2007年01月11日

ただいまのご挨拶

しばらく放浪の旅に出ておりました。音沙汰がないことを心配してくださった方々もいらっしゃったのをコメント欄で知り、連絡もせずに留守にしたことを恥じ入ると共に、改めてこのブログ界隈の不思議な人間関係の存在を嬉しく思いました。ご心配をおかけしてすみませんでした。留守の間も覗きに来ていただいて、ありがとうございます。

さて、僕が南極へ行ったとの風評が流れているようですが、実際には南極よりも少し手前のペンギン村まで出かけてきました。某漫画の同名の村と同様、ペンギンはおりません。残念ながら、ニコチャン大王もスッパマンもいませんでした。僕のブログを古くからお読みの方ならご存知の、例の「居酒屋KAPPA」がある、あの村です。

今回は取り立てて旅行記を書くつもりはありません。日本の7倍と言われる紫外線をサンスクリーンなしで浴びまくった漆黒の顔面と、1年前に刺された痕もまだ消えていない、南西NZ特有のサンドフライ(カタカナで書くとなんだか美味しそうですね。砂浜に棲息する吸血バエのことなんですが…)に散々刺されまくった両足で、無事に帰宅したことをご連絡しようと思ったまでです。仕事のメールも目も眩まんばかりに溜まっているのですが、そちらは見て見ぬフリをしてこのご挨拶を優先しています(笑)

とはいえ、一応買ってきたものをリストアップしますね。出張・旅行後恒例の、聴いてもいないのに記事のネタのためだけに写真を載せる手抜き記事第○弾!(笑)


Guilt Show.jpg The Get Up Kids 「Guilt Show」

例によって、ペンギン村唯一のレコ屋の店頭にあるバタキ箱から拾ってきた(ここからいつもの口調に変更)。半年前に訪れたときは、トゥイーカー坊やを初めとしてあれほど音的にも絵的にも美味しいブツが満載だったのに、今回は殆ど見るものなし。これはいつも行くオークランドの店でも頻繁に中古で見かけるから、15ドル(約1200円)は特にお買い得感もなかったんだけど、収穫なしというのも寂しいから買ってきた。

これを今聴きながらこの記事を書いている。これは買って正解。僕はゲット・アップ・キッズのアルバムは一枚しか持っていなくて、実はそれはあんまり気に入っていなかったんだけど、これはいい。グリーン・デイやフォール・アウト・ボーイ系のスピード感溢れるポップ・パンク(ダサい呼び方なのはわかっててあえて書いてます)。こういうのはどれ聴いても同じなんだけど、それでも何枚も買ってしまう。まずいなあ、こいつらの他のアルバムも全部買ってしまいそう…


Mraz DVD.png Jason Mraz 「Live Tonight, Not Again」

本当に、今回は一枚の収穫だけで帰ろうとしたんだよ。でもね、帰り際に出口横の捨て値DVDコーナーに見覚えのあるジャケットが置いてあるのをふと見てしまったんだよ。こっち向けて置いとくなよな、もう。

なにしろ一旦自分の中で盛り上がると全て買い揃えるまで気が済まない性分なもので… こないだファーストアルバムもイーベイで落札したし、これでジェイソン・ムラーズのオフィシャルアイテム(CD、DVD)は全部手に入ったはず。20ドル(約1600円)はそんなに高くないよね。


Can DVD.jpg Can 「DVD」

今まで封印していたDVDコーナーに目をやってしまったのが運のつき。こんなの発見してしまったよ。前から欲しいと思ってたけど高くて手が出なかったカンの3枚組DVDセット。なんとこれも20ドル!これは嬉しい。ジャーマン・ミュージック・ファンの某常連コメンターさん(笑)にはこの価値をわかっていただけるだろうか。これだから田舎のレコ屋巡りはやめられない。それにしても、全3枚、収録時間6時間というこんな代物、いつ観るんだ?


という訳で、なんと今回はたったの3枚(笑)。まあ、枚数数えると5枚だし、総収録時間は9時間にもなるんだけどね。もういいよ、カンのやつは老後の楽しみに置いとくよ。では、これから皆さんのブログを巡回しに行ってきまーす。

posted by . at 21:45| Comment(18) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする