2007年03月13日

懐かしい不安感 Shearwater 「Palo Santo」

覚えている限りで一番古い幾つかの記憶。多分僕が5歳か、もしかするともっと幼い頃だったのかもしれない。人ごみで、一緒にいたはずの親とはぐれてしまって、ひどく不安な気持ちになったことが2回ほどある。一度は(確か梅田の)繁華街、もう一度はどこかのお祭りのような場面。どちらも夜だったので、普段は見慣れないネオンや提灯など、様々な明かりが頭の周りに灯っていた。(子供なので)断片的にしか読めない奇妙なポスターなんかのこともやけに覚えている。まるで異空間に紛れ込んでしまったような感覚。

迷子になったとか、そんな大きな事件ではなかったんだと思う。きっとほんの少しの間、親の姿が見えなくなってしまったぐらいのことだったんだろう。そのとき怒られた記憶も、大騒ぎされた記憶も残っていないから。だから、そんな些細な出来事をいまだに覚えているのが不思議なくらいなんだけど、後にその時の光景と共に度々よみがえってくるあの“懐かしい不安感”は、今でも僕の趣味・嗜好に影響を与えている気がする。


ジョナサン・メイバーグが書くメロディーと彼のか細い声を聴くと、何故だかわからないけれど僕はいつも“懐かしい不安感”とともに、あの光景を思い出してしまう。

僕のブログに何度か登場しているオカヴィル・リヴァーで鍵盤類から弦楽器までありとあらゆる楽器を演奏するジョナサンと、中心人物であるウィル・シェフのサイド・プロジェクト、シアウォーター。先日近所のCD屋で彼らの見慣れないジャケットを見かけて、新譜が出たんだと思って調べてみたら、なんと発売は去年の5月。ちょっと注意を怠ってたね。

Palo Santo シアウォーター 「Palo Santo」

ファルセットも交えたか細い、しかし時には激昂するボーカル。基本的には繊細なアコースティックで、でもあちこちに不思議な音が紛れ込んでいる演奏。少し霞がかかったような、エコーの効いた音作り(そう、ちょうどこのジャケットのイメージのような)。そして何よりこの、人を心細い気持ちにさせる、でも心地よいメロディー。

2曲目「Red Sea, Black Sea」のイントロなんて、本当にどこか不思議な異国で奏でられている音楽みたいだ。冒頭の説明が僕の独りよがりな思い出でよくイメージが涌かないなら、映画「千と千尋の神隠し」で主人公が迷い込む不思議な街で流れているような音楽(実際にあの映画でかかっていた曲とは全然違うけど、あくまでも僕のイメージで)といえば少しは感触がわかってもらえるだろうか。


地味だけど、聴くほどに味が出てくるアルバム。発売から殆ど1年遅れたけど、買ってよかった。でも、もしこれからこのグループを聴いてみようという人には、この一つ前に出た(間にミニアルバムを挟むけれど)こちらの方をお勧めする。

Winged Life シアウォーター 「Winged Life」

04年に出たサードアルバム。幻想的なジャケットに写るのはShearwater(日本名ミズナギドリ)だろうか。これは新作以上にさっき僕が書いた彼らの特徴がよく出た好盤。「My Good Deed」や「The World in 1984」なんて、どうしてこんなメロディーが書けるんだろうと思ってしまう。新作には歌詞どころかメンバー名もろくに書いていないけれど、このアルバムにはちゃんと(ちょっと難解な)歌詞が載っているし。メンバー名も載っているが、誰がどの楽器を担当して、どの曲で歌っているかということはきちんと書かれていない。メンバー名と全ての楽器の名前がずらっと書いてあるだけ。その辺の情報を詳しく知りたければ、彼らのオフィシャルサイトに行けということなんだろうけど。ちなみにこのサイトの扉ページの写真、僕は好きだな。


この記事を書こうとしてあれこれ調べていたら、なんと彼らがマタドールレコードと契約して、4月10日に「Palo Santo」が2枚組で再発されるという情報を見つけた。くそぅ、買ったばかりなのに(笑)。でもそれは、全11曲中5曲を新たに録音しなおし、8曲の新曲を2枚目に収めるというもの。ジャケットも変わるし、これはもう買い直しじゃなくて買い増し決定だね。そのうち僕がこないだ買ったオリジナル盤の方が希少になるかもしれないし(笑)

しかも、再発盤のLPには、2枚組CDにも入っていない2曲が追加されるという話だ。これはもうLP買うしかないだろう。アマゾン見てたらもう早速再発盤が「近日発売」扱いで載ってるね。しかも現行の1枚ものと同じ値段。これは今から買う人は迷うね。曲数の多い再発盤か、そのうち希少になって高く売れる現行盤か(笑)
posted by . at 20:16| Comment(19) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする