2007年03月03日

PSBがやって来る!

NZの音楽プロモーター(日本で言うウドーとかスマッシュとか)のサイトを何の気なしに見ていたら、なんとペット・ショップ・ボーイズが来る! 今月29日、お馴染みのセイント・ジェームスにて。すぐさまチケットを押さえたよ。あとで彼らのオフィシャルサイトを見てみたら、このNZのチケットは昨日発売になったばかり。なのに二階席はさっきの時点で既に売り切れ。そりゃそうだろう、腐っても鯛。いかに最近ヒット曲が出てないとはいえ、あんな小さなハコでPSBが観られるなんて! 僕は当然二階席など見向きもしないで、一階フロアの立見席だ。ようし、こいつは気合入れて前に行くぞ。


…これだけの記事にしてもよかったんだけど、せっかく気分が盛り上がったので、半年も前に買ってまだ観てなかったライヴDVDを引っ張り出してきた。

Montage 「Montage The Nightlife Tour」

99年から00年にかけての、アルバム「Nightlife」発売に伴ったツアーの記録。DVDとしては01年に発売になったのだが、すぐに廃盤になり、05年に廉価で再発(僕はその時に買った)。また廃盤になっていたんだけど、さっきHMVのサイトを見たら、ちょうど今月の14日にまた期間限定で再発されるらしい。偶然とはいえ、タイムリーな記事になったというわけだ。ちなみに、アマゾンにはその辺の情報が全く載っておらず、アフィリエイトしようにも飛んでいく先のページがない。一応上のリンクはHMVのページに飛ぶようになってるんで、この記事を読んで興味の涌いた人は見てみて。

1時間50分に亘るコンサートと、「Nightlife」からのシングル曲3曲のプロモーション・ビデオ、それに隠しトラックが1曲という内容。コンサートの選曲は、23曲中「Nightlife」から6曲と最多なのは当然として、各時代を代表するヒット曲がちりばめられている。デビュー曲「West End Girls」で幕を開け、代表曲「Go West」でアンコールを終えるというのが、何種類か出ている彼らのライヴビデオを参考にする限りでは、ありそうでなかったパターン。個人的には、隠れた名曲「Shameless」が入ってるのが嬉しい。

例によって奇抜な衣装(この時はまっ黄色のツンツンヘアーのウィグに、焼き海苔みたいな眉、テカテカの素材のコートに、ストライプの袴)と、ステージ後方の巨大スクリーンを使った、ビジュアル的にも楽しい(と思われる)ステージ。PSBの二人以外のメンバーは、殆ど画面には映らないキーボードとパーカッションの他、全て黒人のボーカリスト5名(女性1、男性4)。想像するとかなりミスマッチなのだが、ゴスペルのような彼らのソウルフルなコーラスが、ニール・テナントの無機質な高音ボーカルにやけに合う。

僕が彼らのライヴで一番楽しみにしている、お馴染みのアコースティック・セット、この時は「You Only Tell Me You Love Me When You're Drunk」、「Was It Worth It?」、「Se a Vida e (That's The Way Life Is)」の3曲。ニールのアコースティック・ギターとパーカッションだけをバックに、先述のゴスペル・コーラスが被さってくるところが最高。いつも違った曲を演ってくれるこのアコースティック・セット、NZではどんな曲を披露してくれるんだろう。楽しみ。

と、コンサート自体は申し分のない内容。今現在で一番最近のツアーの記録だし(HMVによると、去年の「Fundamental」ツアーのライヴDVDが5月に出るらしい!)、これは月末のコンサートのいい予習になると思った。

…なんだけど、正直言って、映像作品としては僕はこれには及第点はあげられない。なにより、映像がうるさすぎる。ステージをまともに映した場面なんて、全部で数分程度しかないんじゃないだろうか(さっき、「と思われる」なんて書いたのはそのせい)。大抵、それぞれの曲のプロモーション・ビデオやその他の画像、なんだかよくわからない幾何学模様などが被せられていて、落ち着いて観ていられない。画面分割や画面の中央でシンメトリーになる効果(なんていうのかな?)もやたらと多く、途中でイライラしてしまったほどだ。わざとかどうか知らないが、複数使っているカメラのうち一台で撮った映像が明らかに解像度が低く、その角度に切り替わるたびに海賊盤ビデオを観ている気分にさせられる。後半のメンバー紹介の際にも、パーカッショニストを紹介している時にコーラスの男性を映すなど、よくわからない編集も見られる。いつもビジュアル面にもかなり気を使っている彼らが、どうしてこんなビデオにOKを出したのか、僕には理解できない。

さっき書いた隠しトラックも、音声は明らかにこのコンサートの時のものなのだが、映像はCGや幾何学模様ばかりでステージは一切映らない。きっと、この曲はコンサートで演奏されたのだが、映像に何かトラブルがあったから、隠しトラック扱いになったのではないかと想像する。

あと、これは珍しくDVDの機能を活かしたマルチアングルと記載されているのだが、1曲分を観ただけでは、その第二アングルは、第一アングルからステージの模様を除いたもの(つまり、関係ない画像や幾何学模様だけが入っている)という、かなり人を馬鹿にしたものだ(あまりに呆れて1曲しか見てないので、もし他の曲がきちんとしたマルチアングルになっていたらごめんなさい)。

うーん、なんだか文句の方が多くなってしまったな(悪口って楽しいよね 笑)。でもさっき書いたように、選曲も演奏も悪くないから、このときのツアーを楽しみたいという人には、これをBGVとして使うか、音声だけを取り出して聴くことをお勧めする。本当は観ていてすごく楽しい彼らのライヴを観てみたければ、まずこれ以外のDVD(再発された「Performance」以外は現在廃盤だが)を先に入手するのがいいと思うよ。

PopArtこのDVDと同時に3月14日に再発になるのが、03年に出たベスト盤CD「PopArt」。前にも書いたと思うけど、この2枚組(今回は3枚組の箱入り限定盤は出ないようだ)は、PSBの入門編として最適。シングル曲と各アルバムからの代表的な曲が網羅されているだけでなく、2枚のCDがそれぞれ「Pop」「Art」と名づけられており、1枚目にはその名の通りポップな曲、2枚目には少しマイナーかつ音楽的に凝った曲、という風に振り分けられている。そして、何より今回の再発で特筆すべきなのは、今までCCCDだった日本盤が、今回のは通常のCDで発売されるらしいということだ。東芝EMI、よくやった。実はこれだけCCCD嫌いと言い続けている僕だが、今手元にある3枚組はEU盤CCCDなんだよ(マレーシアにいた頃、新譜なのに1枚もの並みの値段で売ってたからつい買ってしまったんだ…)。これを機会に、この日本盤に買い換えようかな。いや、3枚目を手放すわけにいかないから、買い替えじゃなく買い増しだね(笑)

うーん、明後日がフォール・アウト・ボーイのコンサートだというのに、なんだか気持ちがペット・ショップ・ボーイズに移ってしまっている。困ったな(関係ないけど、この二組、なんだか似た名前だね。あと、このコンサートのことを知らなければ本当は今日記事を書こうと思っていたのが、バッドリー・ドローン・ボーイ。なんだか最近ボーイづいてるなあ 笑)
posted by . at 19:20| Comment(14) | TrackBack(0) | ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする