane.gif


And here I am. 25th of August, 2007 at O-nest in Shibuya. As mentioned in the last article, I've come all the way from NZ just to see him play live.

Compared with its brothers O-East & O-West on the same street, O-nest is far smaller venue. As we climb up to the 6th floor, the venue looks like a cafe. Wondered if he'd play in such a space. But it turned up that the real venue is down one floor by the spiral staircase. It's still a small venue though, perhaps only for 200-ish audience.

Usually I go to the concert on my own, but this time I am accompanied by 6 other members, who usually post comments on my blog. It's a kind of off-the-line party. Before the show starts, we met Yohei (Shin's brother) who once commented on my first article about Tamas Wells. He told us about some curious stories during Tamas' stay in Japan so far. To my surprise, there was an in-store live at HMV Shibuya in the night before. Damn, I've missed it! I was at Shibuya that night, digging CDs (but not at HMV). I even walked in front of HMV but didn't realize he was playing inside..

Two opening acts, Misato Kinoshita & the guitar plus me started exactly at 7 pm. Then Tamas Wells (on his own not the band) walked up on stage at around 8:30, in a casual T shirt. He went back to the backstage to bring the setlist (I wonder why he needs it when he's playing alone..).

His spoken voice is relatively low, as opposed to the "angelic voice" that we can hear on the CD, as estimated from his early recordings in the Japanese edition of "A Mark On The Pane (referred as "Mark" after this)". His hair is much shorter than the one in the photo widely available on the web. And also he wears the stubbly beard, perhaps unshaved since he arrived. Ah, I saw him on the 6th floor when I came. Didn't notice it was him. But his blue eyes haven't changed a bit from the photo.

The show started with When We Do Fail Abigail, the opening track of "Mark". The popular guitar phrase since I've been listening to the album over and over again. And the voice.. I still find myself difficult to describe the beautifulness of his voice. As if the temperature of the room suddenly changes when his voice comes out through his throat. The one and only..

He joked to say "just call me Tama-chan" after the song. Yohei told me he taught him to say that, but it's been hard for Tamas to actually say that on the stage till then. He should be happy when the audience burst out loud :)

By the way, judging from his own pronunciation, his name should be pronounced like [tay-mas] not like [taa-mas] as widely known in Japan. Indeed, if an English speaking person see this spelling, it's more natural to pronounce like that. I have a policy when writing foreigner's name in Japanese (katakana), it should be as close to the original pronunciation as possible. But at the same time I know I shouldn't confuse those who search for [taa-mas weruzu] and come to my blog. I just want more Japanese music lovers to like his music. So fxxk off my policy.

After the second song The Opportunity Fair, he said "You're so quiet. In Australia usually the audience talk to each other, throw things to the stage, etc". Hey Tamas, if anyone here talks during such beautifully delicate songs, I would throw things at him!

Then the title track Vendredi, from the second album "A Plea En Vendredi (referred as "Vendredi after this)". After the song, he announced that the guitar he's playing costs only 800 yen ($8?) hand-crafted in Myanmar. He apologized the bad tuning, but it wasn't too bad. As mentioned in his own blog on My Space, the guitar strap & the capo must be more expensive than the guitar itself.

He introduced songs & talked about various things during the songs. He speaks carefully & slowly so that many Japanese would understand him. Perhaps it's his custom when he's living in another non-English speaking country.

After the two long-titled songs From Prying Plans Into The Fire and Cigarettes, A Tie And A Free Magazine, Bronwyn (he called her Bron) came up on stage and sat behind the piano.

Unknown guitar phrases, followed by the whispering voice into Valder Fields. It sent shiver down my spine. The CD version without the intro is good, but this one is special. I thought the piano & his song weren't playing ensemble like in the CD. Maybe one of them made a mistake? But both of them kept playing confidently, so it was the new arrangement. Anyway, this is my favourite, however it is played.

Then Northern Lights, which was up on his My Space a couple of months ago (I missed it though I visited his Space quite often). Another great song that makes you look forward to the new album due next year.

Following the title track of early EP Stitch In Time, a little long MC. It was about his friend in Australia. This guy invited his girlfriend to his house and let her taste his own cooking. But he made a mistake and the whole kitchen was on fire. He told the panicking girlfriend, saying "don't worry, everything's fine. But I'm sorry the kitchen is on fire". Of course this was the introduction to the song I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire. I've read the lyrics of the songs, but never imagined the song was about such a funny story!

Another song from early EP was Beauty Cream (by the way, he introduced these songs as the bonus track for "Mark" not as the ones from early EP though). Then another long MC followed. When he was recording The Telemarketer Resignation for "Vendredi" album, he was struggling to complete this difficult song. When he finally finished it, a typical Australia bird sang "Hoo-hoo". Before actually started the song, he repeated the ending part of the song to explain the "Hoo-hoo" part. And asked us to listen to the part on the CD carefully. Finally, when he finished the song, of course he whispered "Hoo-hoo". Funny guy, indeed.

Bron came up on stage again, played Broken By The Rise and Reduced To Clear together as the closing. I wrote in my last article about "Mark" that Tamas must be fond of Reduced To Clear. It should be right as he chose this song as the closer of the concert. Ah, by the way, he also fond of some Japanese foods such as okonomi-yaki & oden (which he ate 4 nights in a row). He said that when he thanked the staffs of Impartmaint Records.

He disappeared and came real quick for the encore. Lichen And Bees first. I thought, The Opportunity Fair and this were played a little too jangly. Well, although his voice covers any mis-matching play.

Maybe he heard my inner voice as such(?), the last song was the graceful Open The Blinds. He went back to the backstage again.

Another never-ending encore brought him back on stage. "I'll play The Beatles' song" he said, and there came Nowhere Man. I haven't written so much about The Beatles in my blog so far, but I really love them. With no intention to show contempt for John Lennon, this was the most delicate and lovely Nowhere Man I've ever heard. I never can forget the feeling as if I got carried away when he started to sing this one.

The audience were still clapping hands for another encore, but I didn't want any more after that one. Probably he didn't have any more song to play too :) A short one hour concert finished like that. It was such a wonderful hour though.


After the show I met Yohei again. We talked a lot almost until the last train was about to depart Shibuya station. He also kindly introduced me to Tamas & Bron at the dressing room (it wasn't a "dressing" room though). Thanks Yohei, but am I allow to open this up here? I got his autograph on my Aussie original "Mark" and had a chat about many things, including the Melbourne band Broken Flight, which I came to know from Tamas' interview. Anyway, what nice people they are, Tamas & Bron! Of course, you didn't have to go to the dressing room to greet them. Tamas took quite long time for each and every one who wanted his autograph.

Yohei also let me join the party after the show. There I had a chance to talk with Bron again. She saw the photos on the booklet of my Aussie version "Mark" and told me these photos were shot in Melbourne (sorry Bron I forgot exactly where they were). Well, this became my 5th reason that I wouldn't sell this original version (in my previous article I listed 4 other reasons I couldn't sell it after I got the Japanese edition which has 9 more songs).


Looking at him playing, and talked with him, I noticed he didn't have a sort of aura that the charisma musicians wear. I'd dare to say he was like some street musician who I see everywhere in NZ, who puts his hat in front of him, playing guitar and singing. His guitar technic, although its quite precise, is no comparison with, say, Jose Gonzales who I wrote a live report the other day.

However, those incredibly melodious songs he creates and that one-and-only voice distinguish him from the thousand others, almost cruelly. The real gift from heaven. I'm so proud of myself to find such a talent out of the sea of so many CDs in the world.

Tamas & me


<9月1日追記>

8月30日のコメントでクロムさんが触れておられるように、この記事の後半部分を翻訳ソフトで日本語訳してみたら、それが結構面白かったので、何名かの常連コメンターさんにメールして内輪で楽しんでいたんだけど、やっぱり思いなおしてここに掲載することにするよ。英語版は、基本的には前半のオリジナル日本語記事の直訳なんだけど、英語版のために補足説明した部分もあるので、完全対訳というわけではない。その辺はご了承のほど。

メールで皆さんに頂いた感想(というか、ツッコミ)もコメント欄に貼り付けるね。



そして、ここで、私はそうです。 渋谷のO-巣の2007年8月25日。 最後の記事で言及されるように、私はただ彼がライブにふるまうのを見にいっぱいにNZから来ました。

同じ通りの上の兄弟東のOとO-西洋と比べて、O-巣ははるかに小さい開催地です。 私たちが6階まで登るのに従って、開催地はカフェに似ています。 彼がそのようなスペースでプレーするかどうかと思いました。 しかし、本当の開催地が1階の下に螺旋階段であるのは現れました。 それでも、それはもっとも恐らく200っぽいの聴衆のためだけの小さい開催地です。

通常、一人でコンサートに行きますが、今回、私は他の6人のメンバーによって同伴されます。(通常、そのメンバーは、私のブロッグのコメントを掲示します)。 それは線の一種のパーティーです。 ショー始めの前に、私たちは一度Tamasウェルズに関する私の最初の記事を批評したYohei(向こうずねの兄弟)に会いました。 彼は今までのところ、Tamasの滞在の間、日本でいくつかの好奇心をそそっている話に関して私たちに話しました。 驚いたことに、あった、用意して、その前の夜、HMV渋谷で生活してください。 すごく、私はそれを逃しました! CD(しかし、どんなHMVでも、そうしない)を掘って、私はその夜、渋谷にいました。 私は、HMVの正面を歩きさえしましたが、彼が屋内で遊んでいたとわかりませんでした。

行為、木下Misato、ギター、および私を開ける2がちょうど午後7時に始まりました。 次に、Tamasウェルズ(一人でバンドではなく、)は8:30頃にステージを歩いて上がりました、カジュアルなTシャツで。 彼は、setlistを持って来るために舞台裏に戻りました(私は、単独にふるまっているとき、彼がなぜそれを必要とするかと思います。)。

彼の話された声は比較的低いです、私たちがCDの上に聞くことができる「天使のような声」と対照的に、「枠(「マーク」として、この後、参照される)の上のマーク」の日本語版における彼の早めの録音から見積もられるように。 彼の髪はウェブで広く利用可能な写真のものよりはるかに短いです。 そして、また、彼は彼が到着して以来恐らく「非-剃」られた無精髭を着ます。 ああ、来たとき、私は6階で彼を見ました。 それが彼であるのに気付きませんでした。 しかし、彼の青い目には、変化が写真から少しありません。

ショーはWhen We Do Failアビゲール、「マーク」の初めの道から始まりました。 私がアルバムを幾重にも聞いているのでギターが言葉で表す引っ張りだこ。 声。 私は彼の声の美しさについて説明するのが気付くとまだ難しいです。 まるで部屋の温度が、彼の声がいつ彼ののどを通って出て来るかを突然変えるかのように。 唯一無二。

彼は、歌の後に「私をただ多摩-chanと呼んでください」と言うために冗談を言いました。 Yoheiは、彼が、それを言うのを教えたと私に言いましたが、Tamasは実際にステージの上でその時までそれを言いにくかったです。 聴衆が声を出してはち切れたとき、彼は幸福であるべきです:)

ところで、彼自身の発音から判断すると彼の名前は日本で広く知られているとしてのtaa-masでないことのようなtay-masのように発音されるべきです。 本当に、人を話すイギリス人がこのスペルを見るなら、そのように発音するのは、より当然です。 日本語(カタカナ)で外国人の名前を書くとき、私には、方針があって、それはできるだけオリジナルの発音の近くにあるべきです。 しかし、同時に、私はtaa-mas weruzuを捜し求める人々を混乱させて、私のブロッグに来るべきでないのを知っています。 私は、より多くの邦楽愛好者に彼の音楽が好きであって欲しいとただ思います。 私の方針でとてもfxxkです。

2番目の歌の後に、Opportunity Fairであり、「あなたはとても静かです。」と、彼は言いました。 「オーストラリアでは、通常、聴衆が互い、ステージへの一投ものなどと話します。」 ほら、Tamas、ここのだれでもそのような美しくデリケートな歌の間、話すなら、私は彼の一投ものについて話します!

セカンドアルバムからの次に、タイトルトラックVendredi、「Plea En Vendredi、(参照する、「この後のVendredi)」、」 歌の後に、彼は、彼が弾いているギターがミャンマーで手作りの800円(8ドル?)だけかかると発表しました。 彼は悪い調律を謝りましたが、それは残念ではありませんでした。 彼自身のブロッグでMy Spaceに言及されるように、ギターひもとcapoはギター自体より高価であるに違いありません。

彼は、歌の間、歌を紹介して、様々なものに関して話しました。 彼は、多くの日本人が彼を理解するように、慎重にゆっくり話します。 彼が別の英語を話さない国に住んでいるとき、恐らく、それは彼の習慣です。

2が長い間歌のFrom Prying Plans IntoをFire Cigarettes、A Tie And A Free Magazineと題をつけた後に、Bronwyn(彼は、彼女をBronと呼んだ)はステージに近づいて、ピアノの後ろに座りました。

Valderフィールズへの私語している声があとに続いた未知のギター句。 それは身震いを私の背骨の下側に送りました。 序奏のないCDバージョンは良いのですが、これは特別です。 私は、ピアノと彼の歌がCDでアンサンブルをように演奏していなかったと思いました。 多分、彼らのひとりは誤りをしましたか? しかし、それらの両方が確信してプレーし続けたので、それは新しい手配でした。 とにかく、これが私のお気に入りである、しかしながら、それはプレーされます。

そして、北Lights。(そのLightsは2、3カ月前(かなりしばしば彼のSpaceを訪問しましたが、私はそれを逃した)に彼のMy Spaceで上がっていました)。 あなたが来年当然の新しいアルバムを楽しみにしている別のすばらしい歌。

前のEP Stitch In Time、小さい長いM.C.のタイトルトラックに続きます。 それはオーストラリアの彼の友人に関するものでした。 この奴は、彼の家に彼のガールフレンドを誘って、彼女に彼自身の料理を味わわせました。 しかし、彼は誤りをしました、そして、全体の台所は燃えていました。 「心配しないでください、そして、すべてがすばらしいです」と言って、彼は慌てているガールフレンドに言いました。 「しかし、私は台所が燃えているのが残念です。」 これによる歌Iへの序論がすみません、That Kitchen Is On Fireであるというもちろん、ことでした。 私は、歌の歌詞を読みますが、歌がそのような滑稽な話に関するものであったと一度も想像したことがありません!

前のEPからの別の歌はBeauty Cream(もっとも、ところで、彼はものでないとしての「マーク」のためのボーナス道として前のEPからこれらの歌を紹介した)でした。 そして、別の長いM.C.は続きました。 "Vendredi"というアルバムのためにTelemarketer Resignationを記録していたとき、彼は、この難しい歌を完成するように戦っていました。 彼が最終的にそれを終えたとき、典型的なオーストラリア鳥は"Hoo-hoo"を歌いました。 実際に始められる前に、歌であり、彼は、"Hoo-hoo"部分について説明するために歌について終わりの部分を繰り返しました。 そして、CDの上に慎重に部分を聞くように私たちに頼みました。 歌を終えたとき、最終的に、もちろん、彼は"Hoo-hoo"をささやきました。 おかしい奴、本当に。

Bronは閉鎖として再びステージのプレーされたBroken ByでRiseとReduced To Clearを一緒に上って来ました。 私は、「マーク」に関してTamasはReduced To Clearが好きであるに違いないと最後の記事に書きました。 彼がコンサートで、より近いとしてこの歌を選んだとき、それは正しくあるべきです。 ああ、方法による彼、また、お好み焼きやoden(彼が4つの夜並んで食べた)などのいくつかの和食が好きです。 Impartmaint Recordsのスタッフに感謝したとき、彼はそれを言いました。

彼は、姿を消して、全く迅速にアンコールをしに来ました。 地衣のAnd Bees1番目。 私は、Opportunity Fairとこれがプレーされたと少しjanglyに思い過ぎました。 さて、彼の声はどんな誤マッチングもカバーしますが、プレーしてください。

多分彼はそのような(?)として私の内側の声を聞いて、最後の歌は優雅なオープンでした。Blinds。 彼は再び舞台裏に戻りました。

別の果てしないアンコールはステージの上で彼を返しました。 「私はビートルズの歌を演奏するつもりです」と、彼は言いました、そして、Nowhere Manは来ました。 今までのところ、私のブロッグにとてもビートルズに関する多くを書いていませんが、私は本当にそれらが好きです。 ジョン・レノンのために軽蔑するという意志がなければ、これは最もデリケートでした、そして、すてきなNowhere Man Iは今までに、聞いたことがあります。 私は彼がこれを歌い始めたとき、まるで夢中になるかのように感じを決して忘れることができません。

聴衆は別のアンコールのためにまだ手を叩いていましたが、私は、その後にもっと多くのものが欲しいと思いませんでした。 たぶん、彼には、また、演奏するそれ以上の歌がありませんでした:) 1時間の短いコンサートはそのように終わりました。 もっとも、そのように素晴らしい時間でした。

ショーの後に、私は再びYoheiに会いました。 ほとんど終列車が渋谷ステーションを去ろうとしているまで、私たちはいろいろな事について話しました。 また、彼は親切に楽屋のTamas&Bronを私に紹介しました(もっとも、それは「ドレッシング」部屋ではありませんでした)。 Yoheiに感謝しますが、私がここで上に戸外にこれを許すということです。 私は、私のオーストラリアのオリジナルの「マーク」で彼のサインを得て、多くのものの周りでおしゃべりしました、メルボルンバンドBroken便(Tamasのインタビューから知ります私がなった)を含んでいて。 とにかく、彼らはどんな親切な人々であるか、そして、TamasとBron! もちろん、あなたは、それらに挨拶しに楽屋に行く必要はありませんでした。 Tamasはそれぞれのための時間と彼のサインが欲しかった皆にかなり時間がかかりました。

また、Yoheiは私をショーの後に一行に加わらせることができます。 そこでは、私が再びBronと話す機会を持っていました。 彼女は、「マーク」という私のオーストラリアのバージョンの小冊子の写真を見て、これらの写真がメルボルン(私がまさにそれらがあったところに忘れた残念なBron)で撃たれたと私に言いました。 さて、これは私がこのオリジナルバージョンを販売しないだろう(前の記事では、私はもう9曲を持っている日本語版を得た後に私がそれを販売することができなかった他の4つの理由をリストアップしました)私の5番目の理由になりました。


プレーして、話されるとして彼を見て、彼と共に、私は、カリスマミュージシャンが着る一種の香気がなかったのに気付きました。 私は、あえて彼が私がNZのいたる所で見る何人かのストリート・ミュージシャン、だれが彼の正面に彼の帽子を置くか、そして、ギターを弾いて、および歌に似ていたと言うでしょう。 それはかなり正確ですが、彼のギター科学技術はたとえば、私がライブレポートを書いたホセゴンザレスへの先日の比較ではありません。

しかしながら、彼が引き起こすそれらの信じられないほど施律的な歌とその唯一無二の声は1,000人の他のものと彼をほぼ残酷に区別します。 天国からの実際の贈り物。 私は世界のとても多くのCDの海からの掘り出し物への自分のそのようにとても誇りに思っている才能です。
posted by . at 23:37| Comment(29) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

今回は長文 Tamas Wells 「A Mark On The Pane」

音楽業界に属する人にとって、自分が生み出した音楽や、自分が発掘した誰も知らない音楽を、沢山の人に気に入ってもらえるということは、単にそれが自分の仕事だということ以上に喜ばしいことに違いない。別に音楽業界なんてものには属していない僕でさえ、自分のブログで紹介した音楽を聴いてくださった方にコメント欄で「よかった」と一言感想を書きこんでもらえるだけで、とても嬉しい気持ちになるんだから。

去年の10月29日に書いた「心の鎮痛剤」という記事で紹介したタマス・ウェルズの、それからの日本でのいろんな動きを見ていて、そんなことをふと考えてしまった。

その記事に丁寧な長文コメントを書き込んでくださった一本道ノボルさん(執筆されたライナーの通り、大崎暢平さんとお呼びしたほうがいいのかな)が属されている会社のウェブサイトや、今日ここで取り上げるタマス・ウェルズのファーストアルバムのライナーなどを読んでいると、去年の10月にセカンド『A Plea En Vendredi』(以下『Vendredi』と略)が発売されるまでは日本では全く無名だったこのアーティストが、そのアルバムがあちこちで話題になり、やがて入手困難だった以前のCDが日本盤として発売され、そして待望の来日公演までが決定したというサクセスストーリーは、『Vendredi』の発売日から二週間後というわりと早い時期にブログに取り上げることができた僕にとっても、まるで自分のことのように嬉しく思える。

去年の10月に『Vendredi』を聴いて以来、ずっとファーストアルバムを探していたんだけど、ここNZでも、タマスの母国であるオーストラリアのレコード店のウェブサイトでも、その他僕がよく利用している日本・アメリカ・イギリスのサイトでも、まったく見かけることはなかった。iTunesで聴くことができたのは知ってたけど、二つ前の記事にも書いたように僕はダウンロードで音楽を買うのが嫌いで、なんとしてでもCDを見つけ出してやると躍起になっていたんだ。

ようやくそれを見つけたのは今年の2月。日本の某大手チェーン店のウェブサイトにて。手に入るなら金に糸目はつけないつもりでいたけど、送料込みで2500円強。悪くないね。早速注文して、4月に東京に出張した際に入手した。豪Popboomerang Records PB009 - 後に出た日本盤のライナーによると、その時期にレーベルに残っていた最後の在庫200枚が全て日本に輸入され、即完売となったうちの一枚のようだ。そこまで貴重だったとは。

A Mark On The Pane.gif Tamas Wells 『A Mark On The Pane』

先に入手した『Vendredi』同様、このアルバムも最初に聴いてからずっと愛聴している。貴重なアルバムをやっとの思いで手に入れたと一人悦に入っていたんだけど、先述のとおり、先月日本盤が発売された…9曲ものボーナストラック入りで。ライナーノーツに曰く「既に輸入盤を購入された方にとってもアピールとなる要素が必要だ」。はい、アピールされましたよ。日本盤の発売日に友人に代理購入してもらい、NZまで送ってもらう羽目に。

先のコメントで一本道さんが半ば自虐的に語っておられた『Vendredi』日本盤での7000字に及ぶ解説を既に読んだ人を念頭に書いておられるのだろう、細かい字で8ページにも及ぶ(一体何字あるんだろう)、小説かと見紛うほどの超詳細解説に圧倒される。僕は(そして、件のコメントを読まれたこのブログの読者の方々は)大崎さんのタマスに対する熱い思いと、それをどうしても短い言葉にまとめきれないもどかしさを予めわかっているから、この超長文解説も微笑ましく読むことができるが、きっと何も知らずにこのCDを買った人は「一体何だこのライナーは」と驚いているに違いない。

アルバムの内容について少しだけ書こうか。一聴した限りでは、僕が「心の鎮痛剤」と評した『Vendredi』同様、タマス・ウェルズの優しい歌声が、このうえなくデリケートで心地良いメロディに乗って唄われているという構成と大きな変化はない。あのアルバムが好きな人なら、間違いなくこちらも気に入るはずだ。

タマスがまだ、『Vendredi』の質感を印象付けていた乾いた音を出すマンドリンを弾いていないことや、エレキギターを始めとした電気楽器の音が『Vendredi』よりも多用されていることから、音の感触は少し違うように思える。(8ミリフィルムが回転する音だろうか)細かいカラカラ…という音に導かれて始まる2曲目「Broken By The Rise」のイントロで全ての楽器の音がふわーっとフィルインしてくるところは、バンドとしてのタマス・ウェルズ(ややこしいけど、これは個人名でもあるし、バンド名でもある)の魅力を味わえる一瞬だ。

途中で二回出てくるインスト曲について、大崎さんは「インタールードとしても機能していない」とライナーに書かれているが、5曲目「Petit Mal At A Grand Occasion」は、その前の(歌詞からアルバムタイトルが取られた、事実上のタイトルトラック)「Reduced To Clear」の穏やかなメロディーを黒雲のように覆い隠す、神秘的だけど聴衆を不安に陥れる後奏としての役割を果たしており、それが故に、続く6曲目「Even In The Crowds」のただでさえ明るいイントロのエレキギターの音をより暖かいものにすることに成功していると思う。また、8曲目のインスト「Segue In GM」は、どことなく先ほどの4曲目と似たメロディーがマイナーコードで演奏されており、そのことがなんとなくこのアルバム全体を「Reduced To Clear」を中心としたコンセプト・アルバムのように思わせる要素になっている。

アルバムのプロデューサーはティム・ウィッテン。調べてみたら、ゴー・ビトゥイーンズ、フードゥー・グルズ、ハンターズ&コレクターズなど、オーストラリアを代表する中堅ロックバンド(笑)のアルバムを多数手がけているようだ。なるほど、それもあってのこのバンド・サウンドなのか。

日本盤に収録された9曲は、この『A Mark On The Pane』以前に発表された3曲入りシングル「Cigarettes, A Tie And A Free Magazine」と、6曲入りEP「Sticth In Time」からの全曲。この曲順がオリジナル同様だとすると、「Sticth〜」の1曲目は「Reduced To Clear」。よほど彼のお気に入りの曲なんだろう。「Cigarettes〜」は、このシングルを最後に脱退してしまったらしいヴァイオリンの音色が素晴らしい。ゲストとしてでいいから、次のアルバムにまた参加すればいいのに。

ところで、『Vendredi』には歌詞と日本語対訳が載っていたんだけど、この『A Mark On The Pane』には英語の歌詞しかブックレットに載っていない。それはいいんだけど、これが実際に歌われているものとかなり違うんだよね。『Vendredi』もそんな感じがあったけど、あちらはまだ所々の歌詞を端折ったり違う言葉で歌い替えたりしていただけだったからある程度聴きながら歌詞カードを目で追えたんだけど、今回のはちょっとお手上げ。なんでここまで違う歌詞を載せているんだろう。それで対訳を載せるのもやめたのかな。

僕が4月に買った方のオリジナル盤の曲はもちろんこの日本盤には全曲収録されているから、日本盤が届いたらオリジナルの方は中古屋にでも売ろうと思っていたんだけど、

1)日本盤からは(長文解説書のあおりで・笑)削除されてしまった六つ折りブックレット内の、表裏ジャケに通ずる雰囲気のある写真が捨てがたい
2)物悲しい10曲目のインスト「A Dark Horse Will Either Run First Or Last」で終わるしみじみとした気分を味わっていたい
3)なにしろ最後の200枚のうちの一枚

という理由から、両方とも手元に置いておくことにした。こうしてまた同じアルバムが我が家に増えていく…


先述したとおり、今月ついに来日公演が実現した。この週末は金沢、大阪、奈良で既に公演を終えているはず。どこかのサイトを探せばもしかしたらもうライヴレポートが上がっているのかもしれないけど、ちょっとそれはまだ読まないでおこう。だって、僕も観に行くことにしたからね。

これだけ日本で盛り上がった後もNZでは彼は全く無名のまま。隣国オーストラリアでも彼のライヴがいつ行われるのかよくわからない状態。この機会を逃したら、もしかしたら本当に一生観られないかもしれないと、赤道を越えて観に行く決心をした。本当は、30人限定の奈良公演か、50人限定完全アコースティックライヴの東京公演に行きたかったんだけど、僕の仕事の都合と決断が遅かったために、東京での最終日だけにしか参加できなくなってしまった。まあそれにしても、このツアーで最大の集客数であろうこの日が一番盛り上がるだろうことも充分に予想されるので、もちろん悔やんでいるわけではないよ。

もう二枚のアルバムはイントロ当てクイズができるほどに聴き込んだけど、観客席で僕が歌って彼の“天使の歌声”を邪魔するわけにはいかないから、脳内で一緒に歌う練習もしておこう。そうだ、オリジナル盤の『A Mark On The Pane』を持って行って、サインしてもらおうかな。中古屋には売れない理由その4を作るために。
posted by . at 20:29| Comment(5) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

Jose Gonzalez live in Auckland 07

「また来年」と言って去っていった彼は、本当に一年後に戻ってきた。

去年の7月21日にライヴレポートを書いたホセ・ゴンザレスが、イギリスでは9月24日に発売になるニューアルバム『In Our Nature』のプロモーションツアーの一環で、再びオークランドにやってきた。去年は、その記事にも書いたように、NZで評判の高かったテレビコマーシャルの余波もあって、セイント・ジェームス・シアターという割と規模の大きな会場を一杯にするほどだったが、今回はホープタウン・アルファというかなり小規模のホール。まあ確かにニューアルバム発売前だし、僕の周りでも「え?ホセ、また来るの?」とかいう声が上がったぐらいだから、果たして人が集まるのかという不安もあった。更に彼にとって運が悪かったのは、このコンサートの告知のすぐ後に、同日にオークランド最新最大のアリーナでキュアのコンサートが開催されることが決定したことだ。日程がかぶっていなければ僕も確実にそっちにも行ってたはずだから、これは結構ファン層かぶってると思うよ。7年振りだかでNZに来る大御所と、去年来たばかりの一発屋(@一般的イメージ)、誰がこっちに来るんだ?大丈夫かな…

Hopetoun Alpha

7時半開場だったんだけど、用もないのに7時前に会場に着いてしまった。ドアも当然まだ開いてないから、まだ殆どガラガラの会場横スペースに車を停めて、どっかで腹ごしらえでもするかと思ってたら、リハーサルを終えて食事に出かけるホセと偶然ばったり。その場で、車の中で聴いていた『Veneer』を渡してサインしてもらったよ。ラッキー♪ やっぱりNZでは、「小さなハコには早く行け」ってのは鉄則だね。

Autographed Veneer.gif

会場はやけに縦に細長い。元々は教会として造られた建物らしく、今は結婚式やパーティーに使われているという。一階のフロアに木製の椅子が並べてあり、それを取り囲むような形で二階席が張り出している。ステージが異様に高い場所にあって(僕の身長程あったから、床から1.7メートルぐらい?)一階席からだと見上げ、二階席からだと見下ろす形になる。僕は一階席の前から二列目中央という、かなりいい席をキープできた。見上げる形になるとはいえ、ステージからほどよい距離を置いてあるので、映画館の最前列みたいに首が痛くなるというほどではない。

8時20分に始まった前座の演奏が終わったのが9時ちょうど。そのNZの夫婦デュオの自主制作CDも会場で売ってたんだけど、残念ながら僕を40分集中させておくほどの魅力はなかった。退屈というほど酷いわけでもなかったんだけどね。

マイクと椅子をセットし直して、9時30分ちょうどにホセがステージに姿を現した。簡単な挨拶のあと、調弦がてらいくつかの弦を爪弾き、それがやがて「Deadweight On Velveteen」のイントロになるというオープニングは去年のステージと全く同じ。

DSC09999.JPG

相変わらず、もの凄く正確に力強くリズムを刻むストロークと、全くミスのない繊細なアルペジオが見事。前回の記事にも同じようなことを書いたが、生ギター一本だけなのに、まるで打楽器の演奏を見ているような錯覚に陥る。彼の歌声と生ギターと手拍子と若干の管楽器の音しか入っていない彼のアルバムは、結構それら一つ一つの音が生々しく素直に録音されている方だと思うのだが、こうしてギターから直に出てくる音を聴いてしまうと、もうそんなのは全く別物だと思えてしまう。たいしたアドリブが入るわけでもなく、彼一人がアルバムと同じアレンジで歌い演奏するだけのこんなライヴなのに、何度観てもこれだけ惹き付けられてしまうという事実が、彼の実力を物語っている。

3曲目からは僕の知らない曲が続けて演奏された。ニューアルバムからだろう。印象に残った歌詞の断片を書き写してきて、既に発表されている曲目表と照らし合わせてみたんだけど、半分ぐらいはよくわからない。下に載せるセットリストは、9月にそのニューアルバムを買ってちゃんと歌詞を聴いてから補足することにしよう。

6曲目に入るところでまたゆっくりと練習のように弦をパラパラと爪弾き、それがいきなり加速して「Crosses」のイントロだとわかった瞬間には、背筋がぞくっとする思いがした。ゼロ7と共演もしたこの曲、やっぱり彼の曲の中で一番好きかも。

新曲の中でも、彼のマイスペースで公開されている2曲はわかった。9曲目「Killing For Love」と、後半彼が「あと2曲ね」と言ってから始めた「Down The Line」。後者はシングル発売されて、PVも作られるそうだ。彼のPVはいつもユニークで面白いので、これも楽しみ。たしかこの曲かな?それまでずっと淡々と音程を外さずに歌っていた彼が、ちょっと力んで声高に歌ってしまい、照れたような顔をしていたのがほほえましかったのは。

「あと2曲」の2曲目は、去年も本編ラストで演奏した、マッシヴ・アタックの「Teardrop」。へえ、よっぽどこの曲気に入ってるんだね、と思ったら、ニューアルバムにも収録されている模様。

そこで一旦舞台裏に下がり、すぐ再登場。ほとんどカタコトと言っていいようなつたない英語(失礼!)で「僕が小さな頃は、教会で音楽を聞いても拍手さえできなかったんだ。それを君たちは足を踏み鳴らすなんて」と軽い冗談。去年のコンサートと、今回ライヴ前にサインをねだったときを含めても、これが僕が聞いた彼の最長台詞かも(笑)

DSC00001.JPG

先ほどの本編最後のマッシヴ・アタックのカバーに引き続き、アンコール一曲目はカイリー・ミノーグのカバー「Hand On Your Heart」、そして、件のコマーシャル曲「Heartbeats」(これもナイフというスウェーデンのバンドのカバー)。やっぱりこの曲のイントロが始まった瞬間が、一番客席が沸いたね。

最後に「あと1曲」と言って始めたのが、去年は聴けなくてとても口惜しい思いをした、ジョイ・ディヴィジョンの「Love Will Tear Us Apart」。ついに聴けた。そしてこれが、ジョイ・ディヴィジョンのオリジナル録音よりも、彼がカバーしたCDでのバージョンよりも、もの凄くスピードアップされたメチャクチャ格好いい演奏。小手先の技など使わずにフルストロークでかき鳴らされるギターの音のメタリックなまでの響き。これは、待った甲斐があった。数限りなくカバーされているジョイ・ディヴィジョンのこの名曲を、彼ら自身よりもスリリングに演奏し(しかも生ギター一本で!)、そしてイアン・カーティスに切迫するほど切実に歌ったものは、僕の知る限りでは昨夜のこの演奏以外にはなかった。

今度は「また来年」とは言わずに手を振って彼が退場したと同時に客電が点き、アンコールを含めても1時間弱の短いライヴが終了した。時間的にはこれも短くて物足りない思いをした去年のライヴと似たようなものだったけど、これだけの演奏を聴けた今回は大満足で会場を後にすることができた。1万2千人のアリーナでキュアの3時間マラソンコンサートを観るより、こっちに足を運んだのは正解だったと素直に思える、気持ちのいい夜だった。



セットリスト

1. Deadweight On Velveteen
2. Hints
3. How Low
4. Fold
5. In Our Nature
6. Crosses
7. Time To Send Someone Away
8. Abram
9. Killing For Love
10. Cycling Trivialities (?)
11. Lovestain
12. Down The Line
13. Teardrop

Encore
1. Hand On Your Heart
2. Heartbeats
3. Love Will Tear Us Apart


DSC00004.JPG
posted by . at 19:56| Comment(7) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

ジェイソン・ムラーズ副読本

いくつかの記事やコメント欄で繰り返し言ってるから皆さんご存知だろうけど、僕は音楽ダウンロードってのが嫌いでね。

ただ、別にダウンロードという行為自体が嫌いというわけじゃない。最近記事にしたシアウォーターやニック・ロウのアルバムみたいにアナログを買えばMP3のダウンロード権も付いてくるとか、先月末に予約したオカヴィル・リヴァーの新譜のように、発売日前にまずアルバム全曲をダウンロードして聴くことができるとか、そういうサービスは非常にありがたいと思う。それに、僕が普段音楽を聴いてる時間のかなりの部分は、PCに入った音源をそのままPCに接続したスピーカーで聴いたり、MP3プレイヤーに落として移動中に聴いたりしてるから、別に音質がどうのこうのという話をしたいわけでもない。

CDやLPと同じような値段を取っておいて、ジャケットも歌詞もクレジットも何も付けずに、音楽データだけを売りつけようという姿勢が嫌いなんだ。しばらく前のコメント欄に銕三郎さんが書いておられたけど、きっと僕も音楽それ自体を楽しむということができないのかもしれない。邪道かもしれないけど、その音楽がどんなジャケに包まれていて、どの曲にどんなゲストミュージシャンが参加していて、よく聞き取れない英語の歌詞が歌詞カードにどういう風に記載されているかといった事柄は、ある意味音楽自体に匹敵するほど僕には重要だから。あとは、シールドされた輸入盤LPを最初に開封するときのあの匂いとかね。若い頃は、「ああ、これがアメリカの匂いか」なんて思っていたものだったよ。

若い頃に散々FMのエアチェックをした経験から、FM電波やインターネットから録音する音楽が有料だということに違和感を感じるのかもしれない。そういう公共の場所から無料で録音した音楽が気に入れば、レコード屋に行ってそのアルバムを自分のお金で買うというのが当たり前だと思っていたからね。

「CDショップに行かなくても自宅で手軽に音楽が買える」だって?冗談じゃない。パッケージ代や輸送費、それに一番負担となる在庫を削減できるという送り出し側(レコード会社)に都合のいいフォーマットに客を惹きつけようと、適当なことを言ってもらっちゃ困る。

というわけで、CDやDVDの売上凋落が繰り返し報道され、iTunesを始めとする音楽ダウンロードがその規模を急速に広げている昨今(ちょうど今日受け取った新聞に『米アップル 累計30億曲突破』というタイムリーな記事が)においても、僕はCDやLPといったパッケージメディアを買い続ける。

ところが、時代の流れか、なんとしてでもダウンロードを主流にしたい送り出し側の思惑か、最近やたらとダウンロード・オンリーというアイテムが目に付くんだよね。一昨年、僕の大好きなビリー・ブラッグのライヴ音源が彼のサイトからのダウンロード限定で発売され、僕はそれを渋々購入したんだけど(それは僕が05年のベスト・アルバムに選んだほど優れた録音だったんだけど)、去年それがCDでも発売されてとんでもなく悔しい思いをしたものだ。まあそれは稀なケースだろうけど、通常はダウンロード限定で出た音源は滅多にパッケージメディアとしては流通することはない。

しばらく前にかえでさんとLunaさんが発掘してくれた昨年11月30日の記事「怒涛の四日間」のコメント欄で長々と感想を展開したジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)。彼はそこに書いた05年の『MR.A-Z』というアルバム以来まだ新しいCDを出していないのだが、実はダウンロード・オンリーで様々なライヴ音源を発表していたということに先日ようやく気づいた。これはもう、しょうがないね。買うしかないか…


Selections For Friends.jpgまずは、去年の12月に発表されたこの『Selection For Friends』。全14曲中、シカゴのシューバス・タヴァーン(Schubas Tavern)でのアコギ弾き語りライヴが5曲、カリフォルニアはサラトガ、モンタルヴォ・アーツ・センター(Montalvo Arts Center)でのバンド形態でのライヴが8曲、おまけ(?)のスタジオ録音が1曲。全部で100分以上、CD1枚には入りきらないほどのボリュームだ。収録日はよくわからないが、小規模な会場を廻った昨年のツアーからということらしい。ちなみに、ダウンロードのみとはいえ、このタイトルには一応ここに載せた正規のジャケットデザインがあるのは嬉しい。まあ、大したデザインではないんだけどね。

最初、ダウンロードするときに何かの間違いかと一瞬躊躇してしまうほどのインパクトがあったのが、1曲目「Welcome To Schubas」。34分14秒だって?なんとこれは、彼が02年にインディーズからリリースした『The E Minor EP In F Sharp』というEPからの全7曲をメドレーで弾き語るというとんでもない代物だ。僕もそのEPは持っていないが、おそらくアメリカでもそんなに流通してないんじゃないだろうか。途中で出てくる「On Love, In Sadness」(メジャー・レーベルからのファースト・アルバム『Waiting For My Rocket To Come』にも収録)のイントロで「やっと知ってる曲が出てきた」とばかりに大歓声。声が枯れることもなく33分強を歌い終えた彼の「今のが1曲目。今日はこれからこういうのを15曲演るからね」という冗談めかした台詞が可笑しい。

続く2曲目「Did You Get My Message? (Audience Rehearsal)」はその名の通り、同名の3曲目で観客にコーラスをさせるための練習風景をそのまま収録。狭い会場で冗談を交えながら、すっごく楽しそうに和気藹々とやっているのがうらやましい。ああ、こんなコンサートに行きたいな。5分以上かかってその曲をたっぷり練習して、実際に3曲目に入る前に「(じゃあ今まさに1曲目が終わった振りをするんだよ)みんなもしかしたらこの曲は知ってるかな?」とか言いながら始めるのがまた可笑しくて。

後半のモンタルヴォでのライヴは、未発表曲と『MR.A-Z』からのセレクションが半分ずつ。彼はファースト・アルバム発表後、早くも『Tonight, Not Again』というライヴ・アルバムを出しているが、『MR.A-Z』からの曲はCDではライヴ音源は出ていなかったので、これは嬉しい。「Life Is Wonderful」、「Did You Get My Message?」(また!)、「Please Don't Tell Her」、「Song for a Friend」の4曲。前にもコメント欄に書いたけど、その中での僕のお気に入りはやっぱり「Please Don't Tell Her」。この曲のメロディー展開、ピアノの使い方、ジェイソンの節回しとこのライヴにおけるフェイクの入れ方、なんだかフレディ・マーキュリーの作るクイーンの曲を髣髴とさせる。「Somebody To Love」とか「Play The Game」とかあの辺の。名曲。

このアルバム、なんだかやけにダウンロードサイトに「クリーン」って書いてあるなと思ったら、ライヴ編のラストの曲「10,000 Motherf***ers」の、そのタイトルを歌っている箇所が処理されてるよ。そういうことか。ピーって音が被せてあるわけじゃないけど、なんだかデジタル処理されてゴニャゴニャと聞き取りにくくなってる。これって、もしかしたら「クリーン」じゃないバージョンが、あるところにはあるのかな。


Geekin' Out Across The Galaxy EP.bmp続いてこれ。去年の前半には出ていたらしい『Geekin' Out Across The Galaxy EP』。ライヴ5曲に加えて『Mr.A-Z』からの「Geek In The Pink」のリミックス入り。1曲目「Galaxy」は、さっき書いた『The E Minor EP In F Sharp』の中の1曲。『Geekin' Out Across The Galaxy』というタイトルから見ても、この2曲が一応このミニアルバムの核という位置づけなのかな。とはいえ、僕にとってはむしろそれ以外の4曲(「Keep On Hoping」、「Mr. Curiousity」、「On Love, In Sadness」、「Wordplay」)がこの音源を手に入れた主な理由なんだけどね。特にyascd010にも入れた「Mr. Curiousity」のあのソプラノパートを、本当にライヴでちゃんと歌ってるのかどうかを聴いてみたくて。

期待通り、しっとりとした「Mr. Curiousity」も、早口言葉並みの「Wordplay」も、ファースト・アルバムからの隠れた(?)名曲「On Love, In Sadness」も聴き応えのあるいいヴァージョンだった。2曲目「Keep On Hoping」は、彼がゲスト参加したラウル・ミドン(Raul Midon)のアルバムからの曲。ラウルのファンキーなアコギのカッティングとボーカルが格好いい。

これはお手軽に聴けるいいアルバムだな。さっきのも全然悪くないんだけど、やっぱり100分まとめて聴こうと思うとなかなか腰が重くなるからね。30分程度でいい曲だけ詰まってるってのは嬉しいよ。値段も800円と手頃だし(さっきのは1500円)。


State Of Mind.jpgラウル・ミドンのアルバムについても少しだけ書こうかな。覚えている人はいないだろうけど(覚えている必要もないけれど)、今を遡ること1年と1ヶ月、このブログの2つ目の記事にちょこっと登場したアルバムだ。名プロデューサー、アリフ・マーディンの生前最後のプロデュース作、『State Of Mind』。とにかく1曲目のアルバムタイトル曲で度肝を抜かれる。なんて凄いアコースティック・ギター。元々ジェイソン・ムラーズのコンサートにゲスト出演したことがきっかけになったという、3曲目「Keep On Hoping」でのデュエットが微笑ましい。そして、おそらくこれがきっかけで、ジェイソンの『Mr.A-Z』にもラウルが2曲にゲスト参加している(「Bella Luna」での印象的なナイロン弦ギターと、「Song For A Friend」でのエレキギター、コーラス、それにお得意の口ホーン)。

冒頭の話に無理矢理繋げると、ダウンロード以上に僕が嫌っているのがコピーコントロールCD。最近はもう廃れてきたから、数年前に一部のレーベルから出たタイトルだけが割を食った形になったんだけど、このアルバムは珍しく輸入盤がCCCDで日本盤が通常CD(CDエクストラ)というパターンだったので、僕はわざわざ日本に帰ったときに購入したんだった。こっちの中古CD屋でたまにCCCDバージョンを見かけると、ざまみろっていう気持ちになるね。


Twentythree.jpgさて、最後にジェイソン・ムラーズ関連をもう一枚だけ取り上げようかな。トリスタン・プリティマン(Tristan Prettyman)の『Twentythree』。こちらにもジェイソンが1曲、ギターとデュエットで参加している(5曲目「Shy That Way」)。このCDの解説によると、この二人付き合ってるんだって。これは05年のアルバムだから、今でもそういう関係なのかはよくわからないけどね。まあどうでもいいんだけど。このアルバムには他にもGラヴやジェシ・ハリス、リー・アレクサンダーも参加(後者二人はノラ・ジョーンズ関連かな。リーはノラのカレシ、ってそんな話ばっかり)。なんでも彼女、サーファーの両親の元にカリフォルニアで生まれて、本人も12歳の頃からサーファーだとか。で、日本盤の帯には『生きて行くのに必要なのは、サーフ・ボードとギター、それだけ』なんて文句が書いてあって、CDのライナーを読んでも「ジャック・ジョンソン系」として売り出そうとしているのがありありなんだけど、そんな季節商品みたいな扱いをしてしまったらもったいないと僕は思う(亜流ジャック・ジョンソンみたいな売り出し方をされたドノヴァン・フランケンレイターのセカンド・アルバムがそこら中で投売りされているのを見るにつけ)。それぐらいよくできたアルバム。

僕は別にサーフィンをするわけじゃないけど、確かにビーチで聴くと心地良いだろうなと素直に思える綺麗なアコギ(結構上手)、少しハスキーな、でもちゃんと声量のあるボーカル、この上に名前を出した人たちに共通する、ちょっとお洒落な音作り、それになにより、いい曲を書くと思うよ、この人。サーフィン云々は関係なく、ちゃんと次のアルバムも出して(去年EPは出したみたいだけど)きちんと売れ続けてほしいな。


というわけで、ここしばらく個人的に盛り上がっているジェイソン・ムラーズの、正規盤以外の音源を取り上げてみた。他にもライヴ音源をいくつか出しているし、なによりこの人、ジャム・バンドのように(商業目的でなければ)自分のコンサートは録音自由という人だから、きっと探せばいくらでも音源が出てくると思う。さすがに今はそこまで全部網羅しようとは思わないけど、ここで取り上げた最初の2枚は、たまにはダウンロードもしてみるもんだな、と思わせてくれるいい収穫だった。でもやっぱりダウンロードしてPCに入れたままじゃつまらないんで、CD-Rに焼いて、ダウンロードしたジャケット画像を印刷して、自分で勝手にデザインしたレーベルをCD-Rに貼って、海賊盤ぐらいには見えるかな、というぐらいのパッケージに仕上げたよ。まったくもう、手間かけさせるね。だからダウンロードって嫌いなんだよ。
posted by . at 22:46| Comment(16) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする