2006年12月31日

メリークリスマス!(笑) Daryl Hall & John Oates 「Home For Christmas」

どういうわけだか、先日から脳内でホール&オーツの「Private Eyes」がぐるぐる廻っている。まあ、それはそれで放っておいてもいいんだけれど、どうやらその曲を僕の頭の中で廻らせた張本人がこの文字だらけのブログに来るのを躊躇しているようなので、こうなったらそちらに無理やりトラックバックしてやろうという趣旨の記事を書く。今日はそんなに長い記事にするつもりはないから、気楽に読んでね、鈴木さん。

とはいえ、今さら「Private Eyes」なんて古い曲のことを書いてもしょうがないので、しばらく前に入手した彼らのニューアルバムについて書こうか。

Hall & Oates.jpg Daryl Hall John Oates 「Home For Christmas」

そう、12月2日の記事に書いたとおり、ホール&オーツ2年振りのニューアルバムは、彼ら初のクリスマスアルバム。というわけで、大晦日だというのにクリスマスアルバムのことを書くよ(笑)。まあ、世界で一番早い2007年のクリスマス特集と言ってもいいけど。

トラディショナルなクリスマスソングが5曲、ザ・バンドなど他のアーティストによるクリスマス関連の曲が4曲、それに加えてダリルとジョンが書き下ろした曲がそれぞれ1曲ずつ、計11曲(プラス日本盤はボーナストラック1曲)。ジョンのオリジナル曲は僕がyascdに入れた「No Child Should Ever Cry On Christmas」だ。その記事で僕が「いろんなアーティストに歌われてる」と書いた「The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)」も当然のように(笑)入ってる。

白眉は冒頭の「Overture / The First Noel」だろう。別に敬虔なキリスト教徒でもなんでもない僕だけど、これを聴くと本当に心が洗われるような気がする。まさにホール&オーツの本領発揮、ブルーアイドソウル流クリスマスソング。

その他の曲を聴いてみても、クリスマスをテーマにはしているものの、結局これは1枚の優れたブルーアイドソウルのアルバムにすぎないという結論に落ち着く。僕は決して彼らの熱心なファンでも何でもなく、80年代のMTV時代に一連のヒット曲を聴いていた程度にしか知らない。あ、あとは彼らが僕の大好きなトッド・ラングレンの影響を受けているということぐらいか(実際、「No Child Should Ever Cry On Christmas」なんて、トッドの曲かと思うような節回しだ)。だけど、このアルバムに収められている曲はどれも、あの80年代の数々の名曲と同じ味わいを持っている。それに、二人の歌声が当時から全く変わっていないことにも驚かされる。

もう今年のクリスマスは終わってしまったけれど、来年のクリスマスの頃に何かいいCDはないかなと思うことがあれば、是非このアルバムのことを思い出してほしい。一応上にアフィ貼っておいたけど、何も今定価で買わなくても、きっともうしばらくすれば安くなるから(笑)


さっき「80年代の数々の名曲」なんて書いたけど、もし興味があればこの彼らの全キャリアを網羅したベストアルバムを聴いてみてほしい。彼らが決してそんな一時期にぱっと咲いて消えたヒットメイカーじゃなかったことがわかるから。

H&A.jpg The Essential Daryl Hall & John Oates

この「Essential」シリーズは安くて選曲がいいってのが売りのはずなんだけど、なんだかまたアマゾンではえらく高いなあ。こんなアフィ無視していいから、どこかで安く見つけて買ってね。

まあとにかく、この2枚組CDの、ディスク1中盤からディスク2前半までは怒涛の80年代ヒット曲満載。「Private Eyes」も当然入ってる。さすがに80年代後半中盤から後半にかけての曲はちょっときついなあと思うけど(実際僕が彼らを聴かなくなったのもその頃)、ディスク2後半の90年代から最近までの曲を聴くと、やっぱり彼らって初期の頃から全然ぶれてないんだなあってことがよくわかる。本当に、いいグループだなあ。エヴァーグリーンってくいうのを言うんだよね。これからアルバムが出ることがあれば、ちゃんと買って聴いてあげることにしよう。

以上。鈴木さん、まだ読んでるかな。書き終えてみたらやっぱり長かったね。ごめんね(笑)


というわけで、このブログ始まってからこれがちょうど60回目の記事。7月1日に最初の記事を書いて、丸6ヶ月で一月平均10記事。ほぼ3日に1記事か。よくこれだけのペースで続けられたものだなあ。これもみな、沢山の皆様が(主に音楽とは無関係の・笑)コメントで励ましてくださったお陰です。ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします。では、よいお年をお迎えください。
posted by . at 04:38| Comment(15) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする