2006年11月11日

「安かってん自慢」返し

今日は別の記事を書こうと準備してたんだけど、先日の某ブログでの優越感たっぷりの大人買い記事(あくまでも小規模な大人買い・笑)を読んで悔しい思いを引きずっていた僕がちょっとした憂さ晴らしをできる出来事があったので、そのことを書こう。

毎週のように通っているレコ屋に、普段はスルーしているCDシングル叩き売りコーナーがある。スルーしてたのは、いつも限られた時間内で広い店内をくまなくチェックしないといけないので、外れの可能性の大きい旧譜CDシングルはどうしても後回しにせざるを得なかったから。でも今日は、たまたま別件で探していたCDシングルがあり、ふとその箱を覗いてみた(箱といっても幅5メートルはある結構な量)。そしたら、これが中々の掘り出し物の宝庫。しかも、1枚1ドル(約80円)均一! よし、これなら勝てる! シングル盤なのはちょっと弱いが、100円均一に勝てる機会はこれを置いてそうそう巡ってくるわけではないだろう。今日はここを掘ろう。

掘って来ました。指先をホコリで真っ黒にして。枚数はちょっと控えめに9枚だけ(それ以外に5枚買ったので、今日の合計は14枚。先週末と併せて32枚も買ってるなあ。馬鹿か…)。

簡単に、買ったものリスト。まずは憎き「安かってん自慢」ブログで取り上げられていたのを見て急に聴きたくなったシーホーセズを2枚。これ、アルバムはあちこちで叩き売られてるけど、シングル盤はあまり見かけないからね。まあ、だからといって特別に価値があるわけじゃないけど(笑)。カップリングのそれぞれ2曲はアルバム未収録。とはいっても、アルバム持ってないからあんまり意味ないんだけど。あ、でもなかなか格好いいね。
Love Is The Law.jpg Blinded By The Sun.jpg


続いて、yascd002に入れた、コットン・メイザーの99年と01年のシングル。こんなものがあるとは… これはちょっと個人的には今回一番の掘り出し物かも。この01年の「40 Watt Solution」なんて、ネット上で写真さえ見つからないよ。あ、この「Password」のカップリング曲はスタジオライヴか。メドレーで演ってるぞ。ギターのカッティングがいかすね。それになにより、このロバート・ハリスンの声。最高だね。
Password.jpg 40 Watt Solution.JPG


同じくyascd002に入れた、ジン・ブラッサムズの「Follow You Down」も見つけた。カップリング曲も含めてもう持ってるんだけど、この人たちのCD見つけたら応援したくてつい買ってしまうんだよ。まあ、1ドルしか払ってないんだけど。
Follow You Down.jpg


ジェイソン・フォークナーのEPも見つけた。これは5曲も入ってるぞ。1曲あたり16円か。うん、これは安い(笑)。あ、安いだけじゃないぞ。曲もかなりいい。これは買って正解。なんだかジャケはダサいけど。
Jason.jpg


アズテック・カメラの「Sun」があった。これはカップリング3曲のライヴ、それも名曲「We Could Send Letters」を目当てに買ったんだよ。へえ、7分も演ってるよ。おお、ギター弾きまくり。かっこいい!
Sun.jpg


中身の音源は持ってるんだけど、貴重なプロモ盤を見つけたので買ったのがエルヴィス・コステロとスティーヴ・ナイーヴのライヴ盤。これオリジナルの箱入り5枚組は持ってるけど、このジャケのは見たことなかった。僕の買ったシカゴでのライヴ盤はネットで写真見つけられなかったから、たまたま見つけたこのニューヨークのを載せとくね。これは紫だけど、シカゴのは黄色ジャケ。あ、でもベタベタ値札貼ってあるから、ジャケが結構ぼろくなってるなあ。うーん、ちょっと残念。
Costello Nieve.jpg


最後に1枚。ユマジェッツのシングルなんてのを見つけた。さわやかギターポップ。このジャケはどうでもいいんだけど、本当はアルバムを見つけて買いたいんだよなあ。マナティー好きの僕の魂を揺さぶる素晴らしいジャケ。あっという間に廃盤になったこれを買っておかなかったのは、痛恨の極みだった。このブログは、僕が持ってないCDやレコードのジャケットの写真は載せないルールなんだけど、これだけは特例で載せてしまおう。近いうちに探し出して買うという意思表示として。
When I Wake Up.jpg Umajets.jpg ←これこれ


以上9枚。もう少し時間に余裕があれば、名前は知らないけどジャケ買いしたいと思えるやつも何枚かあったんだけどな。まあいいや、またどうせ来週も行くから。

でも、安かってん自慢返しなんて言っても、どうせあのかえでさんのことだから「シングル盤なんて反則。呪いますよ」とか言うんだろうな…
posted by . at 23:08| Comment(8) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする