2007年04月04日

消えない三等星 Graham Parker & The Figgs 「103 Degrees In June Live In Chicago」

グレアム・パーカー。例えばこれまで彼の音楽を聴いてこなかった人や、今から洋楽に触れていこうとしている若い人が、こういう微妙な立ち位置の人に出会う機会があるんだろうか。ラジオやテレビで彼の曲が流れることなんてないだろうし、ウェブや口コミで話題になるようなことをしているわけでもない。コンスタントにアルバムを発表しているけれど、もはや日本盤でCDが出ることもないだろう。

僕は高校生の頃に、いわゆるパブロックと呼ばれる音楽が好きになり、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、デイヴ・エドモンズなどの、当時は殆ど廃盤だった初期のLPを血眼になって探したものだ。スクイーズを聴き始めたのも同じ流れからだったな。

同じ文脈で語られることの多いグレアム・パーカーを聴き始めたのは、それから更に数年経ってからのことだった。もちろんデビュー当時はなにかにつけてコステロと比較されていたような彼の名前をそれまで知らなかった訳ではなかったんだけど、どういう訳か後回しにしていた。なんとなくさっき名前を書いたような人たちに比べて地味なイメージがあって。星の等級で言うと三等星ぐらいというか。

初めて彼のアルバム(85年当時の新作)をきちんと通して聴いたときには、それまで無駄にした数年を心底後悔したものだった。でもまあ、とにかく僕はそんなに致命的に遅れることなく彼に出会うことができた。幸運だったと言っていいだろう。それからの20年間、コツコツと活動し続ける彼のことをずっと見守ってこられたんだから。

80年代ぐらいまではまだアルバムも売れていたし、時にはヒットシングルも出していたけれど、決して表舞台に立っていたとは言えない彼だから、90年代以降、マイナーレーベルを渡り歩くようになってからは、世間一般的には既に忘れ去られた存在だろう。最早、パブロックなんてものが一括りに語られる時代でもないし。

そんな状況とは裏腹に、彼は実にコンスタントにアルバムを発表し続けている。ここ数年は、ほぼ毎年と言ってもいいぐらいだ。更に、自分のウェブサイトを通じて、各アルバム発表時のツアーを収めたライヴアルバムも出し続けている。今日紹介するのは、05年のアルバム『Songs Of No Consequence』に続くツアーの記録『103 Degrees In June Live In Chicago』だ。

103 Degrees in June.jpg 『103 Degrees In June Live In Chicago』

『Songs Of No Consequence』が久々に佳曲揃いのいいアルバムだったので、そのアルバムを製作したのと同じ面子で行ったこのツアーが悪いわけがない。デビュー・アルバムからの「Soul Shoes」を始めとする初期の名曲から、最新作からの「Vanity Press」「Bad Chardonnay」といった、80年代前半を髣髴とさせる曲まで、実に充実した内容。特に、サード・アルバムからの「The Raid」がオリジナル以上に格好いいロカビリーっぽいバージョンになっていて最高。

彼は、古い曲を演るときは、「これは何年の何というアルバムからの曲」っていちいち説明するし、さっき書いたような代表曲だけでなく、古いアルバムの誰も覚えてないようなマイナーな曲までちゃんと取り上げている。本当に自分の作品に愛着があるんだろうね。

途中、ファースト・アルバムからの「Nothing's Gonna Pull It Apart」を始める前に、「この曲ができたのは(バックバンドの)フィグスの連中がまだ赤ん坊の頃だ。今日着ている、こないだ屋根裏から引っ張り出してきたこのシャツも、こいつらより年食ってるよ」なんてことも言ってる。

このライヴ・アルバム、彼のオフィシャル・サイト(上の写真の横の文字にリンクあり)のみでの発売。しかも直筆サイン入りで2000枚限定。しばらく前に買った僕のが1014/2000(手書きのナンバー!)だから、まだしばらくは買えるだろうけど、こういうのは一旦なくなると手に入る可能性が非常に少ないからね。僕は03年に出た、『Deepcut To Nowhere』ツアー時のライヴ盤『Live Cuts From Somewhere』をつい買い逃してしまって、以来ヤフオクとイーベイにアラートかけてるんだけど、まったく引っかかってこないよ。なので、興味のある人はお早めに。

Songs of No Consequence.jpgさっき書いた佳作『Songs Of No Consequence』は、マイナーレーベルからの発売だけどまだ普通に流通してるんで、ライヴを買い逃した人はこちらもお勧め。実は、更につい先月これに続くニューアルバム『Don't Tell Columbus』が出たばかりなんだけど、それは今輸送中だから、今回はそれについては書けない。これを聴いて気に入ったら、僕が20年前にしたみたいに、ここから30年遡って聴いていくというのもありかも。もしそういう人がいれば、僕の持ってる彼の40枚のアルバムを解説する記事を書いてもいいよ(笑)

本当に、もう60歳近いというのに、もの凄い勢いでがんばってるなあ。先に名前をあげたエルヴィス・コステロやニック・ロウが年齢相応に随分枯れたアルバムを作るようになり、引退状態の人やバンドも沢山いるというのに。三等星だったかもしれないけど、他の大きな明るい星が消えていった後もしぶとく光ってるような人だな。『Songs Of No Consequence』の最終曲では、まさにそんなことを歌ってるよ。「Did Everybody Just Get Old?」って。


posted by . at 20:26| Comment(15) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。